blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

démolition du lieu historique

    565035_563079483757368_833368445_n.jpg

    吉田寮は、世界最古の木造建築の学生寮です。
    写真家の松田有加里さんはじめ、多くの人々がこの
    木造の学生寮の怪しげな様子に心惹かれ、
    しずかに足を踏み入れ、廊下を流れる空気を吸い、
    歩き回る動物たちに声をかけながら、
    たくさんの写真を撮影してきました。

    私がやっている批評ブログのsalon de mimiに、
    松田さんに来ていただいた際に作品も掲載させていただきました。

    salon de mimi より)
    個人的な話だが、私は京都大学交響楽団の出身で、吉田キャンパスの南西端の空間を練習場所のひとつとしていた。松田有加里が今日まで10年以上にわたり撮影を続けてきた吉田寮を毎日視野にいれながら、「焼け跡」と呼ばれる吹きっ晒しの空き地(昔に火災があり、建造物が消失した後空き地のままであった)で楽器を練習していた。隣り合わせの集会場は交響楽団の練習場としても使用されており、構造を含めよく知っている。今思えばこの上なく残念だが、吉田寮自体に深く足を踏み入れた経験はなく、通過した程度だ。1913年に建てられ、いまや日本最古の学生寮である吉田寮は、昨年3月11日に東北地方を襲った震災以降の見直しのダメ押しを受けて、遠くない将来の取り壊しが囁かれているという、そんな話を耳にした。(2012年4月15日掲載)
    松田有加里/Yukari Matsuda, 奏でられるイメージ

    あれからもう一年半ほどたったのか。

    1239922_563079467090703_476855417_n.jpg

    わたしは京都にいないので、これらの写真はお友達に許可を得て
    掲載させていただいています。ほかにも多くの方々が
    取り壊し前の建物に赴かれて撮影されたのを聞いています。

    わたしはホルン吹きです。
    大学生の頃は授業には行きませんでしたが週3回の練習は休めず、
    北海道から引っ越した際は食器やシャワーカーテンを買うより先に
    この「焼け跡」で練習中のオーケストラの人に声をかけ
    オーケストラに入るために京都に来ました、とか言ったりして
    すぐにここで練習する生活を始めました。

    1175193_563079517090698_1850608323_n.jpg

    このノッパラの「焼け跡」と、奥の「南食」が
    日中の練習およびパート練習のたくさんの時間を過ごした空間です。
    緑が多いので見たことも無いデカい虫がいて本州はすごいなと感心し、
    夏の演奏旅行前に10人以上で合同パート練習をして深夜を回ったり、
    そもそも定期演奏会のプログラムのシンフォニーの殆どは
    この「南食」でパート練習をしてだいたい人数が多かったので
    色んな人とようホルン吹いたなあと思うと懐かしい。

    私は暑い夏も、梅雨の季節も、寒い冬も苦手で
    響かない外吹きも嫌いで吹き終わると楽器がじゃりじゃりするのも嫌いで
    夜10時過ぎに仕事後ようやく登校してきては別の練習場でちょこっと練習するという
    へそのまがった生活スタイルを貫いていましたが
    それでも忘れられない光景があり、
    それは、秋の、イチョウが一面に敷き詰められて
    太陽がいつもより橙色に輝いて近くて
    銀杏で楽器がへこむ恨みと戦いながらも
    その黄色の世界が浮世離れして美しく、
    何度も写真を撮りましたがどの写真よりも
    ハッキリ目の裏に写る色が最も鮮やかにありつづけます。

    9258_563079553757361_1256922110_n.jpg

    オーケストラはわたしにとって
    これまでしてきたどんなコラボレーションよりも
    コラボ規模と密度に関して考慮するとコラボ度が高く、
    それゆえさまざまなシーンをよく覚えています。

    あのとき非常に苦しかったけど、
    それでも私は今もホルンを吹いていて良かった。


    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。