blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

exposition de soi, 9ème cours / 第9回授業 自己表象

    portrait nilbog jpg

    今日も引き続き、文学および書く行為と読む行為に見られる
    新たな自己表象の傾向について授業しました。
    あんまり言い訳しないことにしてるのですが準備が不十分でございました。
    言い訳はございません。笑
    泣き面に蜂的なことはしばしば起こりますが
    当事者となってみるとしばしば以上の確率で
    タイミング悪いことが起こるという印象も受けがちです。
    具体的にはインターネット接続の不備で今日もネットがなかった!
    一定時間の切断が部分的にあったようです、マシンのせいではないようだ。
    幸いにも使おうと思っていた資料は動画やいくつかのリンクを除いて
    面倒だがほぼイメージ化していたために一応最悪なことにはなりませんでしたが。

    フランスはやはり本の国なのだなとしみじみ思うことは
    自分よりも10歳も若い学生のレポートを読んだり、
    「新しい文学」などに対する彼らの意見を聞いた時。
    フランスでも言語の破壊は省略語や口語表現の影響を受けて
    深刻に受け止められていますがそれでも当事者である若い人たちは
    依然として印刷物の文化と紙媒体の本の重要性を強烈に信じていて
    このことは日本では既に貸し借りとか漫画喫茶のせいもあり
    漫画をコレクションする人口は断然減っている一方で
    フランスで印刷物としての漫画は購入され続けている。
    読書においてページを繰るという行為の重要性や
    クオリティーの高いテクストが書かれるべきであるという
    印刷物へのリスペクトが感じられる。

    しかしこのことは、
    電子書籍が普及した暁には本が廃れるとか、
    読書よりも面白くて様々な効果(音響、映像など)をそなえる
    ヴィジュアルノヴェルが今後、テクストだけの小説にとってかわるとか
    簡単に関心ある項目が見つけられるウェブジャーナルを読むようになり
    印刷された雑誌や新聞が消えてしまうとか、
    そういった単純な進化論を意味するのではない。

    レポート提出者のひとりが楔形文字やヒエログリフを
    粘土版に綴っていた時代から、紙へ、印刷へ、そしてデジタルへ
    という「行程」を書いていましたが、
    粘土版ってほぼ現代のタブレットと同じような形態とサイズをしている。
    タッチパネルだろうとデジタルだろうと
    人が読むために用いる媒体の形態がほとんど同じであることは
    あやまっても偶然の一致などではありません。

    今度また書きます。
    今日はともかく私自身が中途半端でしたゆえに
    喋りたかった内容も伝えきらないし喋った内容も伝えきらない感じがする。
    よりよく喋りましょう。。。

    何語でも、せっかく喋るのなら、相手にとって意味があるほうがいいです。
    じゃないと、ただ単にのどが痛いというのはよくない。

    そういえば。このポートレートとポートレート(イラスト)は
    3年前の誕生日。それと絵の方はNil Bogがこの写真から
    自主的に書いてくれたものです。一年くらい前かな。
    髪型も髪の毛の色もすごいけど、どうしてこの表情なのかも今となってはわからぬ。

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    tranquillité de l'esprit

      egliselumiere.jpg

      寒くなってきて、中央暖房にもかかわらず、
      ズボンを二枚履いてコートを肩に掛け、且つハナをたらしています。
      12月が近づいています。寒いのです、夜は。
      先週から夜うすうす気がついていたのですが目の調子がおかしい。
      そんなこんなで焦点が合わないので今日は一日グロッキーでした。
      12月中旬にジャパンに歳を越しに帰ります、日本の正月は何年ぶりかです。
      そのまえに来月上旬はすべてがオケじゃないですが5つ演奏会があります。
      5つ演奏会があるというのはコンサートという文字を
      5回手帳に書き込むということを意味しません。
      練習するじゃないですか、当たり前ですけど。リハーサルもします。
      そういったわけでその他の仕事も通常営業か通常以上営業くらいで
      なんだかだんだん帰国日までのトンネルに突入して抜けると雪国みたいな
      (まず到着するのは関西であり、地元の北海道ではないのだから、雪国ではない)
      まあともかくそんな酸素薄い状態になってきまして。

      部屋がすごいのは片付ければ良いのですが
      パソコンのデスクトップもすごいことになっていて
      これはあまりに頂けないことであるために整理していたら
      そういえばこの教会の光の写真をずっとずっとここに
      載せようと思っていたにもかかわらずまだ載せていなかった!
      ということに気がつきましたので、
      精神の平穏安泰のためにここに載せます。

      わたしはこの光の色がすごく気に入って
      素敵な言葉を思いついたときにこの写真を載せたいな
      なんて思っていたのに違いないのですが
      思いつくかもしれない素敵な言葉よりも
      この教会に差し込んだ光の方が素敵に違いないので
      見ながら心を安らかにするために載せます。

      12月はフランスでもさすがにノエル前は
      みんなワクワクばたばたソワソワした雰囲気になって
      落ち着かないにもほどがあるのですが
      いつも十分落ち着いてないので
      こんなときくらいちょこっと心静かに過ごしたいと思います。

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      空の青い日曜のこと


      昨日の夜なんだか巨大な低気圧が空の上をぐるぐるしていたらしく
      住んでいる家の外で物が倒れたり、天井に飛んできた何かがガツっと当たったり
      そんな気圧の低いこともあって耳が痛くなったりしていたのですが
      今日はぱっきり晴れています。

      しかたがないので駅前のスーパーまで買い物に行き、
      その途中で写真を何枚か撮りました。


        2511 1


        うちの近くというのはパリメトロ終点からもだいぶ離れたところにあり
        トラムもないしバスも30分に一本くらい、終バスは9時ちょうど。
        そんな場所ですが1年前からきゅうに集合住宅の建設が始まって
        その規模も早さもとおるトラック群の恐ろしさも半端なくて
        2枚目の写真の向こうに見えるのが、そのクレーン群がめきめきと工事している現場です。
        それで、電線が地上に出ていてぶらりとしています。
        すっっごい適当に垂れ下がっているし結んである気がするのですが
        この状態は一年くらい続いており、テキトウにもほどがあり心配です。


        2511 2


        工事のせいでうちの前の100mくらいだけ一方通行になっているのですが
        そのせいで最近は片側しか認められてないのに両側に駐車する人が増えて
        ようするにカオスです。そして逆方向に通り抜ける人もたまにいます、最高速度で。
        このへんは猫が多いので、猫がひかれないかだけがとても心配です。
        うちで食事をされているマルビン様もしばしばこの道を渡るのですが
        私が車をとりにいくときについていらっしゃったりして、
        そういうのはほんとうに心配になります。


        2511 3


        そしてその工事の影響を受けて働く人の出入りが多くなり
        駐車できる場所の競争率がやたらと高くなったこの半年です。
        パリ内だと有料ですが、うちの周りは夜間は住人であれば
        決められたスペース内なら路駐できます。が、スペースがない。
        青いtwingoちゃんはまだ元気に走っています。

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        震災復興 チャリティーコンサート2012 / Concert De Soutien Pour Le Japon



        2012年12月15日(土) 20:30〜 
        震災復興 チャリティーコンサート
        @ムードン、フランス よろしくおねがいします!


        le 15 décembre 2012 à 20:30-
        CONCERT DE SOUTIEN POUR LE JAPON
        @Eglise Notre-Dame de l’Assomption, Meudon Bellevue
        Réservez cette date, venez nombreux!!

          concert de soutien 2012



          このコンサートは、一昨年4月29日に同教会にて開催したConcert de Soutien第二回目の演奏会となります。

          出演者は、第1回目も協力してくれた、総勢25名のホルンアンサンブルの皆さん。ユニット名LES COURGETTES ENFLAMMÉESは、「燃えるズッキーニ」みたいな意味です。複数のConservatoiresでホルンの先生をしているJoël Jodyさんの指揮でお送りします。

          そして、第1回目ではヴァイオリンデュオで参加してくれた、パリ管弦楽団で活躍している泉沙織さんが、フランスで音楽留学している日本人演奏家の皆さんと一緒に演奏する2曲について、音楽的な中心になり練習を進めてくれています。

          日本人の木管奏者による木管五重奏ではにっぽんの曲を演奏します。
          協力は同じく、国際ロータリー財団ムードンクラブの皆さん。
          お預かりした義援金は日本赤十字社のフランス窓口を通じて日本の震災復興事業へ役立てられます。



          コンサートまで残すところあと20日強!
          出演者の皆さんも練習をがんばってくれています。
          よいコンサートになるようにがんばりますので、どうぞ応援よろしくお願いします。
          パリにいらっしゃる方はどうかお越し下さい。
          宣伝していただける方はぜひよろしくお願いいたします。



          大久保美紀


          Category : message
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          祈る少女たち


          サンジェルマン•デ•プレ教会に
          二人の少女がやってきて
          すでにすっかり寒くなった教会に
          またひとつロウソクを灯し
          少女たちは祈る。


            eg despres1


            eg despres2


            eg despres3


            eg despres4


            eg despres5


            eg despres6


            高校のとき以来ずっと大切におもっている友だちと双子のような妹が
            はるばるパリまで来てくれた。しかも経由便でがんばって。
            秋休みだと思ってたら10月から始まったばかりの大学には秋休みなんてなくて
            思ってたよりいろいろなことをしてあげることができなかった。
            でもまた来てくれるかもしれないとか思っています。
            飛行機に乗ってしまえばぴゅーっと着くけれども、
            時差もあるし移動時間も長いしでなかなか来るのは大変なので
            二人で遊びにきてくれて急ぎ足だけど色々なことをいっしょにできて
            楽しかったです。

            ありがとう、またおいでね。

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            a back and front, a front and back.

            backs and fronts
            pictures taken near the main entrance of Orsay Museum in Paris.


              backmusee1.jpg

              IMG_2368.jpg

              IMG_2365.jpg

              backmusee2.jpg

              4pictures taken with fixed mobile device camera,
              using front and back camera.

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              スカイプ様様

              そういえば!
              もう先週の土曜日のことになってしまいましたが、
              松尾恵さんのVoice Gallery (web site) にて11月24日まで開催されていた
              松井智恵さんの展示「現代美術と批評のスクール」に関連して
              11月17日(土)夕方から二つの対談がありました。
              17 - 19時「1980年代アート再論」
              篠原資明(哲学者/京都大学大学院人間・環境学研究科教授)×松井智惠×松尾 惠
              19 - 21時「少女たちの行方」
              吉岡 洋(美学者/京都大学大学院文学研究科教授)×松井智惠×松尾 惠
              こんなかんじの。
              わたしはこちらのブログにもたびたび掲載させていただいている
              批評誌<有毒女子通信>で大変お世話になっており、
              なんとスカイプでおジャマさせてもらっちゃいました



                スクリーンショット 2012-11-24 20.43.24

                スクリーンショット 2012-11-24 20.44.20

                スクリーンショット 2012-11-17 13.24.57

                吉岡先生のiPadで接続していただき、( Coucou! )
                松井さんの御姿をライブで拝見する!!!
                そして愛ちゃんにも会えました!
                (会場にいらっしゃった方に会わせてくださったり、展示をみせてくださったり)
                メディアによる身体機能の拡張とはまさにこのことである。
                (みえる、きこえる、しゃべれる。さわれないけど!)
                とかなんとか思いつつ、とても楽しかったです。

                こちらの対談の内容は、批評誌<有毒女子通信>の第11号で読める予定だそうですよ!

                みなさーん、ありがとうございました♪♪♪

                Category : journal
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                exposition de soi, 8ème cours / 第8回授業 自己表象


                一人の生徒が、
                「そのネクタイはどこで買ったんですか?」
                と聞くので、
                「これはね、父が昔まだサラリーマンして働いてた時に使ってたのをもらったんだヨ」
                と答えた。
                何十年前のものか、わからないけど、緑の地に赤と黄色のラインが入っており、
                アニマルが並んでいる。
                なぜか、コアラだ。


                  cravate1.jpg

                  cravate2.jpg

                  cravate3.jpg

                  第8回目の授業が終わって、もうすぐ11月も終わりです。
                  (いやじつは、まだ来週の金曜日も11月であるが。)
                  だんだん準備するのも2時間半喋るのも慣れてきました。
                  そして大変な思いをお互いにしているけれども、
                  このためにつくったブログでのみんなの頑張りは結構エラくて
                  しばしば感心していますし、私もぜんぶ見るのがときどき大変なのだが
                  この方向でやってみてよかったなと今のところ思っています。

                  何がいいのかというと、ただ授業をしてるよりも、
                  ブログ上でみんなのはっぴょうがあり、
                  授業で会ったときお互いにそれについても必ず話をするので
                  参加している人たちがそれぞれ別の参加者にも興味を持つし
                  私もひとりひとりの書いたものや話したことに興味を持つことができる。
                  60人、70人もいると私は非常に名前を覚えるのが苦手なので
                  これがないと確実にだれがだれだかわからないのだが
                  各々に実践してもらってるexposition de soi (sur le blog!)のおかげで
                  授業題目をそのまま実践するというか、結果としてそれが実現できてよかったです。

                  ブログに書いてもらっている内容は、
                  毎回授業後に決められたテーマについて各自で論述するごく短いテクストなのですが
                  ただのレジュメとか伝言ゲームには興味がないので
                  ちょこっと何か作ってもらったり、個人的なものを出してもらったりしています。
                  こんなことを要求して文句を言われないのが、
                  自己表象をあたまからうたった授業のいいところでしょう。

                  理論の授業は前期しかとれなくて、後期は実技をしないとならないので
                  初めてだったしやりたかったトピックが多過ぎてツメツメになったのですが
                  せっかくですので、参加してる子たちがつくってくるものに対して、
                  最後までできる限りキャッチして投げ返したいと思います。
                  いずれにせよ、フランス語で2時間半持たせることついて、
                  私の今の段階でこれをやるチャンスをもらえたのは、
                  ほかのなにものにも代えがたい経験であることに違いありません。
                  今でも言いたいことの60パーセントくらいが
                  言えないままに頭の中で溶けていくのを見過ごしてる気がするのですが、
                  ちょっとずつマシになってるに違いありません。感触として。

                  Category : journal
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  exposition de soi, 7ème cours / 第7回授業 自己表象


                    mikinov2012 3

                    髪を切りました。
                    といっても、それぞれ自由に伸びてた髪の毛の長さをそろえたというだけです。
                    前髪がとっても伸びていて、ここ一ヶ月強おでこをだしています。
                    わたしは小さい時おでこがすごい狭かったので、
                    前髪を上げるなんてことはいっさいありませんで、
                    どちらかというとむしろ前髪をながくして目にかかるくらいに、
                    へんなくらい狭いと思って嫌だったのですがあるとき
                    猫の額という表現があることを知って
                    そうか猫も額がせまいのであるかとおもい、
                    私はにんげんであるけれども額が狭いことなどはたいしたことではないと思えるようになりました。

                    前髪を長くしていたもう一つの理由は眉毛が立派すぎると思っていたせいですが
                    眉毛がりっぱだというのは私の父の眉毛がりっぱなので
                    さんこうのためにここに写真をあげておきます。

                    mayuge1.jpg

                    しかし私の小学校高学年、中学校くらいまで、
                    太い眉毛は社会的潮流によって憧れのたいしょうではありませんでしたので
                    いまはわたしも上のような眉毛をもってませんが、もっていたのです、かつては。

                    mikinov2012.jpg

                    そういったわけで、
                    自己表象の授業は、たった数ページのことでありながら英語講読だったせいか
                    Errki Huhtamoさんのテクストを読むのをゆっくりゆっくり終えて
                    先週はみんな渾身のセルフポートレートとテクストを寄せてくれたので、
                    ここらへんにあります。
                    le cours Exposition de soi et Médias mobiles
                    レポートカテゴリー名が 6eme cours 09/11/12というやつです。
                    これらを各々説明を加えてもらいながらみんなで見ました。

                    それから今やっているのはEmoticône、スマイリーとか絵文字です。
                    それらがにんげんのカオからスタートしたものでありながら、
                    それらの使用によってにんげんの表情自体もステレオタイプ化されたり、
                    感情のカテゴリーにまで影響を与えることもしばしば言われています。
                    さらにはEmoticôneの読解と理解に必要なコードは
                    かつてのバラバラな状態からいまや統合されつつあります。
                    コード化されることによって可能になる言葉の壁をもたない新しいコミュニケーション。
                    Emoticôneが形成する新しい会話のありかたは、
                    オーディオヴィジュアルに訴えるメディアやメディアアートというものが
                    私たちにもたらす経験に深く通じています。

                    次回の課題はしたがってEmoticône使用に関わる記述です。
                    参加はいつでも自由です!ポストしたい方はご連絡くださいませ。
                    (課題はここです→→→ sujet du rapport)

                    Category : journal
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    monsters

                    une rencontre avec les monstres

                    c'était un après-midi tranquille.
                    lors de la dégustation du Beaujolais nouveau 2012,
                    voici les monstres que j'ai rencontrés, qui se cachaient dans le buffet.


                      monst1.jpg

                      Je ne sais pas leur nom, ni d'où ils viennent.
                      De quelle planète, de quelle Galaxie?
                      Si ça se trouve, ils étaient depuis longtemps sur la terre avec nous?!

                      monst2.jpg

                      ce qui est formidable est qu'ils se tiennent tout seules.

                      monst3.jpg

                      Ils sont inspirés d'abord dans le dessin d'Etienne,
                      et ensuite réalisés par Liliane en feutre.

                      monst4.jpg

                      Ils ont l'air gentil n'est ce pas?

                      alors, comment s'est passée notre fête?
                      voici les nourritures et le vin!

                      beaujolais2.jpg

                      beaujolais3.jpg

                      Beaujolais Village 2012, belle couleur, son goût est agréable, j'ai trouvé plutôt bon.

                      Category : mon artiste
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                      該当の記事は見つかりませんでした。
                      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。