blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

l'école de grenouilles

l'école de grenouilles
カエルのがっこう

toutes les vies sont mignonnes.
おたまじゃくしもそのほかの生命もいい。

    otj1.jpg

    otj0.jpg

    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 1 comments  0 trackback

    停止/ stop

    綺麗な森とか素晴らしい庭と呼ばれているものは
    にんげんが何も怖がらなくていいように
    にんげんに何も手出しできないように
    縛り付けられた木のことや
    にこにこするようにだけ教えられた花のことだ。

    あるとき森に年をとった木があり
    すべての森はその木のことを知っていたのに
    すべての森はその木がそこにいてほしかったのに
    あるとき大きく世界がきしむ音がして
    その木はそこからいなくなってしまったその瞬間から
    すべての森はことばをうしなってしまった。


      kkb0.jpg

      kkb1.jpg

      kkb2.jpg

      kkb3.jpg

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      déjeuner d'un dimanche

      le déjeuner d'un dimanche
      magnifique et délicieux.
      le chat nous regardait...


        djd0.jpg

        djd1.jpg

        djd2.jpg

        djd3.jpg

        djd4.jpg

        ある日曜のおひるは仲良し家族にお呼ばれした。
        お嬢さんとお父さんの料理好きがすごい。
        もうすこしでお魚も漁に行きそうなほど手作り。

        Category : friends
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        la vie du monde

        gab1.jpg

        世界の命のことなど。
        緑色が非常に美しい日などは、
        われわれはどうして緑色の波長を吸収せずに
        緑色で在ることができる
        生き物ではないのだろうと
        うらやましく思うものではないか。

        ぶかっこうな肉体ではなく大きな幹を
        頼りない肌ではなく硬く何層にもなった表面を
        血管ではなく道管と師管を
        ミクロな肺胞ではなくて美しい緑の葉を

        目が覚めたら木の妖精が歌を歌い
        子どもたちを小さくしなやかな苗木に変えていきました。
        時が経ちやがて木になった子どもたちは大きくなり
        ある日、妖精のことは夢であったととつぜん疑います。
        妖精は悲しくなって子どもたちを夢から追放してしまいました。
        木でなくなった子どもたちは、
        木であったことはやはり良かったと思うのですが
        夢から追放された子どもたちは眠っても眠っても、
        もうほんのいちども、木の妖精を見ませんでした。

        gab2.jpg

        Category : mes plantes
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        un bon vin blanc

        djs1.jpg

        わたしはお酒が好きなのですが
        それは、わたしがゼロ•コーラが好きというのとは少し違う。
        あるいはまた、サボテンが好きというのとも違う。
        歯磨きが好きというのともやはり違う。

        お酒を飲まなかったら生活はどうなるだろう。
        たぶん、飲んでも飲まなくても大きくは変わらない。
        食生活も、仕事の能率も、人間関係も、変わらない。
        わたしはお酒を必要としているわけではない。

        よい白ワインを見つけるのは難しくない。
        「よい」というのは主観的においしいという意味だ。
        わたしは赤ワインのことは全く知らない。
        しかしあるとき、ふとすべてを知るようになるのかもしれない。

        好きであることと必要であることは、
        じつは関係がない。

          Category : journal
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          Conférence De Hiroshi YOSHIOKA / 吉岡洋 講演会 @Ensad, Paris

          Conférence De Hiroshi YOSHIOKA / 吉岡洋 講演会 @Ensad, Paris

          Conférence (en anglais) par Hiroshi YOSHIOKA

          EnsadLab/EMeRI, en coopération avec l’Université Paris 8 — Cycle « Le Japon des nouveaux médias »
          Mercredi 29 mai 2013, 18h30, amphi Rodin, EnsAD, 31 rue d’Ulm, Paris 5e (site d’Ensad, map ici)
          *Entrée libre, sans réservation! Vous êtes tous les bienvenus !!!


          2013年5月29日、パリのエンサッド(Ensad)において、エンサッド•パリ第8大学主催、ジャン=ルイ•ボワシエの紹介による吉岡洋講演会を行います。入場自由、18時30分開始、是非お越し下さい。講演は英語、ディスカッションは英語、フランス語、日本語(など)可です。ご質問などございましたらこのブログを通じてご連絡ください。

          pubconfe.jpg

          When Interaction Reaches the Critical Point
          The development of media technology normally parallels with the sophistication of the artificial world. In my thought, however, the most potentially significant impact of media technology on our worldview is that it radically refreshes our understanding of “nature,” by blurring a conventional borderline which seems to have been sharply drawn between the natural and the artificial. The use of the computer in the science of complex systems, for example, does not aim at creating the exact simulation of a natural phenomenon, but it means to lead us to a deeper understanding of nature by revealing limitations of the numerical simulation. The important thing is not to overcome limitations but to focus on an interaction between nature and our intelligence. This is also the case with artistic attempts employing media technology. What we usually call “interactivity” actually means an accelerated (or “real-time”) chain of actions and reactions, which specifically cannot be distinguished from traditional understanding of “(re)action.” How, then, can we describe what we should call truly “interactive,” a framework to understand a human activity merged with media technology? In my presentation, I will try to describe such a conceptual framework in the context of contemporary Japanese society and culture after the Great Tohoku Earthquake and the Fukushima Nuclear Disaster.


          Quand l’interaction atteint un point critique
          Le développement de la technologie des médias est vu comme parallèle à la sophistication du monde artificiel. Selon moi, cependant, l’impact potentiellement le plus significatif de la technologie des médias sur notre vision du monde est qu’il renouvelle radicalement notre compréhension de la notion de « nature » en brouillant la limite conventionnelle qui semble nettement tracée entre naturel et artificiel. L’usage de l’ordinateur, notamment dans les sciences des systèmes complexes, ne vise pas à créer la simulation exacte des phénomènes naturels, mais nous conduit à une compréhension plus profonde de la nature en révélant des limites de la simulation numérique. La chose importante n’est pas de surmonter ces limitations mais de se concentrer sur une interaction entre la nature et notre intelligence. C’est aussi le cas des tentatives artistiques qui emploient les technologies des médias. Ce que l’on nomme ordinairement « interactivité » signifie une chaîne accélérée (ou « en temps réel ») d’actions et de réactions, qui ne peut pas être spécifiquement distinguée de la compréhension traditionnelle d’une (ré)action. Comment, dans ces conditions, décrire ce que nous pourrions véritablement nommer « interactif » ? Un cadre pour comprendre les activités humaines confondues avec la technologie des médias ? Il s’agit alors de tenter de décrire un tel cadre conceptuel dans le contexte contemporain de la société et de la culture japonaises, après le grand séisme du Tôhoku et le désastre nucléaire de Fukushima.

          pastedGraphic.jpg

          Hiroshi Yoshioka
          Born in Kyoto in 1956. Professor of Aesthetics and Art Theory at the Graduate School of Letters, Kyoto University. He is the president of Japanese Association of Semiotic Studies. His books(Japanese) include The Present Tense of Thought: Complex Systems, Cyberspace, and Affordance Theory, Kodansha, 1997 and Information and Life: The Brain, Computers, and the Universe, with Hisashi Muroi, Shinyosha, 1993. As well as being involved in the planning of exhibitions, such as Kyoto Biennale 2003 and Ogaki Biennale 2006, he has served as ICOMAG (The International Convention on Manga, Animation, Game and Media Art) Chair for three consecutive years.

          Hiroshi Yoshioka
          Né à Kyoto en 1956. Professeur d’esthétique et de théorie de l’art à l’École doctorale de la Faculté des lettres de l’Université de Kyoto. Il est président de l’Association japonaise d’Études sémiotiques. Ses ouvrages (en japonais) incluent : Le Temps présent de la pensée : Système complexe, cyberespace, et affordance, Kodansha, 1997 et L’Information et la vie : Cerveau, computers et univers avec Hisashi Muroi, Shinyosha, 1993. Il s’est occupé de divers projets d’expositions, comme la Biennale de Kyoto en 2003 et la Biennale d’Ogaki en 2006. Il a présidé trois années consécutives l’ICOMAG (Convention Internationale des mangas, animations, jeux et arts des médias) à Tokyo.

            Category : conference
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            bleu

            bleu.jpg


              猫のほうがよっぽど丁寧に身繕いしていると
              つくづくおもう。
              マルビンは昨日も一昨日も
              埃っぽいまちを歩いたせいで
              しろくよごれてしまった毛並みを
              しっかり舐めてはぴしっと同じ方向に
              そろえては舐め、きがすむまで繰り返していた。

              わたしは、マットレスが柔らかいと腰が痛くなる。
              そろそろ腰だけではすまなくなってきたので
              フワフワのマットレスはあかんということである。

              長い時間すわって文章を書いたりしていると
              ぎっくり腰にもなる。
              ぎっくり腰、とはすばらしい名前だと思う。
              猫のからだはするりとしていて、
              ジャンプしても丸くなって眠っても
              痛くなるところはないように見える。

              わたしはマニキュアやペディキュアを
              持ってはいるのだが手入れしたり塗り替えるのが大変なので
              このまえずーっと緑色だったのが
              いまやっと青色になった。

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              diner musique

              おんがくてきな夜ご飯に招待していただいた。
              オーケストラのお友達。木管楽器とチェロのひとたち。
              そのファミリーやさらにそのお友達のかたがた。
              おんがくてきな夜ご飯はかわいいおなごがキッチンで準備中なのを
              隠し撮り。だいじょうぶ。ぜったいに気がついていない。

              ヘビメタルは反論が多くて一分以内に却下。

              スターウオーズはフランス語吹き替え•オノマトペ付きで。

              ハリーポッターとジブリ?

              いや、それだけじゃなくてちゃんとフランスのバラエティーとか
              クラッシックとかギリシャの復活祭のためのミサ曲とか君が代とか
              ガスパッチョ、グリーンアスパラのパスタ、ベリーのデザート
              ビール、リカー、赤、白、ジュース、カフェ。

              彼らはお家にお友達を呼ぶのがだいすき。
              分からなくもありません、わたしも京都に住んでいた時
              狭かったけれどもオーケストラのお友達がたくさん集まって
              20、30人集まったりしたこともあったな。と、
              懐かしく思うのでした。


                05040.jpg

                05051.jpg

                05052.jpg

                05053.jpg

                05054.jpg

                05055.jpg

                Category : photo
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                ほうほう


                  KNM.jpg

                  髪の毛は伸びます。
                  つめものびるし眉毛も伸びる。
                  髪の毛というのはこだわったら大変にこだわりがいのあるものなのでしょうが
                  こだわらなくてもほうほうと伸びてどうにかなるものでございます。
                  わたしは美容院が嫌いなので美容院に行きません。
                  美容院にいくというのは実は1回きりの行為ではありません。
                  たとえばピアノの練習を三日サボると大変よ、というのと同じで、
                  美容院に行かずにもし自分で髪の毛を切ったり染めたりしてしまうと
                  その次に行くと「なんて切り方しとんねん」「なんちゅう染め方やねん」
                  とおこられる。わたくしは根性がないので
                  たいして必要のないことでおこられると疲れてしまいますので
                  美容院に行くという人生から脱落してしまいました。

                  さくじつは数ヶ月ぶりにスカートをはきました。
                  スカートは何着も持っているのにずっと履く気がおこらなかったので
                  もうずっと履くことはないのかもしれないな、だとしたら
                  ここにあるものをいったいどうしよう。と時々思っていたのですが
                  昨日お天気もよくて修理に出していた靴も戻ってきて
                  なんだろう。これを履こうと思って紺色の
                  さらりんとした生地のスカートを履きました。

                  SKM.jpg

                  Category : photo
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  おじいちゃん

                  おじいちゃんとおばあちゃんは、恵庭に住んでいます。
                  恵庭というのは、新千歳空港から札幌駅に向かうときに
                  JRの快速エアポートというのがありますが、あれでとおる駅です。
                  恵庭は札幌よりも雪が少なく、札幌よりもずっと寒いです。
                  めぐみのにわというのはけっこう美しい名前です。
                  (えにわ、とよみますが。)

                  おじいちゃんはブラザーミシンで働いていたので、
                  ミシンのプロです。裁縫も出来ます。
                  おばあちゃんはパッチワークも編み物もビーズもできます。
                  母もこれらのことは全部できます。

                  おじいちゃんの運転は速くてちまたでは有名でした。
                  みなが驚き畏れたものでございます。
                  わたしは安全運転で有名になろうとしていますが
                  でも現在はむしろ縦列駐車で有名になりそうです。

                  おじいちゃんは料理もするのですが、イズシって知ってます?
                  イズシは鮭とか鰊とかを野菜といっしょに漬けるのですが、
                  これは私にとってはなかなか北海道らしい。

                  この写真は母が撮影してくれました。


                    grandpablog.jpg

                    Category : photo
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                    該当の記事は見つかりませんでした。
                    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。