blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Broadway

Broadway ...


    brw 1

    そもそもアメリカという国にはながーい人生においていつかは訪れる機会があるやもしれないがそれはいったいいつのことになるのか、まったく知らないというか、まったくじぶんからそのためになんのアクセスもしてこなかったのが実情である。したがって、とうちゃくしてしばらく時間が経つまで、Broadwayがここにあるということすら、すっかり忘れていた。ここにあるどころか、アメリカはそう、ひろいのだから、こうやってぴったりニューヨークにきて、しかもてくてく歩いてBroadwayに辿り着くくらいに接近しているということは、○○とおなじくらいすごいことなのである、に相当するたとえを考えようとしたけどうまいことがいっこうに思いつかないくらい厳しく、すごいことなのである。

    brw 2

    そういうことですので、わたしはいたく感激したのである。
    忘れてるくらいだからいったい重要なのかと突っ込まれそうであるけれども、
    すっかり忘れるくらい遠いパレスみたいな存在だった、ようなことなのである。
    Broadwayがどうしたのかというと、話してもそうは長くならないので話す。
    そのむかし、わたしはとても現実的な将来の計画などを持っている子どもだったのだが
    つまり、あんまり叶えるのがめんどくさそうな目標など持つのは徒労だとおもっていたのである。
    だがある日、ミュージカルにはまった。ミュージカルと言うよりも、
    演じることとか表現すること、身体を使って、自分を媒体とか道具とか過程にして、
    そういうのはひょっとしたら面白いんじゃないかと初めてその時思ったのである。

    brw 3

    たぶんそのとき初めて、文章を書くこと意外でなにかを表現できるということをリアルに感じた。
    それまでわたしにとっての表現は、書くことだけだったのだが、自分の表面みたいなものを使っても何か出来るのかということを、ミュージカルにひたすらハマってる間にいろいろ考えた経験が、後になって思ったことだがけっこう大切なできごとだった。
    昔話はそれだけである。
    こどもだったので、それ以上、Broadwayがどうだとかミュージカルの様々な情報以外に知らなかったけれど、なんとなく、ものすごく遠いし、一生赴かないかもしれないけれど、わたしにそれまで知らんかったちょっと魅力的なものを教えてくれた、という点で大事に思っているのである。

    brw 4

    したがって、Broadwayを歩いたのはよかったし、
    連れて行ってくれたことは有り難かった。
    楽しかったし、想い出を共有したようなことが、なんだかよかった。

    brw 5

    ときどき、たしかにものすごく頑張って何かをなしとげるようなことはあるけれど、そしてそれはそれで自分よくやった!と思うようなことではあるのだろうけれど、そうでもなしに勝手にやってくるようなことが人生の中にはあり、そういったものはむしろ、とても頑張って目を凝らしたものよりも比べ物にならないほど勝手に、わたしの中や回りに住みつくものであることが多い。わたしは物を忘れるのをいつも恐れているけど、そういうふうに見たものはふしぎと、消し方がわからないというふうにありつづける。

    スポンサーサイト
    Category : visite
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    black and white


      wb3.jpg

      わたしは物をたくさんもっているほうではないと思う。
      もっているほうではないと思う、なんて言う言い方は意味がない。
      そんなことを相対的に語ってもどうにもならないからである。
      ただたんに、わたしがいま自分自身が
      持ちきれるより物をもっているということが問題である。

      wb0.jpg

      たとえば洋服はそんなに頻繁に買わないし、
      必要な服はもっている。
      さらにはパンツにジャケットみたいな格好ばっかりしているので
      ほんとうに使っているものはすくない。

      wb2.jpg

      引っ越したり移動する度に壊れるのは心が痛いので
      割れ物の類いもぜったい持っていない。
      こちらに来るときに持ってきた祖母がくれたオルゴールなど
      いくつか壊れやすいものはあるがそれくらいである。

      bw 5

      余裕をこくほど治安がよいとも言えないので必要ないので宝石的な
      いろいろ気を遣わなければならないほど高価なアクセサリーも持ってない。
      というよりも、持っているものはすべてだいたい指やら耳にぶらさがっているといってよい。
      とりわけ耳に至ってはたくさんつけられるので降り番がすくなくてすむ。

      wb1.jpg

      問題は本である。
      本はどうにもならない。本は欲しい。
      あるいは、いらないのもある。なんとなく手に入れた本で本当にどうでもいいのがある。
      ほうっておけばいいのかもしれないが、どうしてもいまいましくなって
      どうすれば最もすばらしくそれらをやっつけられるか考えたりした。
      そしてここにあってもいい本を整理した。
      途中からすべているようなすべていらないような気がしてくる。
      高さの違いやページを覚えておくために挟めた紙が飛び出しているのなんかが気になり始める。
      こうなるとこれ以上つづけてもだめである。

      わたしは物事を長期的に記憶しないので、
      これらがいないと一生何も思い出さないのではないかという気さえたまにするが
      それでもなにか一貫したものを書くような時、
      それだけがほんとうによくわかっていたことなのだとおもう。
      がんばってわかったのではなくてかってにわかっていたというか。

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
      該当の記事は見つかりませんでした。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。