blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

exposition de soi, 5ème cours / 第5回授業 自己表象

今日は5回目の授業でした。
実はフランスは現在秋のバカンス中で、大学は授業はあるのですが働いている人はバカンスでビュローを閉めていたりします。お察しの通り、また管理人の方から鍵を受け取ることができませんでした。つまりは、授業のお部屋がない!
また階段授業の再来であるか、とすこしずつ一ヶ月前の記憶が蘇ってきます。
さいわいにも教員の物入れ等のあるお部屋の鍵は持っているので他のお部屋を臨時に使えましたが。
プロジェクターもないしインターネットも接続できないし、
準備した内容をやるのはちょっと厳しい。というレフレクションにいたり、
それでも世間のバカンス中にわざわざ足を運んだ60人の人たちの
移動にかかった労力と時間はそこにあるわけで。
とにかく即興の内容も含めてできるだけ面白いことやりましょうということにしました。


    ceinture.jpg

    私はハンドアウトをほとんど意地で(笑)くばらないのですが、
    そのかわりプロジェクションしたり、長いテクストを扱う場合だとどうにかみんなで見れるようにしています。
    今日はしたがって私の未だにプアーな外国語使用のみによって2時間半たのしくみんなで喋りたかったために
    提示したいことや内容のアイディアはたくさんあったのだが
    それを明瞭に伝えて問題提起の意図もうすうすわかってもらって、
    そこから各自面白い議論に持って行くっていうのは率直にけっこうギリギリでした。
    しかし関心の高い人がやはり教員の言葉のバリアーを彼ら自身でフォローして参加しているわけなので
    私の問題提起にもとづいて各自で書いてくれたレポートに基づいて話をして、
    私はそういうコミュニケーションは楽しいと思っているので
    こんな贅沢な時間の使い方ができることも貴重であるといえるでしょう。
    基本的に自己表象の授業であるためにネットでもリアルでも要するに自己表現していただくことになってるので
    こんなん書かせたり喋らせたりしてはいかんと思う必要がまったくないのがよいところである。
    それにしてもフランスの大学って出席が厳しいんですね。驚く出席率。
    ちなみに出席は取りたいからとってるのでないのだが、あとで人によって数字が必要なことがあるらしいので。
    おそろしい。学部から入っていたら一生卒業できなかったのではないかと思う。





    いつもどおりへろへろで帰ってきてその後約束していたのでluchiniの新しい映画をみて
    あらゆるズボンがふらふらして持ってたベルトもくたびれてしまったので
    ひさっっっっしぶりに纏うアイテム購入しました。
    といってもベルトだけを求めて競歩の速度で6件めぼしい店をハシゴしていっしゅんで気に入ったのを購入しただけなのですが。赤いベルト。これよりは素晴らしくない黒の細ベルトも手に入れました。
    これで、あまりにだらしない腰パンにならない。かもしれない。





    寒くなりましたー。
    今日はやはり未だにプアーな自分の外国語にダメージを受けたそのダメージが心に残ってます 笑
    そうだ、あたたかいお茶を飲もう!


    それではみなさま、このご報告はまた来週。
    à suivre!

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。