blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

musique pour la première fois et la dernière fois

12316251_10207789546882819_5511274464849257286_n.jpg


    Soyez opérationnel !
    Je suis très reconnaissante de toutes les activités musicales pendant ces trois mois.
    C'est, j'en suis très sûre, la première fois que j'arrivais à travailler vraiment régulièrement le cor après 2009.
    Si l'on fait quelque chose, on ne fait pas quelque chose que l'on faisait avant, donc c'est logique que ces 6 ans mon but prioritaire était le mémoire et la thèse, pour la suite également ce sera pareil. En tout cas, ou, c'est pourquoi je suis actuellement très reconnaissante de ma vie, de mon temps et de toute condition environnementale qui me permettent de consacrer mon esprit à la musique…

    スポンサーサイト
    Category : musique
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    musique environnementale


      parc cor mai 2015 1

      ホルン、再開しました。

      parc cor mai 2015 4

      季節がよくなったからです。
      あったかくなってお外で吹けるようになったからです。
      演奏会が近いからです。
      公演がとっても近くだからです。
      どんどん下手ピーになるのも残念だからです。。。

      parc cor mai 2015 2

      子どもがたくさん。
      ジョギングマンがたくさん。
      お散歩のご老人もたくさん。
      カモもおったよ。

      parc miki canard 1

      カモとわたし。

      parc miki canard 2

      6月21日にFête de la musiqueで頼まれごとをひとつしていて
      まだまったく何をどうしようか決めてもいないのに
      オッケー!って言ったのだが
      だれかムードンで演奏したい人はいませんか〜〜〜

      parc cor mai 2015 3

      Category : musique
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      ブル9

      ブルックナーのシンフォニーはなかなか演奏機会がなくて
      ブルックナーを吹くためのパワーも十分にあると思えず
      そういえば演奏会でもそんなに頻繁には聴いたことなく
      たまたま9番は近年演奏させていただいたことがあって
      譜面もよく覚えていたのですが(セカンド吹きました)
      セカンドだったのでホルンしか吹いてないのですが私は
      ワグナーチューバとはやはり難しそうな楽器ですな。
      と 思ってしまう。しっかり練習したことってないのです
      残念ながら でも素敵な楽器ですね。そう思いました。

      9人のホルンの音圧が6階のバルコニーまでムキムキで
      カザレ氏の音色は超ピアノでも響き渡って。すごし。


        philharmonie 031101

        philharmonie 031102

        philharmonie 031103

        Category : musique
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        ホルン吹きはやっぱりオーケストラ楽しい。

        2014年最後の出演コンサート。
        ラフマニノフのピアコン3番はこれまで機会がなくて。
        イメトレの結果一カ所おちたけど他は吹いたどん。
        おちたらあかんやん。イメトレの限界やわ。

        そんなふうで、ちっとも練習しないわたしが
        どうにか楽器を続けられてオーケストラで吹けるのは
        ありがたい。ありがたやありがたや。

        ホルン吹きはオーケストラ楽しいから、
        やっぱりオケホルンでシンフォニーとかコンチェルト
        吹きたいですよ、楽しいから。

        本年度末のコンサートは、
        ソルボンヌ大学のアンフィテアートルで。


          2014121305.jpg
          2014121304.jpg
          2014121307.jpg
          2014121308.jpg
          2014121328.jpg

          Category : musique
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          リハビリ日記

          ホルンを吹き始めました。
          確信的にやめてたとかではないのですが、
          6月頭の演奏会以降、練習がなくって、
          なんと気がついたらケースから楽器を出さないこと
          恐ろしく長い間。せっかく調整したのに。

          あれ?三ヶ月経ってる?
          と気がついて、リハビリ始めました。
          ひとりで吹くのもピアノ弾くのもひとつのやり方だけど
          やっぱりオーケストラとかアンサンブルとか
          どんなことがあっても面白いです。

          とりあえずリハビリテーション3日目。

          horn05sep.jpg
          horn 06sep
          reduit_photo07092014.jpg

          Category : musique
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          Le dernier concert, Invalide 年度最後のコンサート


            bgdm_Concert_201406_01.jpg

            今年度最後のコンサートは、6月5日でした。
            アンヴァリッドでの演奏会。
            プログラムは、こちらでした。

            bgdm_10371636_10203702600911724_5910543335125033319_n.jpg


            京都にいた頃、楽器をたくさん練習したことなど懐かしく思います。
            シンフォニーなど色々な曲を吹いておいて良かったな。
            とはいえ、吹いたことのない曲ばかりだけど。
            歯が悪かったり不都合もすこしあるのですが、
            それでもまだホルンは良い曲をオーケストラで吹くことができたらと思います。
            コンサートでというよりはもう少しだけ日常的に吹けたらという願いかな。

            bgdm_Concert_201406_02.jpg

            音楽だけに限ったことではないけど、
            それでも確かに音楽はひとりではやらないものかもしれません。
            グレングールドみたいなひともいるけど。
            オーケストラホルンはひとりではやらないので。

            bgdm_Concert_201406_03.jpg

            フランスに来てめっきり楽器を吹かなくなったけど、
            どれほどこれまで手を引いてもらって続けていたということだろうか。
            環境の効果は環境が変わるときまで知るのが難しい。

            bgdm_Concert_201406_05.jpg

            この間実家でピアノを弾いて、ピアノは長生きやなと思ったりしました。
            私は3歳のときにピアノを習い始めて、
            ピアノが実家に設置されたのが正確に何年のことだったのか覚えていないのですが
            いずれにせよ、とにかく鍵盤を叩けば音が鳴るのです。
            当たり前のことなんだけど当たり前でないというか、
            たぶん20年後も、30年後も、音が鳴る。
            ホルンのロータリーは確実に動かなくなるだろうな。

            bgdm_Concert_201406_06.jpg

            ときどきブラームスとか吹きたいです。
            それから木管五重奏のピアニッシモでパラパラしたのとか吹きたい。
            細かいことどうでもええなあと思いながらそれでも合わせる努力とかするのもいい。

            bgdm_Concert_201406_08.jpg

            またいつかシンフォニーとか、
            まだ吹いたことのないシンフォニーやコンチェルトを
            吹きたいな。

            bgdm_Concert_201406_09.jpg

            Category : musique
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            flute de Bruges ブリュージュの笛

            ベルギーの古い都市であるブリュージュは、
            ゲントが産業都市として台頭して行くのを横目に見ながら、
            伝統的な生活や文化を守りながら、
            静かに自らを囲む城壁の中に取り残されていった、
            現在ではコマーシャルな観光業界が目を光らせ、
            超ロマンチックで美しい街!と謳うところの
            超超観光都市なのである。

            北のヴェネチアと呼ばれるブリュージュは、
            たしかに水路だらけで車で街中をすいすい動くことは不可能。
            一度見つけた駐車スペースは人に絶対に譲りたくない、
            静かで緑と水が豊かなこの有名な街を
            私は数時間でつっぱしった。
            だから私はこの町がどんなロマンチックかどんなアムールの街か
            知らん。ビールがたくさんあることは分かった。


              carte bruges

              蚤の市のおばあちゃんとお喋りして、
              この道はあそこよ、とか、このカフェは街でいっちばん古いのよとか
              教えてくれた。カードを二枚買った。

              bgdm_DSC05164.jpg

              どこかに住んでいる神様に、
              大好きな人たちがいまこのときもどこかで嬉しく生きているように
              お祈り。

              とつぜんですがわたし、
              けっこうリコーダーが上手です。
              自分でいうとは生意気だけど、けっこうリコーダーとは相性がいいというか。
              この日蚤の市に、ひじょうに素敵なリコーダーが出ていたのです。
              リコーダーはつやっとした様子ですましており、
              吹いてもいいわよとおっしゃいました。

              bgdm_DSC05531.jpg

              音色ははっきりとやわらかく、
              木の厚みのなかを響いて音が鳴り、
              私は気に入りました。
              調子に乗って、観光船をプカプカする人々に笛吹き。

              bgdm_DSC05532.jpg

              ブリュージュ悔い無し!

              End

              Category : musique
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              演奏会 ロシアプログラムー!

              1932131_10202943343170755_992765767_n.jpg



                演奏会に出ますー。
                ロシアプログラムですー。
                聞きにきてね!

                gat_photo 5

                こちら先日の集中練習のようすー。
                パリ第9大学Dauphineでの練習。
                ピアニストとの合わせ、などなど。

                gat_photo 4

                カラフルな大講義室でおもしろい。
                オーケストラの練習のおかげで他大学に行くのも面白い。
                今週からホルン練習します。(と宣言)

                gat_photo 3

                Category : musique
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                最近の音楽3

                今年最後のコンサートが終わりましたー。
                先生と吹いたモーツアルト40番は楽しかったです。
                やっぱり40番のセカンドは楽しい。
                二日連続の公演で一日目は教会で二日目はテレトンのコンサート。
                なんとパリ市庁舎Hotel de Villeでの演奏。
                やばい場所です。入場するのにホルンもマシンの中を通って
                セキュリティチェック。そりゃあチェックするよ。

                12月になって、人々の動きがすごい。
                道路の混みようがやばい。
                毎日数キロを移動するためにデモ行進やらマニフェストやら
                渋滞にハマって左足がつりそうです。いや、つりました。
                一日目のコンサートの日なんて、普段なら30分で着く距離を
                余裕を持って2時間半も前に出発したというのに
                というのに。
                口が裂けても言えない事態となり
                しょっくでした。
                演奏はわりと上手に出来たんですよ。。。


                  re_IMG_4902.jpg

                  さて、ということでこんな場所です。
                  あああ。ホルンよりお部屋のほうが輝いてるよ。。。

                  re_IMG_4905.jpg

                  あああ。天井がまぶしいよ。目が、目がああ。

                  re_IMG_4906.jpg

                  空に天使がいっぱいだよ。
                  私たちを見守ってるよ。。。

                  re_IMG_4907.jpg

                  ヘンデル様にもヴィヴァルディ様にも
                  ホルンとフルートはないので
                  こうやって写真なんて撮っちゃえるよ。

                  re_IMG_4909.jpg

                  こうして2013年の最後の演奏会はめでたく終了いたしました。
                  明日は最後の練習、そして明後日ホルン一日入院。
                  つやつやになって帰ってくる予定です!フフ。

                  Category : musique
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  最近の音楽1


                    最近の音楽ー11月25日 スペイン音楽の夕べ。
                    PSLオーケストラの演奏会の練習風景。
                    以前まで練習していたCité Universitaireのほうの学校が
                    立て替えになったのでEole de Chimieで練習してます。
                    なんと、図書館の中で。
                    図書館の中でオーケストラ練習できるなんてちょっとすごい。
                    降り番の暇人撮影。

                    re_IMG_4827.jpg

                    re_IMG_4829.jpg

                    re_IMG_4831.jpg

                    本番は、コンセルヴァトワール。
                    昔の劇場的な可愛らしい客席です。
                    カルメンとか吹きましたよ。
                    カルメンのホルンは全曲やれば全調移調読みできるのです。
                    今回は抜粋で。もちろん。

                    re_IMG_4858.jpg

                    そういえば、ホルン様、
                    来週の火曜日に入院します。
                    全身メンテナンス。わたしもしたいよ…。
                    ホルンはええのう。

                    re_IMG_4862.jpg

                    Category : musique
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    Poulenc Sextuor !


                      Poulencの六重奏をやっている。
                      こちらで所属しているオーケストラのメンバーと一緒に。
                      室内楽、木管アンサンブルは昔から好きである。
                      聴くのも吹くのも好きである。
                      聴くのはよくとも吹くのもマアマアなのは金管アンサンブルだ。
                      こんなことを書いたらきっと誰も金管アンサンブルに誘ってくれなくなる。
                      とはいえ今更公言しなくてもバレバレだったにちがいない。
                      金管アンサンブルは素晴らしい。
                      なによりカッコいいし男気を感じる。
                      そもそも同じ金管楽器でそんなに色彩に奥行きが出せることがすごい。
                      つまり、それが非常に難しいので(そしてそれこそ醍醐味なので)
                      金管アンサンブルは敷居が高いのである。

                      室内楽をやる機会もなかなか無かったので
                      大好きなプーランクの六重奏を吹くのは楽しい。
                      問題が幾つかある。
                      楽譜通り吹けないパッセージの存在である。
                      技術が足りないという根本的な問題。
                      在るべき音が鳴らないのは最大の罪である。

                      毎日欠かさず楽器を吹いていた10代の頃に比べて
                      楽器を吹く時間は雀の涙ほどである。
                      こういうとき、雀の涙でなく猫の額ほどであるといったら
                      イメージが異化されて素敵かなあと妄想するが
                      実際には例えようもないほど僅かであることを言いたいので
                      雀の涙のほうがよかろう。

                      表現は変わる。
                      以前よく分からなかったことが突然わかったりする。
                      こんな風に吹かなかったなという吹き方が
                      あるとき突然できるようになって、
                      それはけっこう面白い効果を持っていたりする。
                      楽器は毎日吹かなあかんし
                      ピアノも弾かなどんどんヘタピーになるし
                      お稽古ごとはたいへんじゃなと思うけれど
                      勝手に口が動くと思ってるおしゃべりですら
                      もし何ヶ月も誰にも会わなかったらできなくなるだろうし
                      指が勝手に動くのよと思っている散文書きですら
                      もし何年もブラックホールの中におっこちていたら
                      書けなくなるに違いない。

                      つまりはいま、
                      全部音が並ぼうが並ぶまいが
                      一生懸命練習しようとしているお友達とプーランクを吹くのは
                      たのしい。

                      resize_DSC01780.jpg

                      Category : musique
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                      concert du jour de l'anniversaire

                      5289.jpg



                        メッセージをくださった皆様ありがとうございました。
                        泣いたり怒ったり、書いたり作ったり、喜んだりよろこばれたり、
                        運転したり、メトロに乗ったり、走ったり、お酒を飲んだり、
                        元気に過ごしています。つまりは、だいじょうぶです。

                        次の秋で、この場所にきてまる4年になります。

                        相変わらず毎日文句ばっかり理解不能なことばっかり。
                        ただしそれはどこにいても同じであることなのだろう。
                        音楽のしかたも運転のしかたも歩き方も話し方も、ちがう。
                        たしかにちがうけれど、そんなもの、誰ひとりとして
                        もともと全然違うようなことではないか。

                        この日は演奏会があって、ナポレオン様のアンヴァリッドの
                        ギラギラのカテドラルで、信じられないほど寒いなかゲネをして、
                        持っていったノースリーブのドレスは寒過ぎてそれだけでは着られず
                        露出しまくるギャルズを微笑ましく見守りつつ楽器の音程は下がりまくり。

                        アンヴァリッドの正面入り口から、個人車でスルーするなんで
                        ちょっとザまあ見ろってかんじです。

                        5281.jpg

                        5282.jpg

                        5283.jpg

                        5285.jpg

                        5286.jpg

                        5280.jpg

                        演奏会後の景色。

                        5287.jpg

                        演奏会後の景色2。

                        5288.jpg

                        Category : musique
                        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                        la tournée en Europe de l'Est/ 演奏旅行

                        来週からソルボンヌオケの皆々様と、東欧に演奏旅行にいく。
                        演奏旅行って京大オーケストラに所属していた際に、
                        一回生のとき→北海道大学とジョイント、北海道と青森
                        二回生のとき→金沢大学とジョイント、中部地方
                        三回生のとき→岡山大学とジョイント、中国•四国地方
                        フェリーに揺られながら、なんて北海道は遠いんだと嘆き、船酔いして到着し、
                        新幹線にのって子どもよりはしゃぎまくり、
                        3回目にしてようやくちょっと慣れてきたというあれである。
                        集団行動がなぜかできないために、色々と人に迷惑をかけた、あれである。
                        そして後になって3回しか参加しなかったことを密かに後悔していた、あれである。



                          なにはともあれ、
                          この期に及んで演奏旅行をする機会を得るなんて、やや驚きだ。


                          っというわけで、
                          チェコ共和国のPribram、
                          オシャレテーマパーク的なプラハ、
                          音楽の都ウイーン
                          スロバキアの首都Bratislava
                          の4都市でなぜかのパリアメやプーランクのグロリアなど
                          あ、もちろんしっかりフランスもののラヴェルさんなど
                          を皆さんと演奏してくる。


                          プランニングがようやく送られてきて見てみると、
                          さすがフランス!自由時間多し。というか基本的に自由らしい。
                          ものすごく野放しそうな演奏旅行ですが、よい写真をたくさん撮れたらいいなと思います。


                          なんと、バス旅行なんですよ。
                          どうか安全旅行でありますよう応援よろしくお願いします。


                          ポスターはこんなかんじ!

                          postersorbonne25 のコピー
                          postersorbonne27.jpg

                          Category : musique
                          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                          Concert Ensemble de Cors à Rungis

                          CONCERT Ensemble de cors
                          mercredi 11 avril 2012
                          Grange Sainte-Geneviève à Rungis



                            dernier mercredi 11 avril,
                            il y a eu un concert de l'ensemble de cors,
                            avec le programme super sympa



                            Finlandia (Sibelius)
                            Marche funèbre de Siegfried (Wagner)
                            Jupiter (Holst)
                            Titanic (James Horner)
                            Bohemian rhapsody (Freddie Mercury - Queen)
                            Tico-tico (Zequinha Abreu)

                            041101.jpg

                            041102.jpg

                            041103.jpg

                            041104.jpg

                            Category : musique
                            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                            concert rush



                              演奏会がラッシュである。


                              3月18日、京都コンサートホールで行われたブルックナー交響曲第7番の演奏会に出演させていただいた。
                              20日にフランスに戻ってきた。(戻ってきた? 着いた。か。)
                              22日、翌日の演奏会ドボ8のためのゲネ。
                              23日、したがってドボ8の本番。St.Marcel 教会にて。
                              24日、Conservatoire de Vanveで金管の演奏会のゲネ、本番。
                              25日、来月上旬のホルンアンサンブル演奏会の練習。ホッ、やっと練習かよ。
                              26日、コンセルヴァトワールでレッスン。ソルボンヌオーケストラのゲネ。
                              27日、ソルボンヌオーケストラのガーシュインプログラムの本番。パリ6区mairieにて。


                              眠い。眠い。眠い。
                              そんな中昨日のドボ8の3楽章などは最高でした。
                              切ない眠り。


                              さてさて、そして今日24日は、子供たちの奇跡の金管アンサンブル!
                              13歳になってからホルンを始めた私としては、
                              こんなちっちゃい子供が頑張ってフーフー楽器に息を吹き込んでる姿に驚きと感動。
                              シングルホルンならダブルより重くないとはいえ、
                              そこそこしんどいと思うのだけれども頑張ってました。


                              cuivre1.jpg


                              音出しをして、Mairieに移動して、
                              ゲネ待ち。


                              cuivre2.jpg


                              素敵なお部屋で親御さんがたくさん来るファミリーな感じの演奏会。
                              週末の午後って感じですね。


                              cuivre3.jpg


                              楽器初めて一年や二年のこどもも大勢。
                              いくら破滅的であろうとも、
                              いくら崩壊しそうであろうとも、
                              半端ないキャパシティで子供たちを導く教授陣のすごさに感動。
                              教えて育てて楽しむということは、
                              音楽にかかわらずですが、とってもとっても大事なのです。


                              cuivre4.jpg


                              頑張った子供たちには良いことがなければなりません。
                              親御さんによるケーキの持ち寄り。
                              なんと手作りケーキの試食投票大会が行われていました。
                              さすがグルメの国ですね。チョコケーキが多かったです。


                              cuivre5.jpg


                              ちょっと癒されたけれどもやはり疲れて帰宅後二時間放心しました。
                              がんばって上手になってね。

                              Category : musique
                              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                              このカテゴリーに該当する記事はありません。
                              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。