blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

かわる性質とかわらない性質

一年くらい前に
フォトジェニックな写真について
文章を書いたり考えたりしていたときに
つくった真っ白なイメージです。

色合いくらいしかいじっていないけど
知らない人みたいに思える視点がわからない写真。

いま自分がPC内に整理したりディスクに蓄えたりして
残しているデータは「蓄えて」いるのだから
増えるばかりである。
これから作ったり加えられていくイメージデータは
おそらく莫大な量になって
世界の人たちもそれぞれがたくさんのデータを持っていて

自分の身体よりも多分ずっと丈夫で朽ちないメディアは
私とかだれかのイメージをのせたまま
私がいなくなった後もずっと残ってゆき
たとえばインターネット上にのこる私のイメージなども
消えないでひょっとしてずっとずっと在るのかもしれない。

現代を生きる人はそういった点で
匂いも肌触りも伴わないけれど
そこに存在していたということが
イメージによって確かであり、
そのことは、不確かすぎる生の不安からときどき人を救う。


    mikired.jpg

    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    FUTUR en SEINE

    FUTUR EN SEINE

    du 17 au 26 juin

    Le Future en Seine qui donne les expositions et les conférences du domaine nouveau,"Arts Numériques"
    concernant sur 5 thème

    : le Futur de la vie/
    le Futur de la Musique et de l'Image/
    le Futur de la Création/ 
    le futur des Communications/
    le Futur de la Ville


    il a lieu à plusieurs endroits de Paris.

    Info
    : http://www.futur-en-seine.fr
    Twitter
    :#FENS



      future1.jpg


      future2.jpg


      future3.jpg


      future4.jpg

      Ensad
      http://www.ensad.fr/spip.php?article590
      Digitalarti
      http://www.digitalarti.com/fr/blog/futur_en_seine

      Category : exposition
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      robe



        セールの季節になったようです。
        女の子コミュニティーでは
        ソルド/soldeという言葉が頻繁にきかれ
        とにかく士気が高まっている、ように見える。

        日本に居たときもバーゲンに行ったのは
        お正月明けのときくらいだった気がする。
        中学生のとき、札幌に住んでいたとき。
        こっちではサイズがでかいとか足が長過ぎるとか
        要するに面倒くさいからほとんどショッピングをしません。

        mikirobe4.jpg

        あまりにいつもお誘いを断る為か
        いいものあるから出かけなさいよって忠告なのか
        この間の私の誕生日にとKOOKAÏのミニドレスを
        プレゼントしてくれました。

        mikirobe2.jpg

        人が買ってくれる洋服は、すごい良いか全然だめかしかない。
        昔少し一緒に居た人が独断で選んでくる服は100%だめな服でした。
        というか基本的に、こういうのもありじゃん、と
        新しいテイストを受け入れるということが
        かなり若いときからできないのです。

        mikirobe1.jpg

        友達がくれたこのドレスはとても良かった。
        こういう服は生活の中でそんなに頻繁に着るチャンスがない。
        一生に何回着られるんだろうと考えると非常に残念で
        毎晩遊びにでかけてやろうか、と思ったりするが、
        そんなパワーも意味もないので、
        じゃあ、たまに着ようと楽しみにすることができる。

        Category : friends
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
        該当の記事は見つかりませんでした。
        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。