blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

よいお年を


    patch mr

    今年も残すところあと少しとなりました。
    日頃、フランスでも、日本でも、インターネット上でも、
    皆様大変お世話になりました。
    私がこのブログを始めたのは2011年の3月なのですが、
    第一稿目の記事は、3月11日の東北大震災の起こる一週間前、
    3月4日、その直前まで日本に帰っており、
    実家でご飯をたべた想い出を書いた記事でした。

    震災の様子はフランスメディアを通じて報道を聴き、
    どのような状況であるかはしかし遠く離れた日常においては分からず
    自分はどうしてここにいるのか、日々何をしているのかということが
    それまで以上に言葉で説明できなくなったのを覚えています。

    それから時間が経ち、私は依然として海外で生活しています。

    今年年末年始を実家で過ごすことにしました。
    楽しみにしていた一時帰国の休暇ですが、
    あっという間に時間は過ぎて行き、すぐにフランスに戻って働かなければなりません。
    ということを母に言ったら、「戻らなければいいじゃない」と言われました。
    このことは非常に有り難いことで、かけがえのないことのように思えます。
    つまり、私は日本語をはなし、それを用いて仕事をし、
    日本の社会でおそらく生きることができるという事実がひとつの有り難いことだということです。

    今はまだ、私はたくさんのやりかけのことがあり
    たくさんのやりたいこともあり、
    引き続き今いる場所で自分の出来ることを
    やっていきたいと思っています。

    今年はお世話になりました。
    ブログを読んでくださってる皆様ありがとうございます。
    勝手なことしか書いていませんがお読みいただいてることは嬉しく思ってます。

    それでは、皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

    2012年12月31日
    大久保美紀

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    exposition de soi, 11ème cours / 第11回授業 自己表象

    私は日頃から、つまらないルールやタスクリストを作り、
    それをチェックしながら遂行するのが嫌いじゃない。
    小学生のときからありもしないタスクリストをメモ用紙に作り、
    項目をクリアしていくことで得られる安直な満足感によって
    安直で刹那的なハッピーなきぶんによろこんでいた。
    決めごとはひとたび決めてしまえばそれがなされるのは当然のことで、
    むしろなされないときには不相応なディレンマを感じる。

    授業についてこのブログを通じて日記を付けていたのだが、
    気がついたら私は一時帰国しており、さらには12月31日になっている。
    この言い方は100%噓であり、12月14日以降二週間もの間書かずに逃げていたのだ!
    とか言ってみたりして。いいのですよ、こんなものは。いつか書けば。
    ですので今日書きます。ちなみにこの授業は年内でほぼ完結です。
    来年は、ベルリン在住のビデオアーティストの梶村昌代さんがいらっしゃり、
    Ensadで講演会をしていただくことになっているので、それが一回と、
    その次の週は補講ですが補講はする必要ないのですがせっかくなので
    みんなでKamikaze Girlsでも見ましょうかっていう提案をしたのです。
    あとままた来学期のお楽しみです。

      expo11 1

      さてさて、今回はラストなので盛りだくさんでありました。
      シラバス的には、本来なら、SNSを通じた活動を日記や自己露出的イメージのモダリティを考察しながらかんがえましょう。というのがひとつと、アバターやセカンドライフのコミュニティーにおける活動のようなヴァーチャルリアリティの持続的経験によって、私たちが生きて世界に関わるということがどのような行為になっていくのかをかんがえましょうというふたつのことが内容の中心でした。

      ソーシャルネットワークと自己を語るテクストやイメージについては、私が以前フランス語で書いた短いテキストがあり、それを2年くらいのラグを埋めながら自分でももう一度読み直してみると、その間に変わったことなども再認識するよい機会となりました。そんなことも時々はいいのですが、やはりもっともっとフランス語で書いていかないと仕方ないなと反省するきっかけにもなります。

      前回はコスチュームを異化することによる様々な表現についても話をしたので、そのつづきで何人かアーティストも紹介しました。その中でも澤田知子のセルフポートレートや、ピューピルの、自身の身体的変容を2年間に渡り記録した作品などは、わたしが問題として提起したい現代の自己表象の傾向に深く関わっているものです。もちろん、テクストが中心となるような作品では、ソフィ•カルのHitoires Vraiesなどはとても分かりやすいので、フランス人のアーティストとはいえ幾つかの作品をある文脈から解説することには意味があります。

      毎回参加してくれる多くの若い学生がアップしてくれるブログ記事は読むのが面白いのですが、同時にその内容をもちろん手放しにぜんぶいいと思っているわけではありません。コピペもいっぱいあるし、書かれているテクストのテクストとしてのレベルはぜんぜんダメです、これは正直に言う。ただ同時に、インターネットって言うのは、そういうもんです。本や雑誌とはちがうフレームであるのがインターネットだし、ブログです。だから、本や雑誌や、ひょっとしたら先生だけに提出するレポートみたいに、きちんとした文体で書かずとも私はまったく構いません。やってほしかったのは、ブログそのものだからです。
      そして、この内容は彼らの名前で記事を検索すれば誰でも見れてしまうのですが、それが嫌だとか恥ずかしいとかだからもっと気張ったことを書きたいとか、そんな感情とはまったく別に、彼らにさせようとしたのはそういう経験です。プライバシーとか権利とかそういったことにうるさい人なら、セルフポートレートをブログにアップさせるなんてクレイジーと言うかもしれませんが、それが世界だと思ってるので、やってみたい人が集まってくれればそれでいいかなと思う。その意味で、この半期はとても楽しかったです。

      expo11 2

      もう一つ決定的によかったのは、セオリーの授業であったために、喋るのは読みながらではないにせよ、したがって完成されたテクストを毎回大量に用意できたわけではないのですが、少なくとも不完全で断片的なものでも大量に書いたということが重要だったと思います。
      フランスに来てからフランス語をいったいどれだけフランス語を勉強するために勉強したかというのはほぼゼロに近いです。住み始めたばっかりの時、毎日あまりに発音が悪いのがストレスなので、数回発音の専門の先生のところでみっちり発音ばっかり矯正したくらいです。生活があるので、中学生や高校生が教科書を開いて英語を勉強するように、言葉を勉強するのに時間を割くことは私の今の生活では無理です。そんな中で、今回みたいに毎週追いかけられながら、ちっともまとまった形にならずともとにかく書く!書く!書く!みたいなことをしなければならない状況は、それだけで非常に有り難くかけがえのないミッションでした。このことには心から有り難く思っています。

      来期は実技なので何か作ったりするのですが、もしその次も授業できるのなら、もっとちゃんともうすこしちゃんと、まとめた形でとりわけアンティムな主題の周りにいる現代アーティストについてのことをたくさん喋りたいです。

      出欠の集計は済みました。
      実はこれをやってて先日新幹線の中で乗り物酔いをしたのでした。

      Category : journal
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      mochi picture



        mochi.jpg

        je suis rentrée chez mes parents hier nuit.
        ici, le monde est parfaitement blanc.
        cette année, on a annoncé 4 fois plus de neige que les années normales.
        aujourd'hui, je restais un peu tranquille à la maison.
        rangé ma valise, donnée les cadeaux aux parents, aux amis,
        en regardant la vue par fenêtre,
        finalement 2, 3 jours de congé du nouvel an...

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        Tokyo, Kabukicho Sight

        今回の滞在では、京都にちっともゆっくりいなかったため
        京都でオーケストラの友人達とお会いできなかった。
        いっぽうで、歌舞伎町デビューした。
        東京在住の元オーケストラの友人達が
        夜の歌舞伎町であつまりを企画してくれた。
        京都の夜の町だったらもっと若い時それこそ
        「それこそ!」というくらい消費者としてあるいは労働者としてそこにいたので
        知っているといえるのですがトウキョウイットでないのでここのことは知りません。


          kabukicho1.jpg

          眠らない街かー。というネオン。

          kabukicho2.jpg

          高層ビルもあるのかー。というまでもなくそればっかりですが。

          kabuki3.jpg

          歌舞伎町。まあ、札幌にもすすきのっていう素敵なカルティエがありますけどね!

          kabukicho4.jpg

          それはもうハートフルなことである。
          遅刻していってごめんなさい。
          私はこのオーケストラで4年間をすごし、そのうち3年間ホルンのトップ奏者をしました。
          今は年を取ったこともあり、フランスのオーケストラで
          ノーストレスでぱらぱらと無責任な感じで吹いていますが
          その時は道を歩くアリンコすら私のことを「へたぴー!」とののしっているのではないかと
          練習場の共振するシンバルすら私のことを「へんなおとー!」と嘲笑っているのではないかと
          疑心暗鬼になるくらい切羽詰まっていました 笑
          このことは狂ったことですが、しかし、
          それがあるからこそ今は
          家のサボテンにうるさがられても気にせずにホルンが吹けるのです。

          いまとなっては懐かしくてならない、
          人生において音楽的なことにもっとも時間を使った4年間を
          いっしょにすごした人たちである。
          来年も、これからもどうかよろしく。

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          the northern province...

          外界が寒い。しかし、北海道の家はやっぱり温かいようだ。
          朝起きたらしんしんと雪が降り続いていたが
          お昼近くになるとやんだようだ。
          今日は、年賀状を出すのだ。
          たいしたものでないですが、年賀状おくって欲しい人
          先着5名さまご連絡ください


            「到着地の新千歳空港、現在、気温は摂氏マイナス8℃との連絡が入っております。」

            chitose plain

            札幌駅まで快速エアポートで30分強である。
            が、南千歳辺り(ほとんど空港の近く)にて
            「ポイントの切替が出来ないとの連絡が入っており、ただいま係員が確認しております」
            というアナウンスが入り、とつぜん雪国の洗礼を受ける。

            sapporo maison

            今年は、例年の4倍くらい雪が多いんですって。
            4倍というのは、つまり1mが4mという話でありますよ。
            毎年雪かきを頑張る人々もあまりにすごいのでお手上げである。
            これが、2012年12月30日午前0時くらいの私の実家前の様子である。

            sapporo3012.jpg

            この人が、2012年12月30日午前12時半頃に
            寒がる私に冷蔵庫からビールを出し、自分はウイスキーのお湯割りを飲むという
            ハートフルなもてなしをする一年近くぶりに会う父親である。

            oden.jpg

            これは母が作ったおでんでありフキは母の好物である。
            こんな普通のご飯を写真に撮るんじゃないと、
            言われたけれども、
            普通のご飯ほどいとおしく綺麗ですよというものも
            滅多にもないように思われるので
            私はこのおでんはいいとおもう。

            Category : journal
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            Kyoto Geidai Cats

              皆様、すっかり年の瀬となってしまいました。
              19日に日本に着いたのですが、ぽわーっと関西、関東、北海道と移動しているあいだに、10日も経ってしまったようです!
              なんと、ぽわーっとしてる場合ではありません。
              あと10日経ったらまたフル稼働でパリに戻らなければならないではないですか。。。
              というわけで、つかの間の滞在の間、多くの方々に再会し、出会い、お世話になりながらいろんなところにいってきたので、夏休みの日記をまとめて一ヶ月分書くいきおいで、冬休みの日記の半分をまとめて書いていきます。

              京都市立芸大に行ってきました。猫に会いに。
              ではなくって、昨日終了した横浜都市ラボ集中講義「実存主義のアクチュアリティー」でも4日間大変お世話になった吉岡先生が担当されてる「現代メディア論」の授業にお邪魔して、私が前期やっていた授業についてちょこっと紹介させていただきました。
              日本の大学でこんなふうに喋ったのは初めてですそういえば。
              いつも長々2時間半でしゃべっているせいか、あるいはただ単に同じことを3回くらい言うので時間が食うのか、気がついたら時間が終わっており、実は、もちょっといろいろ見せたいものもあったのですが、まあ、ソフィカルについて喋り過ぎたというのは否めません。(と調子に乗ってみる)
              しかし一般的に、私はソフィカルについて喋り始めると、つい喋ります。
              同様の結果に陥りがちなのがアンリ•マティスと歌手のYUKIちゃんについてです。
              あるいは、金原ひとみのアミービックとか。

              そんなわけで、猫みましょう。ねこ。
              彼ら、人によくなれているのですが、写真も結構得意です。
              みてあげてください。それで、もしよかったら、会いに行ってあげてください。

              でも扉は開けっ放しにしないでください。

              kyogei0.jpg


              kyogei1.jpg


              kyogei2.jpg


              kyogei3.jpg


              kyogei4.jpg


              kyogei.jpg

              Category : friends
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              image à travers une autre vue

              ces photos sont prises par une copine du lycée.
              elle s'est intéressée à prendre des photos au bar,
              avec mon appareil sans trop savoir l'utiliser.

              j'ai trouvé certaines images véritablement chouettes.
              je pense que c'est parce que ces photos réalisent
              complètement différents points de vues,
              notamment angle, et cadre.

              j'ai choisi quelques unes que j'ai appréciés personnellement
              cette nuit au bar à Tokyo.

                261201.jpg


                261202.jpg


                261203.jpg


                261204.jpg


                261205.jpg

                Category : photo
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                exposition de soi, 10ème cours / 第10回授業 自己表象

                皆様、もうすっかり12月です。
                なんとなんと、12月7日金曜日、朝起きたら雪が積もっていました。
                心の底から喜んだあと、ふと、例の悪夢が蘇ってきます。
                ま、まさか、今日も鍵がないんじゃ。。。

                そう、お部屋の鍵を毎回もらいに行かなきゃならないのですが、
                まさかこの10センチに満たない雪のせいでパリ中が大混乱しているとかで
                係の人が来られないなどはよくよくありえます。
                ニュースを見てもたしかに大混乱しているようである。
                北海道育ちの私にとっては、雪が降ったからといって車に乗れないのは信じられないが、
                普通タイヤなら当たり前か。

                ここまでトラブルに慣れてくると、ありとあらゆる悪夢がおのずと再生されるので
                まだ早くて時間があったため、万が一ネットがない部屋に通されたときのために
                さらにはプロジェクションすらできない場合のために
                別バージョンの講義を無心に準備する。。。(この対応はこれまでの反省に基づいている)


                  night cat 2

                  さて、到着すると何事もなかったかのように鍵を受け取れる。
                  予想外のトラブルというのは、予想して対応を準備した時には起こらない、
                  というのが世界の基本的な流れである。

                  なにはともあれ、今回は自己表象と変装の授業である。
                  このクラスには数人のマジコスプレイヤーもいる。
                  日本人よりも日本人らしい格好のギャルズもいる。
                  教室での授業はあと一回を残すのみであるが、
                  最初っから最後まで登録生徒70人くらいのうち、
                  60人くらいは毎回授業に出て、
                  さらに面倒なのにブログに記事もアップし続けていることは、
                  ほんとうにエライと思うし、毎回たくさん喋りまくってもらい、
                  2時間半の一コマはいつも短く感じる。
                  でもさすがに2時間半喋ってると声でなくなります。
                  普段寡黙だから。えへ。

                  night cat 1

                  ちょっと今日は疲れていて、しかし日記はつけることが大事なので、
                  内容にあまりコミットしていませんがとにかく書いています。
                  次回はアートとして変装した人たちを続きとして紹介したあと
                  一回でやるのはあまりにツメツメですがSNS上の表現活動について
                  あまりにアクチュアリティーだけれども、
                  歴史的なことや社会間における比較を試みながらどうにかまとめようと思います。

                  いろいろな活動が今月は込み入っていて、
                  なかなか助けてくれている人たちのありがたみや心遣いに感謝しきれていないのだけど
                  寝不足もあって、とにかく、
                  つながっている回路をつなげておくことに集中しないと何か外れそうなので、
                  今週末のチャリティーコンサートが終わるまで、
                  本棚の整理をしたいとか、髪を切りたいとか、新しいアプリケーションを試さなきゃとか
                  あまり考えなくてもいいことにします。

                  すっごい寒いのですが、
                  どうか皆様もあたたかいかっこうでお出かけしてください。


                  Category : journal
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  chat noir



                    marbine 0812 blog

                    猫とわりと気が合う。
                    犬とはしょうじき気が合わない。

                    知り合う猫に黒猫率は高い。

                    この猫は強くもないのに喧嘩をしてよく怪我をしている。
                    しかし最近あまりに寒くて猫達の間でも戦いは延期にされているのか
                    珍しく怪我もしておらずキレイである。
                    耳がちょこっとちぎれてるがこんなものはドラえもんの過去に比べたらマシである。

                    今日の昼間は屋根の上を友達のアニマルと駆け回っていた。

                    この猫の過去は知らないのだが実は
                    お腹の皮がすごくゆるゆるなのである。
                    過去に飽食の時代があったのかもしれない。
                    ほんとうにゆるゆるなのである。

                    最近では抱き上げてもされるがままである。
                    情けないことだ、猫として。

                    通りに駐車している車までかなりの確率で迎えに来る。
                    危ないから、本気でそういうのはやめてほしい。

                    私達はここ2年以上の間でいまいちばん仲が良い。

                    Category : photo
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    はつゆきの跡 2012/ première neige restant...

                    le 7 décembre, le matin,
                    je me suis réveillée avant 6h.
                    dans le silence j'ai regardé dehors par la fenêtre.
                    il était tout blanc comme je rêvais...
                    comment j'étais heureuse de voir la neige.
                    à Issy les Moulineaux, il y avait un peu moins 10 cm de neige.

                      1neigne2012 1

                      1neigne2012 2

                      1neigne 2012 3

                      l'après-midi, il ne restait presque pas de neige.
                      les photos prises dans le jardin.
                      elles semblent un peu des peintures abstraites.
                      le lendemain, évidemment il n'y avait plus rien.

                      Category : photo
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                      該当の記事は見つかりませんでした。
                      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。