blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Souvenir of Biwako lakeside


    biwalake.jpg

    昨年末に、比良のギャラリーサラさんで個展をされていた、
    写真家の松田有加里さんのFantasiaにお邪魔した際、
    湖西線に乗り、近江舞子で降りました。
    (松田さんの展覧会については、salon de mimiに掲載しました)
    この日目にした琵琶湖と空の様子です。とても綺麗でした。

    私は今は車を運転しますが京都ではしていませんでしたので、
    しばしば知人が琵琶湖を一周したら気持ちがいい話などを
    右から左に適当にしか聞いていなかったのですが、確かに良さそうです。

    琵琶湖というのは、私にとっては和邇と浜大津です。
    両方音楽関係で通った場所です。

    和邇は、まだ滋賀県と京都府と琵琶湖の位置関係もわからなった
    大学1年生の夏から大学4年生でオーケストラをやめるまで
    京都大学交響楽団の全体合宿が和邇の合宿場で行われていたので
    オーケストラ全体で年2回、その他も併せて年に何回か行きました。
    私には珍しく、幾つかある敷地内の建物マップまで覚えています。
    ちなみに、今はさも琵琶湖の地理が明瞭に分かっているかのように上述しましたが
    依然としてぜんぜん分かっていません、やはり一周するしかありません。

    浜大津は、大津ユースオーケストラというオーケストラに所属していた時
    練習が浜大津でしたので通いました。
    私はこれまでオーケストラのオーディションを受けたことが3回ほどあり
    あたりまえですがすべてアマチュアのオーケストラですが、
    ここのオーケストラを受けたのが初めてのオーディション経験でした。
    よく覚えているのですが、チャイコフスキーの交響曲第4番の
    一楽章冒頭を思いっきり吹くという、今思えば、そうですかっていう物なのですが、
    前日から当日直前までゲルギエフの当時流行っていたCDを充満させて
    なんだか吹いたのですね。それで運みたいな話ですが良い経験が出来ました。

    2度目はソルボンヌのオーケストラを受けたときですが、
    この時もフランスに来たばかりだったのですがオケで楽器が吹きたくて
    お友達もいなくて一人でオーディションに行きました。
    つまり、ピアノ弾いてくれる人がいなかったってことなんですが。

    そうそう、琵琶湖の話でした。

    だから、私にとって琵琶湖は
    和邇と浜大津とオーケストラと残暑と早春で
    構成されていたのです。
    そして、この間から
    比良山とギャラリーサラさんと松田さんの展覧会。
    それからこんな雲の様子などはこれまでとはちがって見えました。




    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    black cats

    sealcat1.jpg

    黒猫のシールをいただいた。
    目がぎらっとするところまでよく出来ている。
    そろっと歩くポーズもキョトンとしている姿もなかなかいいと思った。

    今月から大学で一つだけ授業をさせてもらっている他に、
    とある施設で日本語の教師に採用された。
    初級のクラスを担当しているので日本語をペラペラ話す人はいない。
    むしろフランスに生活していてその時だけ日本語を話すというのが
    どちらかというと違和感があるが、
    母国語を教えるというのはそういったちょっと違和感のあることでもある。

    どのように文章を読むのかとかどのように意味を掴むかを
    日本語という言語を介して教えるというのではなく、
    日本語を外国語として扱うという経験そのものはなかなか面白いものである。

    日々生活する中で、例えば私であれば現代の自己表象などについて考えたり書いたりしているけれど
    そのことと、生活を成り立たせるために行っていることが乖離して見えることがないわけではない。
    しかしそもそも、生活それ自体が本質的には多様性に満ちたものである。
    その内実に、一貫性や集合としての意味を求めることがそもそも悪しき妄想ですらある。

    黒猫のシールは私に子どもの時にシール収集していたことを思い出させた。
    貼ってはがせる紙をバインドした専用ノートに、列に並べて大きさをそろえて、
    集めたシールを貼っていくのである。
    時々は大切にし過ぎて、貼ってはがせる紙と言えど、はがれにくくなる。
    あの、ハッキリ言って無駄な営為、もともと台紙に綺麗に並んでいるシールを
    はがして貼り直していくという、超無駄な営為に傾ける労力と時間。

    それでも、そのことによって何となく嬉しくなれるという、
    そういうハッピーな瞬間をじわっと感じさせてくれるもの。
    たとえば黒猫のポーズや目のぎらっとしたのを観て楽しくなるようなこと。

    そういうのは、ただそれだけでなんだか良く、
    黒猫のシールはそれゆえにありがたいと思う。


    sealcat2.jpg




      Category : journal
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      cheminée sur une journée gelée

      Une cheminée n'existe pas dans ma culture,
      mais c'est une chose adorable.
      d'ailleurs, qu'existe-il dans ma propre culture comme outil qui chauffe la maison ?
      "IRORI" n'existait que dans le temps.
      "KOTATSU" chauffe notre corps, mais personnellement je ne l'avais jamais dans ma vie.
      "Cheminée" est réservée peut-être dans certaine maison vraiment occidentalisée !
      bref, ce n'est que une chauffage électrique, pas plus ni moins.

      J'ai donc découvert la charme d'une chauffage en France, sa puissance, son efficacité.
      J'ai compris aussi qui est le Père Noël et comment il réussira à entrer discrètement à la maison. (Pour imaginer l'histoire du Père Noël, franchement il y a des limites car la maison japonaise ne possède rarement une cheminée.

      Alors, mieux vaut voir une fois qu'entendre cent fois de ma description.
      Voici c'est un bonheur sur la journée gelée !


        chemine1.jpg

        chemine2.jpg

        chemine3.jpg

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        unusualness

        It's snowing in Paris.
        The white winter was absolutely normal for me as I grew up in Sapporo where the snow cover lasts for 4 months or more. Here, the case is different. People have no habit to keep normal daily life in the snow.Vehicle tires don't resist frozen roads, people can't run on the ice, however they keep staying at home in front of the TV or with their favorite music... maybe.

        Yesterday night, I went out for promenade in the white scenery.
        I met a snowman and strange silhouette, and the noises of train running on the rail near my house.

        neige20 3

        neige20 2

        neige20 4

        neige20 1

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          still snowing

          a black cat left traces on the snow,
          he came as usual to order to eat something.
          after eating, he returned to the house right now.
          he must feel his feet freezed...

          the next day, he came also to ask me something to eat.
          he looked at me, into my eyes.

          I love cats, through my life, I've had always some cats
          that are friendly enough to feel sympathies each other (strangely!)

          anyway a cat is an animal living in its territory.
          he dislikes to move and changes the environment.
          me, I moved and move.
          curiously whenever I arrive somewhere,
          a cat has never rejected me,
          as a stranger,

            snow garden

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            snowing

            since yesterday,
            the weather forecast has predicted the snow
            that will cover slightly the ground.
            yesterday night, on driving in the snow,
            I've imagined the world covered with white
            as a morning sight that will remind me of my hometown.
            however, this morning it was a bit warm and there was no snow.
            I was really disappointed.

            when I arrived at the station, it started snowing,
            snow in the "small, hard ball like form.
            I know this kind of snow (very hard and small) stays longtime on the ground.
            and I hear snowing sound in my room.
            I guess tomorrow morning we'll find ourself in the white scene.

              snow2013 1


              snow2013 2

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              le ciel du jour de retour

              私は新幹線よりも数十倍の回数飛行機に乗ってます。
              電車も大好きだけど新幹線は格好良過ぎて卒倒しそうになるのですが、
              数えるほどしか乗ったことがない。
              飛行機は仕方ないので遠くに行くときは乗ります。
              北海道に行くときも乗る。だって、フェリーとか大変だし。

              飛行機に乗るときは窓側に乗ります。
              長時間フライトで窓側でほかの席が詰まっているとトイレに行くのとか大変です。
              それでも窓側に乗ります。最近では窓を閉めるように言われたりして驚きます。

              空が見える方がいいのに。

              北海道から乗るときも日本を去るのに乗るときもあるいはその逆も、
              いつも色々な感情を抱えて窓の外を眺めているために、
              景色や色や世界はその色々な感情のせいで脚色されて見えているのではないかと思い、
              だからいつも写真を撮ってあとからそれらなしに眺めたらどうなるのかと試してみるのですが
              それらの写真をじっと見ていると、
              けっきょくしつこくその時の思っていたこと等が思い出されて
              つまりそう考えるならば、
              写真に撮った空はそこにあった空じゃなくて
              写真に撮ったときにすでに私の色々な感情等に塗り替えられていて
              だからけっきょくそういうふうに見えてしまうのか
              あるいは
              写真はただの写真であるけれども人間の頭がしつこいために
              それを見るとその時思っていたことを思い出してしまう仕組みになっているのかどうなのか
              わからないけれどもとにかく。

              私はいつも窓際に乗る。トイレに相当行きづらくても。
              夜と朝と朝と夜がつながっているということがとてもよくわかるきがするので。

              cielretour2.jpg

              cielretour3.jpg

              cielretour4.jpg

              cielretour5.jpg

              cielretour6.jpg

              cielretour1.jpg

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              visiting my friend in Hakodate

              15のときに知り合って以来、お互いに全然違うフィールドを歩きながらも時折会って近況を語り合うのを楽しみに思える仲であるひとりの友が昨年末に結婚式をあげた。
              私は3、4年前から海外におり、友人知人の結婚式やパーティーをことごとく行きそびれている。文字通り、ことごとくである。
              そんな私に彼女が一世一代の白無垢姿を見せたいと言ってくださったために(そして旦那さまを紹介してくれるとのことで函館まで招待してくれたために)、私は雪降る北海道の2013年の年明け、人生で初めての丘珠空港からの36人乗りのプロペラ機に乗って、あまりに飛んでる感が強烈なためにちょっとだけ泣きそうになってしまったのである。
              ちなみに普段、私は高いところが大好きだし、高いところから落ちるのも割りと好きだが、所詮そんなものは、落ちてもだいじょうぶというアトラクションの安全性への信頼に基づく薄っぺらな度胸であるために、このプロペラ機が与えてくれる空飛んでる感はものすごく新鮮に感じられたのである。

              彼女は空港まで迎えにきてくれて、そのあと谷地頭温泉に行き朝風呂、雪の中の露天風呂では髪の毛が凍るが気持ちよ過ぎてのぼせるまで出られないという危険な魅惑を久しぶりに体験しなおす。その温泉に向かう途中の道で久しぶりに海を間近で見る。雪の中を走って行く私を彼女は微笑ましく車の中で見守っていたが、今年はパリでも殆ど雪が降らないために、真っ白の冬を見ると嬉しくなるのを抑えられないのだ。

              谷地頭温泉のすぐ近くの山の麓の道路には、エゾヒキガエルに注意せよという標識が。

              彼女の働く病院の近くのご飯屋さんで、お昼から日本のお酒を頂く。そしておせちっぽいものを食す。その後彼女のお家にお邪魔して、数百枚の白無垢&ドレス姿の彼女を見る。彼女が楽しそうなのはとてもいい。飛行機が朝、欠航の恐れにも関わらずどうにか飛んで、函館に辿り着き、無事に彼女達に会えたということがあたりまえではなくてとてもかけがえのないことに感じられた。いつでも会える、なぞと思っていたらしばらく会わないこともあるし会えなくなることすらある、ということが時々頭の中に響いてくるからだ。

              このお話にはオチがついていて、帰りの便はやや予想の範疇通り欠航になった。私は大好きな電車に乗り、しかもこの機会でもないとあまり乗らないスーパー北斗の窓際に猛吹雪の東室蘭や苫小牧を眺めながら札幌まで帰ってきた。私は電車が大好きなのだ。最近エクスプレスに乗ると酔うようになってしまって残念なのだが、それでもとっても好きだ。

              この次の日、私は札幌を去り、関西に戻った。弟は仕事だったので朝見送り、両親が見送ってくれた。たいていの場合、次に日本での用事が決まっていたりして次いつ帰ってくるの、という質問には安易に答えるのだが、このたびはノープランである。今まである程度の自由人であったために融通がきいたものだが、その要素はちょっとずつ減っていく。戻ってきた新年のパリは一週間以上まったく太陽が姿を見せない日が続いているらしい。そういえば7日に戻って以来一度も晴れていない。それでも、いつかは晴れるのだろうし、だいじょうぶなのだと思う。

              あの空と海が綺麗な日に初めての函館に私を呼んでくれてどうもありがとう。
              なによりもおめでとう、楽しく元気に生活してください。 Miki


                hakodate.jpg


                hakodate0.jpg


                hakodate1.jpg


                hakodate2.jpg


                hakodate3.jpg


                hakodate4.jpg


                hakodate5.jpg


                hakodate6.jpg

                Category : friends
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                exposition de soi, 12ème cours ? / 第12回授業 自己表象 ?

                2013年1月11日。
                ついこの間、日本でしかも久しぶりに実家で年を越したと思ったら、
                既にいろんな物事が始まって新しい仕事も幾つか始まっている!
                それはそうと昨年の10月からの前期の授業も昨日で終わり。
                実は昨日は補講の週だったので別にやらんくてもよかったのですが、
                私も初めてさんということでそこに3ヶ月も休まず聞きにきてくれた学生さんたちが
                あまりにも愛おしく思ったために
                ちょっとおやつやご飯を作って持って行き、
                DVDの上演会をするというハートフルな金曜の午前を。
                補講週だし研修等もあるなか来れる学生がいつもどおりやってきて
                みんなで喋ったり映画を見たりする。色々なドメンヌの人がいて、たしかにパリ8はミックス度が高い。


                そういったことで、後期は理論じゃなく制作の授業します。
                ふくらむたくらみはまだ秘密です。
                もしその次もポストがあるなら今回超走り走りになった、
                アートの領域におけるアマチュアリスティックな手法を使う表現者やその作品についてもっと突っ込みたい。


                プリクラは意外と劣化が少なくて、まだ誰が写っているか分かるくらい色も残っています。
                15年以上も前のものなのに、ジャパンクオリティーすごい。


                わたし
                一枚目には5枚写ってます。
                二枚目には3枚写ってます。


                けっこう鮮明なので当時の札幌のおともだちのお顔も分かるのですが
                勝手に載せてものすごく怒られたりしたら隠します 笑 
                ものすごく「あかんやろ」と怒った人はご連絡くだされば隠すヨ。へへ。

                  printclub1.jpg


                  printclub2.jpg

                  Category : journal
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  Annonce : Conférence de Masayo Kajimura

                  Conférence De Masayo Kajimura, Le 9 Janvier 2013 À Paris
                  Mercredi 9 janvier 2013 à 18h30, amphi Rodin
                  École nationale supérieure des Arts Décoratifs, 31, rue d’Ulm, 75005 Paris

                  Masayo Kajimura : “Folding stories into water”

                  Masayo Kajimura est une artiste japonaise et allemande qui se consacre notamment à la vidéo, née à Berlin en 1976, qui vit et travaille à Berlin. Elle réalise des films expérimentaux, des installations vidéos et des projets collaboratifs dans les domaines de la danse et de la musique. Ses compositions poétiques d’images rapprochent des nivaux de réalité ordinairement séparés. Des fragments de récit, des scènes et des souvenirs sont tissés en un mouvement à la fois temporel et spatial. Le déplacement de l’eau est un thème constant de son travail et la tactilité de ses images révèle un imaginaire qui replace la réalité dans un continuum plus vaste.

                  Depuis 2010, elle travaille au projet Aqua Ephemera qui traite l’eau sous diverses apparences, à partir de sa faculté de déplacement. En 2012, avec Maiko Date, chorégraphe et danseuse, elle a entrepris le projet de vidéo-danse Between Islands qui développe l’histoire d’un voyage sur l’océan, suivant des modèles de déplacement qui intègrent leurs propres expériences de la migration. Dans cette conférence, Masayo Kajimura présente ses œuvres dans le contexte des événements récents au Japon, à propos de l’eau et de sa condition de membre de la « diaspora » qui a développé une relation spécifique à l’idée de traditions culturelles et de sa réinterprétation.

                  Présentation par Miki Okubo, chercheuse à EnsadLab et chargée de cours en Arts plastiques à l’Université Paris 8


                  masayo kajimura 2

                  Masayo Kajimura (born1976 in Berlin/Germany) is a Japanese-German video artist who lives and works in Berlin. Masayo Kajimura makes experimental films, videoinstallations, and collaborative projects with dance and music. Her poetic and associative composition of video images has been described as folding layers of reality, bringing distant elements together. Fragments of stories, scenes, and memories are woven into a temporal and spatial movement. The migration of water is a continuous theme in her work, and the tactility of her images evokes an imagination that positions reality in a greater continuum.

                  Since 2010 she has been working on the ongoing project “AQUA EPHEMERA”, that deals with water in its different forms of appearance and its migrating quality. In 2012 she started the video dance project “between islands” with choreographer and dancer Maiko Date, where the two artists have been developing the story of an ocean journey along movement patterns, integrating their own experiences of migration. In this lecture, Masayo Kajimura will present her works against the backdrop of the current events in Japan, relating to the element of water, and positioning herself as a diasporic person, who has developed a specific relation to the idea of cultural traditions and its re-imagination.

                  Category : conference
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                  該当の記事は見つかりませんでした。
                  上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。