blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

meilleurs voeux/ よいお年を

    2011年がもうすぐ終わろうとしています。今年一年間大変お世話になりました。
    いつもたくさんの方々に支えられて
    今年もどうにか無事大晦日を迎えることができました。

    遠くにいても連絡をとりつづけてくれる友人
    オーケストラで一緒に音楽をする仲間
    研究関係で日々刺激を与えてくれる方々
    フランスでうまく過ごせないとき助けてくれる人たち
    いつも自分をポジティブでいさせてくれるすべての人達
    愚痴っても弱音を言っても受け止めてくれる家族

    大切な人がたくさんいて
    やりたいことがたくさんあって
    一年があっという間に過ぎてゆくようで
    人生の時間は永遠に続くわけではないのですが

    来る2012年も皆様にとってよい一年となり
    楽しくて充実した大切な時間となりますようにお祈りし
    ご挨拶と代えさせていただきます。

    本年は大変お世話になりました。
    来年もどうぞ宜しくお願い致します。

    miki2805.jpg

    l'année 2011 fini bientôt.
    je vous remercie de tout pour cette année.
    beaucoup de gens m'ont aidé et m'on encouragé.
    grâce à cela, je peux passer une bonne année 2011.

    les amis qui sont loin du lieu actuel gardent contact avec moi, toujours.
    les amis musiciens en orchestre partagent le temps impressionnant.
    les camarades et les enseignants donnent des conseils importants.
    les gens qui m'aident quand j'ai du mal à être à l'étranger.
    les gens m'encouragent pour que je puisse être positive toute ma vie.
    ma famille qui m'écoute et pense à moi quoi que je leur raconte quoi que je fasse.

    beaucoup de gens qui sont importants
    beaucoup d'activités que je voudrais faire
    l'année passe incroyablement vite.
    la vie n'est jamais éternelle.

    En tout cas, je vous souhaite la bonne année 2012 qui vient
    avec beaucoup de joie, beaucoup d'heureux.

    je vous remercie encore une fois pour cette année 2011.
    je vous souhaite mes meilleurs voeux

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    citron/ 檸檬 livré!

      citronlivre.jpg

      日本の郵便局の配達サービスはレベルが高すぎる。
      郵便局に限らず商品の配達全般においてレベルが高すぎる。
      そんなこんなでこちらではほぼ100%文句を言っている。
      ときには名誉毀損レベルに非難しまくっている。
      ただし私が泣いてクレームしたところで社会も文化も変わらない。

      そんなわけで時間の短縮と思ってネット購入した『檸檬』(Citron)は
      翌日には届く大手通販のイメージを覆して3週間ちかくかけてのんびりやってきた。
      その間本屋で買う機会は幾度となくあったことを考えると情けなくなる。

      はるばるやってきた『檸檬』を口実にこの期に及んで文句を言う元気は既にない。
      ただただやっと読める悦びだけである。


      Une masse indéfinissable et de mauvais augure
      me comprimait sans cesse le coeur.
      Etait-ce de l'irritation ou du dégoût?
      C'était comme la nausée d'un lendemain d'ivresse,
      qui dure quand on boit du saké tous les jours.
      J'en était là.
      Ce n'était pas brillant.


      えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧
      えつけていた。
      焦躁と言おうか、嫌悪と言おうか
      ――酒を飲んだあとに宿酔があるように、
      酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。
      それが来たのだ。
      これはちょっといけなかった。



      この小説を知ってから、レモンという果物が
      特別はっきりとした黄色に見えてきたのを覚えている。
      丸善の棚から引き出したすばらしい画集などを
      高く積み上げていってその一番上に配置されてすら
      そこにある雑多なすべての本と気詰まりな丸善の空気とを
      静かにそして絶対的に収斂させてしまうほどの
      はっきりとした紡錘形のイエロウだ。

      この小説に登場するひとつのレモンは
      私にとって永遠に特別のレモンであって
      小説にしか存在しない作り上げられたレモンである。
      私はこのレモンを見たこともないし、触ったこともない。
      においを嗅いだこともなければ、同じ色を目にしたことすらない。

      Category : mon artiste
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      年の瀬の、しかし日常の景色

      毎日のように通る道がどんなふうであるか
      何色でどれくらいの大きさで
      段差がどこにありどんな文字が書かれているか
      旅と日常生活は似ても似つかない。


      写真を撮りに出かけた。
      ちょうど、旅をしなおすように。
      見えているはずなのに見たことのないものを
      探しにいく為に。
      どうでもよくなっている景色を
      もう一度喜びながら見つめることができるようになるために。


      メトロに座りながらカメラを構えると
      向かいに座っているおばちゃんがチラチラとこちらを見ながら
      娘らしき子どもに何かを話しかけている。
      言葉がわかるということは楽しくも嬉しくもないことであり
      ときどき煩わしいことですらありうる。
      とりわけ、相手が私には何もわかっていないと確信しているときは。


      鞄からイヤホンをだし、両耳を塞ぐ。
      イヤホンはどこにもつながっていない。
      ただ、耳を塞ぐということが大切なのだ。
      耳を塞ぐことによって私の視界はよりクリアーになり
      見えていたけれど見つめたことのないものと対面できる。



        1229001.jpg


        1229003.jpg


        1229006.jpg


        1229009.jpg


        1229012.jpg


        1229013.jpg


        1229016.jpg


        1229017.jpg


        1229018.jpg


        1229020.jpg


        1229022.jpg


        1229023.jpg


        1229024.jpg


        1229025.jpg


        1229026.jpg


        1229028.jpg

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        最後の晩餐

        最後の晩餐。

        ロンドン最後の夜。

        クリスマスは日本の三が日みたいで
        みんなで夜更かしして映画を見たり
        午後3時過ぎにやっと昼食をとったり
        地下鉄は閉鎖しているし店も閉まってる。
        ゆっくり眠るのもいいけど休みに来たわけじゃない。
        ボクシングデイのショッピングも興味がない。
        家族は休みを満喫していて意外とお出かけしない。
        さすがに嫌になり最後の夜だけどバレエを見に出かけた。

        だらだら過ごすのは極度に疲れてる時以外苦手である。
        だらだら過ごすと自己嫌悪に陥って逆につかれてしまう。
        ゆっくりするのもゆっくりしないのも個人の選択である。
        翌日発つという日に遅くまで出歩くのは少々心が傷んだ。
        だが午後16時まで待って耐えられなくなり街へ繰り出す。

        出かけた成果は十分にあった。
        写真を200枚撮ったしストのお陰で歩きすぎた。

        最後の晩餐を家族が集うリビングでいただく。
        ありがたいことだ。Mikiはベジタリアンだから、といって
        いつも野菜やフルーツを用意してくれる。

        次はいつ戻ってくるの、と必ず聞かれる。
        夏に一緒に近くの丘にハイキングにいく約束をした。
        私はこの夏、どこで何をしているんだろう。
        たとえそれがいますぐにはわからなくても
        点をつなげばそれが道になっていくのであり
        小さな約束と戻る場所を持っていることは
        あたたかくてつよいことだ、と思う。


          lastmeal.jpg

          Category : friends
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          Tre Nutcracker

          クリスマスといって、家で映画を見まくったり
          寝まくったりするのもいい加減飽きてきたので
          せっかくロンドンにきたのですから、というもの探し。

          オペラハウスと並んでしかし英語のオペラを上演することで知られる
          ロンドンコロッセウムのくるみ割り人形の上演情報を発見。
          ネットブッキングを試みたがうまく行かず、ならば直接交渉へ。


            ballet0.jpg

            じゃじゃん。ここです。レスター・スクエアからすぐ。
            実はロンドンは25日に引き続き26日もストのためかなりの地下鉄が閉鎖。
            ここももれなく閉鎖。たくさん歩きました。。。

            ballet1.jpg

            でもあきらめず来て良かった。
            チケットブースのおじさんが50ポンドのチケットを当日だしと20ポンドで売ってくれる。
            超いい席だよーーーーとにやりとされた。
            きっとお値段の割に素晴らしいのだろうと期待し会場まで中華街などを散歩。

            ballet2.jpg

            わーい。幕すらいいね。
            オケピものぞく。いいねー。

            ballet3.jpg

            バルコニーがたくさん。
            すごい着飾った人達が英語でオペラを見ていたのだろう。
            イギリスのホールは古くっても比較的舞台への視界が良い気がする。

            ballet4.jpg

            くるみ割りの夢を見るためにはアルコール。
            ここまできてシャルドネをいただく。
            美味しかったです。

            ballet5.jpg

            皆がとてもきちっと着飾って、子供までよい服を着ているというのに
            ジーパンなど履いていてごめんなさい、コロッセウム。
            イギリス寒い予想だったので、さらにマフラーとPコート装備。

            ballet6.jpg

            始終ホカホカ。
            わくわくとワインでさらにホカホカ。

            ballet7.jpg

            くるみ割り人形はチャイコフスキーの音楽が言うまでもなく有名で
            オーケストラやアンサンブルで繰り返し演奏してきたけれど
            実はフルでバレエを見たのは初めてということに気がつく。
            クリスマスには子供たちをつれてたくさんの人がこのバレエを見に来る。
            演出やセットもかなりのバリエーションがあるようだ。
            とりわけ衣装の華やかさと子供バレリーナの愛らしさ
            ロンドンのクリスマスを満喫。である。

            ストに負けず街に繰り出したこととブースのおじさんに感謝♥

            Category : journal
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            show window

            central London
            Beautiful show window
            for Xmas stuffs


            pink3.jpg

            pink2.jpg

            pink1.jpg

            pink4.jpg

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            a still life


              chess.jpg

              a real still life.
              on 24th December 2011
              in England

              イギリスの友人宅にて。
              チェスとワイン、果物。
              クリスマスイヴの静かな卓上。

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              green tea cookies





                greenteacookies1.jpg

                焦げすぎず完成ー。
                ラパンサブレとポワッソンサブレ。
                前回うっかりしていて
                抹茶のクッキーなんだかコーヒーのクッキーなんだか
                わからない色になったため反省して緑色キープ。

                よかったよかった。
                おやつに持って行こう♫♫

                greenteacookies2.jpg

                Category : journal
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                christmas mood in Grand Palais

                クリスマスを前にして、クリスマスモードに飽きてきた!!!
                消費社会のまっただ中においてあまのじゃくな私は購買意欲がゼロ!!!
                どうして可愛らしくショッピングーーーとか楽しめないのだろう!
                そんなこんなで日々は過ぎ、とにもかくにもクリスマス間近。

                グランパレでは特設遊園地が子供たちと大人たちを待っている!
                セキュリティー上、どれだけ安心なんだってくらい天井ぎりぎりのアトラクションもありました。
                入場料15ユーロ(大人)、10ユーロ(子供)で乗り物は乗り放題。
                ループなしのジェットコースターと、観覧車やまわるブランコなどのほかには
                射的やわなげやスーパーボールすくいのたぐいまでも。
                なかでも一番ハードそうなのがおくにあるぐるぐる360℃回転しまくる乗り物で
                足がぶらぶら自由で上半身が固定されていて、ぐるんぐるんするやつです。
                説明不能なので写真にパス。

                私のお気に入りはもちろんブランコで豪速でぐるぐるするやつですが、
                グランパレの壁に少しだけ近いところを通るのでスリルがあります笑
                夜行ったので、光の効果で別世界。
                100%クリスマスモード。


                  noelpalais0.jpg


                  noelpalais1.jpg


                  noelpalais2.jpg


                  noelpalais3.jpg


                  noelpalais4.jpg


                  noelpalais5.jpg


                  noelpalais6.jpg


                  noelpalais7.jpg

                  Category : visite
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  ふて寝の報告

                  どうしたのだろう
                  というくらい、この二日間を寝倒した。
                  少し風邪をひいていることや、
                  それしかないんかい、というノエルバカンスモードにうんざりしたのだけが原因でもない。
                  ややジャパンシックにかかってしまったっぽい。

                  デプレッションに陥るときや
                  ふて寝モードになるときっていうのは
                  そういったことができるようなスケジュールになってしまっているのが原因なのか
                  それともたまたまタイミングよく予定の少ないときに洞穴にもぐっでしまうのか
                  いったいどっちなんだろう。
                  なんとなく、前者のような気がする。
                  そんな暇があるから、狡猾に利用してしまってるんじゃないだろうか。

                  そんなこんなで、背中が痛くなるまでふて寝し、
                  しょうがないので米を炊き始めたら(もちろん炊飯器などないのでお鍋で)
                  べつの活動に精を出しているうちに、すっかりわすれてカリカリに。
                  そんなこともあろう。
                  カリカリは底だけですみ、冷凍するのに十分な米をゲット。

                  明後日からイギリスに4泊。
                  夏に知り合ったステイ先の家族と仲良くなり、クリスマスに呼んでくれた。
                  イギリスに行くのは純粋に楽しみである。
                  ブラジル出身の彼女の友人がいつもくれるのだという強い酒が私は気に入っていて
                  多分今回もそれを私の為にとっておいてくれているような気がする。
                  たしかにどこかに行くのは背中が痛くなるまでふて寝しているよりもずっとずっと楽しいことだ。

                  明日は前回やや焦がしてしまった抹茶クッキーをちょうど良い色止めで焼く予定だ。
                  そういえば最近料理らしい料理をしていない。
                  歯が痛いせいもあるけれど、適当に食事をとっている。だから胃が痛いのか。
                  冬と言えばみかん。みかんを箱買いしないとお正月が来ない。
                  というのはこどものときの私の勝手なイメージ。
                  今年はフランスに来てから初めてみかんをたくさん食べた。
                  TOI ET MOI あなたとわたし♥ っていう銘柄。スペインのらしいけど。
                  かわいいよね。こういったものは、よいですね。


                  toietmoi.jpg

                  Category : message
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                  該当の記事は見つかりませんでした。
                  上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。