blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

là où je suis




    夜景2ブログ

    Une forme parfaite
    une equivalence impeccable
    des choses toutes nouvelles
    des lignes toutes droites


    Les gens qui sont comme des mannequins
    les personnes qui marchent comme un robot
    les bruits qui traversent sur notre corps
    les sentiments anonymes qui se situent de loin de soi-même


    La ville est bruyante, froide, et caos.
    le neuf, le vieux, la belle, le sale, le propre sont tous mélangés.
    on se pard car elle est intouchable.
    on se trouble puisqu'elle est absolue.


    Personnellement, je préfère l'observer de loin
    cette paysage magnifique.
    c'est comme un objet, comme une maquette,
    qui ne dérange pas mon esprit, ni me fait pas peur.


    夜景ブログ

    遠くから眺める「都会」は
    オブジェとか、プラモデルみたいに
    美しい一つの風景であるけれど
    近づくとそれは、
    乱れなくで完全なフォルムやバランス、
    マネキンみたいで、なぜか早足で歩く人々、
    目をつぶっても聞こえてくる騒音であったりするので、
    「都会」はたぶん、
    こうやって鑑賞するものなのかもしれない。

    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    いるばしょ





      シャンゼリゼ3ブログ

      春のはじまりの頃も、
      冬のはじまりの頃も、
      心から気持ちいいと思えるような晴れの日がある。

      私は札幌で育ったので
      つゆとか、じめじめする蒸し暑さとか
      雪の明るさのないアスファルト色の冬とか
      7年暮らした京都の気候になじめなかった


      シャンゼリゼ2ブログ

      太陽の光が少しでも多く
      傾いて届けられることはとても重要で、
      白くかすんだ朝陽を見ると単純に懐かしいなと思う。

      いつもどこかにかならず自分の生活があって
      その「どこか」には意味があるようなないような
      あったらいいなと願うような瞬間があって


      シャンゼリゼブログ

      いろいろな生活を頭の中に思い浮かべてみるけれど
      どれもこれもなんだか現実感がうすいようなときには
      考えるのをいまはあきらめて
      いちばん近くにいるひとの話す声を聞き取ろうとしよう、と思う。

      Category : 未分類
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
      該当の記事は見つかりませんでした。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。