blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

テモトアシモト


    resize_DSC05526.jpg
    2013.7.24, Krakow



    resize_DSC06695.jpg
    2013.7.29, Warsaw


    resize_DSC07020.jpg
    2013.7.31, London


    resize_DSC07299.jpg
    2013.8.1, Paris


    resize_P8031618.jpg
    2013.8.2, Venice

    resize_P8052080.jpg
    2013.8.3, Venice


    resize_DSC07963.jpg
    2013.8.4, Venice


    resize_DSC08619.jpg
    2013.8.6, Paris


    resize_DSC08841.jpg
    2013.8.19, D940


    resize_DSC09137.jpg
    2013.8.19, France

    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    le chat noir et blanc qui voulait partir


      resize_DSC09214.jpg

      白と黒のネコに出会った。
      la rencontre avec un chat noir et blanc.

      resize_DSC09216.jpg

      あくびしてあったかくて毛並みも良い。
      Il faisait doux. Il bâillait franchement

      resize_DSC09218.jpg

      おもむろに見られた。
      Et alors, il s'intéressait à jouer avec moi.

      resize_DSC09219.jpg

      すげえ出ようとした。
      il essayait de s'en fuir peut-être...

      resize_DSC09221.jpg

      となりにちっちゃい扉もあったし、抜け穴がやぶれてたが。
      たすけなかったらすごい睨まれた。とおもう。
      il y avait la petite porte à côté dans la grillage,
      mais je ne pouvais absolument pas laisser partir.
      là, il me regardait.

      resize_DSC09222.jpg

      どこかいきたかったよね。
      tu voudrais partir un petit chat ?
      le chat noir et blanc,

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      composition maline


        resize_DSC09103.jpg

        しりあいのしりあいの母が今日亡くなった。
        夏休みなのでその人の子どもたちは皆バカンスなどで
        その女の人は面倒をみてくれる施設に一ヶ月住んでいた。
        それまではひとりで住んでいたけど毎日むすこのひとりが
        会いに行っていていろんなことをしてあげていた。

        resize_DSC09102.jpg

        面倒をみてくれる施設は夏休み中で働いている人がすくなくて
        ごはんをさげていなかったりおトイレのこととか
        ごはんをたべていないのにたべなきゃいけないのに。

        resize_DSC09208.jpg

        その女の人はきのうおふろばでころんで
        腰の骨を折った。
        おふろばにはひとりで入らないはずだった。
        ひとりでおふろばで腰の骨を折った。
        そのひとは今日の午後死んでしまって
        きのうパリの病院に運ばれて手術をどうするかはなしていた。

        resize_DSC09211.jpg

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        coquillages

        あしたにちようびであることがうれしい。
        それはひとえに、多少やりたいことをじかんを気にせずしても、
        ざいあくかんを感じないのではないかという
        あさはかなもうそうである。

        あさはかなもうそうは、ないよりはあるほうがいい。

        きょう八月にはめずらしくいっこうにパークできる場所がみつからず
        一区と二区はほとんど、さらにはもっと三区くらいまで
        ふだん通らないほっっそい道もはしりまわった。
        いちじかんいじょう同じ場所もちがう場所もぐるぐるまわって
        というかそもそもいちじかんも何の達成もなく
        道をぐるぐるまわれるなんて明らかにゴージャスなことじゃないかと思い、
        前世や後世などでネコとかナマケモノとかライオンとかヌーとかになって
        そしたらこんなことをあれこれ思わずにも
        あちらのお庭とこちらのお庭を行き来したり
        ぶら下がったり草原を歩いたり
        そういうのは想像しているとさらに楽しい。


          resize_DSC09795.jpg

          resize_DSC09794 のコピー 2

          resize_DSC09797.jpg

          貝殻についた砂をさらさらおとしていると
          砂だけがのこっているようにみえるけど
          砂も貝殻だった。
          貝殻も砂。

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
          該当の記事は見つかりませんでした。
          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。