blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Castle and Congress


    resize_DSC05528.jpg

    7月24日の朝。晴れ。毎日晴れてる。
    壁の色も花もいい。

    resize_DSC05536.jpg

    午後からパネルセッションですが午前中は歩く!
    ひとりで散歩に。お城におのぼりしようと思って。

    resize_DSC05544.jpg

    どどーん。お城りっぱ。チケットオフィスをのぞくとちょこっと人が。
    こんくらいならヨユウやろうととりあえず並ぶ。
    実は普段は美術館にいらっしゃるダヴィンチの「しろてんを抱く女」が
    現在美術館修復工事中のため、お城の一室にいらっしゃるそうな。
    話せば長くなるのですがわたしはこの絵を見ないとあかんかったのです。

    resize_DSC05547.jpg

    ちなみに、この日も非常に暑くて33℃とかもっととか。
    日陰に並べたのはつかの間の事、暑くて溶けるかと思いました。
    たった30人くらいの列がなぜか一向に進まないまま待つ事一時間弱。

    resize_DSC05556.jpg

    隠し扉のようなところをするするチケットを見せながらパスして行くと、
    あの方が!!!!!!!
    あ、もちろん写真はダメですよ、でもその距離まさに一メートル。
    お部屋はガランガラン。見放題でござった。

    resize_DSC05562.jpg

    お城は晴れていると色がきれいです。
    ポストカードを3枚も購入し、ご満悦です。

    resize_DSC05568.jpg

    家族連れが多くて子どもが楽しそうでした。
    わたくし、この後行きも帰りも寄り道しまくり、別の教会に寄ったりして、
    歩き惚けた結果その午後の眠かった事といったらありません。

    resize_DSC05572.jpg

    午後のパネルセッションは、踊り手の岩田美保さんのパフォーマンスで始まります。
    Applied Social Art: The Potential of Art and Criticism after March 11, 2011
    わたしはウェブライティングの現在について話しました。

    resize_DSC05597.jpg

    美保さんのパフォーマンスはなんだか涙が出てきました。

    resize_DSC05599.jpg


    resize_DSC05601.jpg


    resize_DSC05605.jpg

    日本からいらっしゃった発表者の皆さんと一緒に。
    皆さんにお会いできて楽しかったです。

    resize_reDSC05643.jpg

    佐藤さんがプロフェッショナル撮影してくれました。
    あたいのカメラのカラーエフェクトがパーですみませんでした。
    でもぜんぶ楽しかったー。です。

    resize_reDSC05642.jpg

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Arrival in Krakow

    ポーランドのクラコウという都市で国際美学会がありました。
    空港からは電車に乗りました。
    空港から電車の駅まではシャトルバスで送ってくれます。
    すぐ着いてしまうのですが、一瞬見えた大好きな景色。


      resize_DSC05383.jpg

      駅に着きました。

      resize_DSC05392.jpg

      メインステーションはショッピングモールもあってキラキラ。
      近くにある郵便局に寄ってフランスと日本に手紙を出すための切手を買う。
      ポストのマークがホルンでまた大いに萌え。

      resize_DSC05397.jpg

      旧市街の外側をトラムがぐるりと走っている。
      トラム大好き。見てるだけで満足。
      駅からトラムを眺めながら歩いてホテルへ。

      resize_DSC05402.jpg

      荷物を置いてさっそく散歩に。
      着いてすぐ旧市街内は歩き回り方角だけならだいたい分かる状態に。
      ときどきこういう事が有る。
      Sainte-Marie教会。

      resize_DSC05415.jpg

      天井の青い色が美しすぎる。

      resize_DSC05423.jpg

      オルガンが聴きたくてたまらない。
      残念ながら聴く機会がなかったので、また来なきゃ。
      メイン広場に羊さんがいる。
      やっぱり羊も音楽家。

      resize_DSC05426.jpg

      メイン広場。
      7月23日夜からKrzysztof Wodiczkoさんのプロジェクション準備。

      resize_DSC05452.jpg

      もう夕方。
      ながーい足の影。

      resize_DSC05468.jpg

      また大好きなトラム。見とれて3回くらい轢かれそうになった。
      その内の一回はほんとうに邪魔だったらしくちょっと怒られた。

      resize_DSC05476.jpg

      美学会の会場となったAuditorium Maximumはこの道沿い。

      resize_DSC05478.jpg

      ぴかーん。こんな大きな場所でした。

      resize_DSC05481.jpg

      あまりに一本道がまっすぐつづいたので心配になり、
      通り道にある病院のおばちゃんに道を聞いたら、
      受付のカギを閉めて、通りまで出てきて100メートルくらい一緒に歩いて教えてくれた。
      ありがとん。

      resize_DSC05495.jpg

      21時ころにはすっかり夜に。
      白馬車がたくさん走っています。
      Wodiczkoさんのプロジェクション"The War Vetera Projection"に行きます。

      resize_DSC05507.jpg

      アーミーの車がペイントされています。
      本来はこのプロジェクターを取り囲んでは行けないのだそうです。
      ポーランド語の分からない人たちのために英語のスクリプトをいただきました。

      resize_DSC05510.jpg

      Wodiczkoさんは、2011年、横浜トリエンナーレに参加され、
      「アートと戦争」(Art and War 2011)というプロジェクションをされています。

      resize_DSC05515.jpg





      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
      該当の記事は見つかりませんでした。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。