blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

un verre de champagne

un verre de champagne

on était chez Coupole pour le dîner de Rotary,
également pour la vernissage de l'exposition des artistes européens

un verre de champagne

moi personnellement j'aime pas trop d'apéritif qui dure longtemps,

mais je m'amuse de prendre les photos magnifiques autant que possible.

je ne suis pas vraiment amoureuse et maniaque du vin ni de champagne.
mais bon, comme c'est joli, je le prends.
quand je me sens quelque chose, je suis incapable de ne pas prendre les photos...

unverredechampagne.jpg


スポンサーサイト
Category : photo
Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

visite au Gaité Lyrique

au 1e janvier, il faisait toujours froid,
j'ai eu une superbe chance pour visiter au Gaité Lyrique
pour son inauguration après les travaux des années, grâce à mon prof.

gaitélyrique1

En effet, comme moi je travaille dans le domaine de l'art média, des nouveaux médias,
cet occasion m'a apporté une grande opportunité
pour savoir et connaître un endroit le plus récent, le plus innovant, peut-être!

Il y avait plusieurs salles magnifiques, la petite salle au moins 1e étage, la grande salle au 4e étage.
le coins pour jouer les jeux de vidéo, la bibliothèque, et la salle chic restaurée en gardant le style ancienne de théâtre.
Une performance par les danseurs des élèves est intitulée "I COULD NEVER BE A DANSER", les danseurs ne bougent pas comme le titre dit, puis chaque danseur descend au premier étage pour avoir des petite conversations en tant qu'interview étrange avec les spectateurs.

gaitélyrique

Tous les installations, les danseurs, l'ambiance fonctionnent
pour moi
tout-à-fait comme un film, un espace mis en scène,
Nous attendions longtemps pour un verre de champagne qui attendait évidemment moins de public.
Heureusement, on l'a eu.
enfin,
gait?lyrique3


voilà, c'était joli!
avec tellement de chaleur de foule, mais j'étais tellement contente d'avoir eu cet occasion.
je souhaite qu'il marche très bien et je m'exprime du fond de coeur tous mes sentiments pour féliciter ceux qui ont travaillé pour ce projet, spécialement fortement à mon prof!

Category : visite
Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

Evaと一年ぶりくらいに再会する

ものすごく晴れていて、眠い。
今日の朝はここ10日間で一番、起きなきゃいけないことがいまいましかった。
春が近いのだと思う。

今日は午前中オペラ周辺で一つだけアール•デコの講義に出て、インターバルが一時間半くらいあって、
5年くらい前からたまに会っては積もり積もった話をする仲のエヴァ、というフランス語の先生に会う約束。
わたしも彼女もそれぞれの活動が忙しくて、ときどき集中的にコンタクトをとることに成功したり、そのまま何ヶ月も音沙汰しなかったり。
とりわけ今回は、前回会ったのが今日みたいな春の日差しの気持ちのいい日で、彼女の家に招かれて食事をしたという、なんとも一年ってはやいなあと、月並みな時間への感慨。

彼女はわたしが、自分でフランス語を運用して色々なことがまだ自由にできないときから、わたしの間違いだらけの原稿を直したり、言葉が通じない日々に落ち込んでいるときに励ましてくれたり、ましてやフランスに居ない間ですら、コンタクトを維持してくれた、たぶん一番付き合いの長いフランス人である。

彼女との約束は、外食ならほぼきまってSolanaという、キッシュやタルト、サラダのすばらしいレストランだ。
わたしは80%の頻度でシェーブルチーズのサラダを食べる。
肉が食べられないからだ。鶏肉も、ハムも、だめなわたしの選択肢はほぼ1つか2つにしぼられる。

saladeSolana


彼女は昨年会ったときより元気そうに見えて、というのもその頃彼女は腕を骨折し、自宅で休養していたせいかもしれないけれど、あいかわらず、よい意味で古風で厳しい自分のものの見方を基礎に議論を繰り広げる。
今日はソーシャルネットワークやインターネットを利用したビジネスは自分のスタイルじゃない、という主張だった。
その一方で、ついこのあいだようやく歴史物のケータイ電話をiPhoneに変えたのだと見せてくれる彼女はとてもかわいらしくて、わたしは住所録の検索の仕方などを教えてあげた。

夏に彼女のお母さんがなくなったこと、初孫の女の子がすでに8ヶ月になったということ、今度息子夫婦といっしょにピクニックに行こうということ。
彼女は尽きない話を語り、一つ語るごとにきちんとわたしの暮らしぶりがどうか、きいてくれる。

彼女はふと、「わたし、こないだあったときより疲れてそうに見える?」とわたしに訊ねた。

正直、さすがに骨折休養中の一年前よりはずっと元気に活動してるように思えたし、思ったままに元気そうだと言ったけれど、彼女は「えー。そう」と意外そうだった。

帰り道なんとなくそのセリフが耳に残って、
やっぱり彼女はいろんなこと、ちょっと疲れてたのかなあとも思う。
60歳をすぎても、夫が他界しているし働き続けている彼女は、
強いしいつもバイタリティにあふれて見えるけど、

いずれにしても、次はもっと早く、彼女の孫娘ちゃんや彼女の猫にも会いたいし、
やくそくをしようとおもう。

Category : 再会
Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。