blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Tre Nutcracker

クリスマスといって、家で映画を見まくったり
寝まくったりするのもいい加減飽きてきたので
せっかくロンドンにきたのですから、というもの探し。

オペラハウスと並んでしかし英語のオペラを上演することで知られる
ロンドンコロッセウムのくるみ割り人形の上演情報を発見。
ネットブッキングを試みたがうまく行かず、ならば直接交渉へ。


    ballet0.jpg

    じゃじゃん。ここです。レスター・スクエアからすぐ。
    実はロンドンは25日に引き続き26日もストのためかなりの地下鉄が閉鎖。
    ここももれなく閉鎖。たくさん歩きました。。。

    ballet1.jpg

    でもあきらめず来て良かった。
    チケットブースのおじさんが50ポンドのチケットを当日だしと20ポンドで売ってくれる。
    超いい席だよーーーーとにやりとされた。
    きっとお値段の割に素晴らしいのだろうと期待し会場まで中華街などを散歩。

    ballet2.jpg

    わーい。幕すらいいね。
    オケピものぞく。いいねー。

    ballet3.jpg

    バルコニーがたくさん。
    すごい着飾った人達が英語でオペラを見ていたのだろう。
    イギリスのホールは古くっても比較的舞台への視界が良い気がする。

    ballet4.jpg

    くるみ割りの夢を見るためにはアルコール。
    ここまできてシャルドネをいただく。
    美味しかったです。

    ballet5.jpg

    皆がとてもきちっと着飾って、子供までよい服を着ているというのに
    ジーパンなど履いていてごめんなさい、コロッセウム。
    イギリス寒い予想だったので、さらにマフラーとPコート装備。

    ballet6.jpg

    始終ホカホカ。
    わくわくとワインでさらにホカホカ。

    ballet7.jpg

    くるみ割り人形はチャイコフスキーの音楽が言うまでもなく有名で
    オーケストラやアンサンブルで繰り返し演奏してきたけれど
    実はフルでバレエを見たのは初めてということに気がつく。
    クリスマスには子供たちをつれてたくさんの人がこのバレエを見に来る。
    演出やセットもかなりのバリエーションがあるようだ。
    とりわけ衣装の華やかさと子供バレリーナの愛らしさ
    ロンドンのクリスマスを満喫。である。

    ストに負けず街に繰り出したこととブースのおじさんに感謝♥

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。