blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

kastelette

kastle1.jpg


    今日は外に出なかったので、そして外の天気もイマイチだったので
    ここではないどこかの緑のことなどを考えていました。
    実は昨日すでにホルンのレッスンが始まったのですが
    私が先生だったら5分で帰れっていうだろうなっていうコンディションで
    私のコンディションならまだしもロータリーもシャカシャカいってたりして
    あまりに申し訳なく思ったので明日は夕食を届ける事にしました 笑

    kastle3.jpg

    夜20時半を回ってやっと少し練習してピアノも久しぶりに弾きました。
    一番始めにピアノを教わったときの先生がとても厳しかったのをたまに思い出し
    よくあんなに嫌がって続けたなあとおかしくなります。
    やめられなかったのは母が更に厳しかったからなのですが 笑
    それにしてもピアノっていうのは、オーケストラでもないのにひとりで色々な事が出来てしまうので
    やっぱり神様の楽器だと思います。

    kastle2.jpg

    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    abstrait absolu

    ciel081.jpg

    quand j'avait 12 ans,
    j'ai aimé une fille qui avait 1 an plus que moi.
    je pensais à elle tout le temps, je l'a suivi tout le temps.
    j'ai du être très pénible.
    curieusement, je ne me souviens pas de grand chose de cette époque,
    c'est un peu comme un tableau abstrait.
    elle m'a parlé de la couleur préférée : le bleu.
    un bleu absolu, mais je ne sais pas ce qui est là.

    ciel082.jpg

    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    ばっかりたべのなにがいかんのか。

    cheeseplat.jpg

    急に寒くなったので、風邪をひいています。
    さいきん風邪引いてないなと、先週急に風邪のことを思い出したのがスキであり、
    まあ、かといって毎年春と秋と真冬は(とくに冬は)半日にでティッシュ使い切り、とかそういうペースです。
    鼻水とはどこからそんなに生成されるのかとしみじみ不思議に思うほどであり
    かといってそんなに脱水している感はないのでしょうが、実際にはしているのかもしれません。

    そんなことで、ここ3日、パブロン•アスピリン•自然系エッセンス(対風邪?)をちゃんぽんして
    もう今日は土曜日だし頭が働かんしでもそんなこともいってられんしで
    朦朧としています。もうろうっていうのは、朦朧という状態をよく表したよい響きであると思います。


      食べ物の存在と食べるという行為にはすごく惹かれるのですが、
      自分が食べるものの種類はすごく少ないことに改めて気がつきます。
      自分で摂取するものがずーっとパン/ご飯とチーズとキウイの繰り返しでも
      人々が色とりどりの食物を摂取しているのを見ることが出来たら満足すると思います。
      あ、でもその3種類だけのものがそれぞれどうでもよいということは全然なくって
      むしろすごい美味しいと思えるやつでないといけないのですが。

      食事の時ばっかりたべがいかんとかいうじゃないですか。
      母はわたしに納豆を食わせようとしてがんばってましたが納豆が嫌いです。
      納豆をたべて他のおかずを食べてまた納豆をたべてそのお箸はどうなるんですか。

      パンダなど笹しか食べないけれどもあんなに大きく育つのだから
      ばっかりたべがいかんということはないでしょう。

      Category : manger
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      ぼうふうりんの想い出

      arbrelarge1.jpg




        生れ育った新琴似の町と屯田の町の間にはぼうふうりんがあった。
        過去時制で書いたが今ももちろんある。
        数年前に訪れたが子どもの頃そうであったよりもずっと整備されて綺麗だった。
        ぼうふうりんは小学校の校区の境目に位置していたので
        子どもの私にとってそこはいわば一つの世界の区切れ目であった。

        父親の子ども時代でないのだから、
        20年前の新琴似と屯田はすでに十分に住宅地であり、
        ぼうふうりんが身体を張って守るべき一面の畑などもはや何もなかった。
        だからこそ、ぼうふうりんがそこにあり続けることは奇妙であり、
        世界の境界線として妙なオーラを発していたように記憶している。

        小学校3,4年生の頃、ひとりの友人とよくぼうふうりんで遊んだ。
        ただ散歩しても全く面白くないのだが、ロープやら木の板やらを持ち込んで
        ブランコだの隠れ家だのどこかの児童小説で読んだ遊びの真似事をして
        一度は偶然地元テレビ局に取材され、ローカル番組で報道されてしまった。
        なにが楽しかったかどうして毎日のように通ったのか思い出せない。

        ぼうふうりんは私にとってもうひとつ大切な想い出のある場所である。
        北海道の夏は今よりずっと短かったように思うのだが、
        父は毎年羽化のために長い眠りから覚めて地面から出てくる蝉の子を
        たいせつに捕まえてきて家で羽化させては翌朝放した。
        私は夏の自由研究のうちの一回を蝉の羽化観察ですませさえした。
        今となっては写真がどこにあるのか、あるのかないのかすら分からないが
        羽化したての薄い緑がかった透き通ったような蝉は殊のほか美しく、
        透き通ったまだ柔らかい羽と身体はまるで宝石のようだった。

        今でも森や林をあるくと蝉の子どもの出てきた穴がないか地面に目をやり、
        枝に抜け殻がくっついていないか知らず知らずのうちに確認してしまう。

        あの薄い緑色も鮮やかな木々の緑色もきっともともと同じ色だったのではないかと、そう思う。

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        朝帰り


          morningscape1.jpg

          カッセルに行ってました。初めてドキュメンタを見てきました。
          二文では書ききれないので、またちゃんと書きます。
          それはそうと電車に乗れませんで、朝帰りしました。
          出発した日も朝5時に起きて電車に乗ったのですが、
          行きの電車は、本を読むも気がついたら実は読んでなく、
          到着駅のカッセルでは終着駅でないにも関わらず、停車してややしばらくして起きて降りた始末なので、
          朝の風景がどんなだったか覚えてません。

          morningscape2.jpg

          というわけで、今朝は朝焼けを見ました。
          朝6時の電車なら空いてるだろうと予想してましたが、
          超リラックスして写真など撮っていたら、
          チケットを手にした少女が自分の席がここだというので
          (乗りのがしたためにリザーブの無い空き席には座れるけれど、表示が無いのでわからなかった)
          そのあと移った席には窓がなくて、だから写真は3枚しかないのです。
          隣のおじさんはビジネスバッグからタブレットを取り出しずっとゲームをしており、
          私は斜め前の窓から時々見える、広大な牧草地と巨大な乳牛を見ていました。

          morningscape3.jpg

          J'étais partie à Kassel pour Documenta depuis 3 jours.
          Il était prévu de rentrer à Paris hier nuit.
          Mais, j'ai raté mon train.
          (ce n'était pas à cause de moi...y avait retard du train en correspondance!)
          Alors, c'est pourquoi j'ai pris le premier TGV d'aujourd'hui.
          en effet, j'ai découvert ces couleurs magnifiques du ciel matinal grâce à cette histoire...

          Category : journal
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          夢のような!

          夢のような! ツーショット。


            吉岡洋先生 と Prof. Jean-Louis Boissier です!
            パリのCafé de l'époqueというカフェにて。
            profs2.jpg

            profs1.jpg

            2枚の写真は異なる瞬間です。
            1枚ダウンロードするとしたら、皆さんはどちらがより素敵だと思われますか?
            (まちがって2枚アップしたな!とかYaboなことは言わないでくださいね。)




            吉岡先生がパリにいらっしゃり、夢のように2日間過ごしました。
            ボワシエ先生も一緒にお昼ご飯を食べました。
            サーモンとレンズ豆を食べて、バニラアイスを食べました。
            バカンスが明けたパリは再び車だらけになっていてさっぱり駐車できませんでした。
            実は数日前、はりきってガソリン満タンにし、洗車もしました。
            ポンピドーのリヒター展を見ました。ロンドンでも見たので、二度目です。
            あまりに素晴らしいので、もう一回見るかもしれません。

            友人の博論の日本語を見たり私の拙いフランス語授業プロットを見てもらって
            よれよれ帰宅したら午前2時だったり
            選んだけど種を取り出してあげていないひまわりがいくつもあったり
            気がついたら寝る時間になっていたり
            今日家族に電話すれば良かったなと思ったりもするが

            生活していると楽しいことも
            素敵なことも嬉しいことも
            いっぱいあるので
            今日できることを今日やり、
            今日会える人に今日会いたいと思う。

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            Tournesol 2012, les graines

            voici les graines du tournesol de l'année 2012.
            c'est une mutation incroyable.
            l'année dernière, c'était la taille moyenne.
            J'ai semé donc ce printemps leurs graines.
            Certains tournesols avaient leurs fleurs énormes
            comme celle-ci.

            Voici avec les capsules de Nespresso, et avec un petit chat.


              tournesol12090.jpg

              tournesol12091.jpg

              tournesol12092.jpg

              tournesol12093.jpg

              tournesol1209.jpg

              Category : mes plantes
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              ドラえもんの




                スクリーンショット 2012-09-03 22.14.47

                9月3日はドラえもんの誕生日です。めでたい。
                2112年9月3日に誕生予定のドラえもんはタイムマシンで20世紀にやってきて
                21世紀も日本に住んでるので川崎市に住民票をつくってもらったようです。

                身長、体重、胸囲、すべて129.3。
                だから、誕生日ももちろん9月3日なのです、12年9月3日ですから。

                小学生の頃か、もっともっと小さかった頃、
                映画と言えばドラえもんしか連れて行ってもらった記憶が無いのですが、
                とにかく喜んでたのを覚えています。

                なんて素晴らしいキャラクターなんだろう。
                と、今でも惚れ惚れします。
                ドラえもんミュージアムに行かなくちゃ。

                なんてドラえもんの誕生日を祝いまくっていた今日この頃、
                恒例のtitre de séjourの更新があり、さすがにベテラン、問題なくパス。
                午後は休みなしで来月からの授業の準備をお友達でもあるフランス語のプロ教師が手伝ってくれる。
                とても楽しくて充実した時間なのだけど、さすがにぶっ続けで濃密なので
                帰ってきて4時間経っても頭が痛くて治らない。

                明日はお仕事でGare d'Austerlitzの近く、ifm(Institut française de la mode)で
                コミュニケーションを担当している先生とアポ、インタビューしに行きます。
                Comme des Garçonsの展覧会も見てきます。
                がんばるぞう。

                Category : journal
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                該当の記事は見つかりませんでした。
                上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。