blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

redémarrage

paysagenord1.jpg

Le redémarrage est dur après une grande pause...

paysagenord2.jpg

今週は友人の博士論文の日本語チェックをしながら
その友人が私の論文もネイティブチェックしてくれている
昨日は夜中1時まで夕食も食べに出ることなくがんばり、
家に着いて顔を洗ったら午前2時。さすがに眠い。
とはいえ、一方的にチェックを頼むのでなく、
私の方にも出来ることがあるというのがとてもよいシチュエーションだ。
授業準備もしながら日にちが経つのが早くて、
いつのまにか最高気温20℃最低気温10℃になっており、寒い。
8月31日、明日から9月!!!



    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    夏も終わりかけ

    kutu.jpg


      2012年の夏ももうすぐ終わろうとしています。
      急に涼しくなってそれでも太陽は照っているのだけど
      その光の色は2週間前のものよりもずっと秋に近い。

      洗濯をして、市場に買い物に行って、仕事をしていました。
      天気はよろしく、猫のえさを買い忘れたため猫は不機嫌。
      お昼は久しぶりにお魚を食べようと思い、サーモンのタルタルをつくりました。
      アボカドとプチオニオンと檸檬とあえて、簡単なタルタル。

      そういえば気に入っていた赤い靴と黒いブーツを修理に出しました。
      昔から歩くときに変な癖があり、左足だけ内股で歩いて、
      靴のヒールが変な風に減ってしまうのです。
      一度減ったあとはもうどうにもならず、バランスが悪くなり、転ぶ原因に。
      ということで、工場のバカンス開けを狙って修理にだしました。

      サボテンは元気に育っています。
      一つだけ、どうしても機嫌が悪いのがいて、手を尽くしています。
      ひまわりは今年はもう種になってしまったので、種の選別に集中する日々。

      今日は市場で久しぶりに果物を多種ゲットしました。
      籠ってうだうだと日々パソコンに向かっていたらなんだか栄養不足•ビタミン不足に。
      そういうわけで、果物•野菜食べよう、という企画。
      つけた梅酒が毎日気になって仕方ありませんが、熟成するまで保存します。

      さて、さてさて。
      充実した日曜日を過ごしましょうー。

      Category : journal
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      marché aux puces



        mpuce1.jpg

        marché aux pucesにやってきた。
        とても晴れていて、文句が無い。
        私は割れ物を買わない。
        グラスを見たり、お皿を見たりするのは好きだし、
        すてきな家具や陶器もすてきだなあと思うのだが、
        これまで繰り返してきた引っ越しの中でたくさんのものが壊れて、
        たくさんの持ってこられなかったものを置き去りにしてこなくてはならなくて、
        ちょっと嫌になってしまったのだ。

        mpuce2.jpg

        メールを送ったり、ウェブ上に情報をのっけたりするのではなくて、
        物理的にモノを移動させるということはやぱりそこそこ大変だ。

        mpuce3.jpg

        パリに来て3年が経つ。始めに持ってきた荷物は段ボール数個。
        そのあと本格的にこちらに荷物を送り、それでも数えきれる段ボール。
        でも何年か経てば、そりゃあ本も買うし、服も必要、小さな家電も買う。

        mpuce4.jpg

        いまでも、喋り足りなくて欲求不満になることがよくある。
        喋り足りないというのは、
        フランス語で表現する内容が日本語で言いたかった内容と本質的に一致しないという事態だ。
        翻訳の問題ではなく、どう頑張っても言い得ない、ということもよくある。
        でもよく考えたら、日本語でもなかなか通じ合うのが難しいということもあったな、と思う。
        猛暑は過ぎ去って、雨が降ったりして涼しくなり、暗くなるのも少し早くなった。

        Category : visite
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        兵隊の行進

        arme1.jpg

        頭の中が、こんな感じだ。
        暑いけれどもやりたいことがいっぱいあり、
        やっているけれども減らないのであり、
        頭の中で列に並んだ甲冑をつけたひとたちが
        ざっざっ と音を立てながら近づいてくる感じだ。

        arme2.jpg

        あっというまに8月半ばはとっくに過ぎて
        いわゆる下旬というやつである、なんと!

        みんなどうやって一体やることやってるんだろうと
        呆然とする暇もないのにちらっと呆然としたりする。
        逆算したり計画を立てたり順番にやったり整理するのは
        まあまあ得意なので気をつければできるはずである。

        arme3.jpg


          そんなふうに兵隊の列がざっざっとせまってくるのだが、
          未来に向かって努力するのは大切ないっぽうで
          今を大切にしなければならないのもまた本当である。
          見たいものを見たり、食べたいものを食べたり、会いたい人にあったり、
          そういうことは後から埋め合わせできることじゃない。

          つまり、漬け時の梅の実は三日待っていたら熟しすぎてしまう。
          今日は念願のフランスに来てからは初の梅酒を漬けました。
          黒猫が暑すぎて涼みにきているのをよそに、丁寧に漬けましたよ。

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          自伝と日記

          暑くてパソコンから熱気が上がっており、
          日が当たらないようにvoletを閉めると
          今度は何も見えないので
          ライトを付けることになるのだが、それはそれは暑い。

          どうしたことだか急に38℃になってしまったパリだが
          6年くらい過ごした京都の夏の35℃の灼熱の日々とは大違いだ。
          じめっとしているかどうかだけでこんなに体感温度が違うなんて
          日本の夏は侮れない。最近は札幌でも30℃超が続いたりする。
          ただひとつ湿度がなくても38℃でクーラーも扇風機も無いと
          暑い。扇風機がないなんて驚きだが、ないのだ。

          そんな日々だが本をたくさん読んでいた。
          Phillipe Lejeuneの自伝論第2弾、Signe de Vie。
          1970年代に早々におそらくフランスで最も早く体系的自伝論について書いた人だ。
          30年経って状況は変わりまくり、今日では人々は簡単にブログを書いて、
          自分についてたやすく書きまくることができる。
          2005年に出版されたこの新しい自伝論では、
          この「自分語り」の新しい局面についてももちろんカバーしている。

          ところで、自伝/autobiographie と日記/journal の違いはなにか。
          auto - biographie なのだから、あくまでも伝記であり仰々しい感じはする。
          journal は対して、jour nal 日々の小さな出来事を記録的に綴るという印象。
          journal をまとめたら果たしてauto-biographie になるのか、
          それとももっと根本的にstyleの問題が横たわっているのか、
          線引きするのは難しい気もするが、自分をどのように描くのかという点では非常に興味深い。
          そんなわけで暑いけれども、読まなきゃならん本と図書館に行かなきゃならん本と買わなきゃならん本をリストアップしつつ、気温が下がるのを待つ。

          夜中の12時。27℃まで下がった!!!



            fatboy.jpg

            Category : journal
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            ice fish



              icefish1.jpg

              icefish2.jpg

              icefish3.jpg

              icefish4.jpg

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              pictures of green

              ある夏の日の緑の色。
              花の鮮やかな色。
              斜めに差し込む光の色。


                grpark0.jpg

                grpark1.jpg

                grpark2.jpg

                grpark4.jpg

                grpark5.jpg

                grpark6.jpg

                Category : photo
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                お盆に家族を思う



                  obon2.jpg


                  早くも8月中旬です。
                  暑い中かと思いますが皆様お元気でしょうか。
                  フランスから送った荷物は日本に到着しているはずですが
                  追跡システムが適当すぎて
                  番号追跡しても「送り先国に入国したようです!」という
                  ざっくりしたインフォメーションしか得られません。
                  未だに配達時間指定できる日本の通販とか郵便とかが懐かしくて
                  しかしようやく色々慣れてイライラすることもなくなりました。

                  実家にはその夢に出てきそうな素晴らしい日本の通販で購入した
                  ビールとかおやつが国際郵便より先に届いてるに違いありません。

                  何年墓参りに行ってないかなと思い出してみると
                  例えば大学のとき帰省していても行かなかったことなどたくさんあるので
                  実は3、4年前に父親と共に早朝父親の運転で墓参りに行ったのが
                  一番記憶に新しいことに気がつきます。

                  父も、亡くなった祖父もお酒が好きです。私も好きですが。
                  いつも発泡酒しか(いや、もしかしたら第三のビールしか)
                  経済的事情で飲まない人なのに
                  お墓参りの時はホンモノビール持参、お墓で眠る祖父と、父と、乾杯する。
                  北海道の夏の晴れた空は比較的乾燥していてとても青く、
                  今思い出してもとても印象深い風景でした。

                  実家で飲むビールは旨いのです。

                  俊速で過ぎ去って行く日々を目の前に
                  親に日常的に何ができるのだろうといつも自問自答しています。
                  そんなに大きなことはできないかもしれないけど
                  共有できない時間を埋める手段など世界には存在しないけれど
                  彼らが喜ぶことを一つでも多くできればいいと
                  そう、思います。

                  北海道の海が見たーい!!!

                  obon1.jpg


                  Category : journal
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  210mからの眺め

                  Nuit des étoilesというその名の通り、星をみよう!という
                  三日間にわたって展望台や塔を遅くまで解放し、
                  大きな望遠鏡で流れ星や宇宙ステーションを見たり、
                  火星を見つけたりしましょうというイベントである。
                  とはいえ、パリはかなり明るいので、田舎に比べるとそりゃあ見えづらい。

                  モンパルナスタワーは56階まで超高速エレベーターで登り、
                  58階とその屋上までは徒歩で階段で登る。
                  人が落下するといけないので、一応ガラス張りになっているが
                  撮影サービスのためか、ガラスが20cmほど途切れている部分があり、
                  そこから撮影する。夜は何がどの建物かいつもより見分けづらい。

                  仲良しの友人と思い切り濃密に楽しすぎる日々を過ごしたので、
                  彼女が帰った後は数日なにかに燃え尽きた灰粉、みたいになり、
                  とても感傷的なきぶんでいたのであるが、
                  夏や夏やと言いつつも、すこしずつ切羽詰まっている幾つかのことを思い出し、
                  ようやく身体も頭も、朝から晩まで通常営業し始めた。

                  昨晩はモンパルナスタワーに初めて登り、夜景を見ながら、
                  そんなに辛いことも嫌なことも悲しいこともないよな、と思い直し、
                  帰りに近くのバーでMojitoを大事に飲んで帰ってきた。
                  ここでは珍しく夜中2時まで空いていてMojitoが美味しい貴重なバーだ。
                  もうすぐお盆だなーとか、実家に送ったお中元はついたかなーとか、
                  おばあちゃんやおじいちゃんに手紙は届いたかなーとか、考えつつ今日も頑張ろう。


                    tmont1.jpg

                    tmont2.jpg

                    tmont3.jpg

                    tmont4.jpg

                    tmont5.jpg

                    Category : photo
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    Photo de la Tour Eiffel



                      te1.jpg
                      il est temps de la monter!
                      登るべきとき!
                      (これはその3日前ですが実にお天気がよかった。)

                      temiki.jpg

                      temizuho.jpg
                      avant le départ! on y va!
                      出発前。いよいよ。


                      te2.jpg
                      avec l'escalier, on ne peut pas arriver au sommet,
                      mais j'aime bien monter à pied alors,
                      je ne fais que cette promenade (pas par l'ascenseur.)
                      この階段をてくてく登って行く。
                      徒歩では2階までしか行けないけれど、
                      登る感が気持ちよいので、これしかしない。

                      te3.jpg
                      on voit la vue à travers les grillages.
                      金網越しに見えるヴュー。

                      te4.jpg
                      comme si la tour est un petit peu en biais vers droite,
                      タワーがちょっと右に曲がっているように見える。

                      te5.jpg
                      comme si elle est en biais vers gauche...
                      左側にぐにゃっと曲がっているかのように見える。

                      Category : photo
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                      該当の記事は見つかりませんでした。
                      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。