blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

外出

気が向いたので、今週仕事に2日連続でスカートを履いて行った。
小さいときはスカートを履かなかったが、
20代の前半の頃はよく履いていた。
フランスに来てからはジーンズかスーツパンツを履いてる事が多い。
この一年半くらい、仕事の関係でなんとなくスカートは避けていた。
あまりに自然に避けていたのでもう一生履かないかと思ったほど。

洋服はたいそう色々な形や素材や色があって
たしかにあまりに多様なので着ても着ても着た事の無いものがあり
飽きない何かなのではないかと思う。
同時にそれは、一般的に今のところは、
所有と深く結びついている物質的なものなので
持てば持つほど私なんかは堪え難くなり
すべて放棄してパジャマと最低限の洋服で過ごしたくなってしまう。

持たなくても素敵なものというのはあり、
同時に、袖を通さず眺めているのとそれを身につける事は
経験として異なる。

昨日黒猫マルビンが珍しく口達者だったので、
いくつかのことについて質問を投げかけたが
マルビンは年末より肥えて厚くしかし顔面がすこしぽそぽそして
一ヶ月半ぶりくらいにまじまじと見た気がするのである。


    bg_jan301photo 3

    bg_jan301photo 4

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    古い飛行場の近くでホルンを吹く

    Galette des Rois
    さいきんでは、Fèveをいっこしかいれないと
    当たらないと残念なので
    大きいガレットのときは、二つも三つも入れるそうですよ
    そして当たった人が次のガレットを贈ることになってるので
    ガレット合戦は一月下旬まで続いたりします。
    国を治める王は、王冠を戴くからにはガレットを以て
    人民を食わせる義務が有るのです。
    そして自分が与えたガレットによって足をすくわれて王位交代。
    すごい遊びである。Galette des Rois.


      bg_photo 4

      休日は、今日は休日であると決めないと休日にならない。
      せっかく調整したホルンも吹けない。
      だから空港まで走る。こんな果てみたいなところが在る。
      風で耳が痺れてホルンは金属なので手が凍る。

      bg_photo 2

      雪が降るほどではないので苔っぽい植物は元気で
      地衣類とかいうのだそうだ。たしか。藻類と菌の共生。
      私はこのもしょもしょしたやつが好きだ。

      bg_photo.jpg

      ちなみに私は飛行機も飛行場も嫌いだ。
      飛行機の機種も知らないし免許を取るのも憧れないし
      もちろん所有願望も無いしイラストも描けないし
      そもそもできれば乗りたくない。
      でもなんとなくつやっとして硬派な感じがかっこええ、
      というのは、私が新幹線が妙に好きなのを思い出すと
      何となくだけ分かるのである。

      bg_photo 2313

      小さいので大事な楽器を後ろに載せるのがはばかられて
      いつも助手席に楽器を載せる私です。
      私の車はsenlisという街まで遠出して、
      オークションでゲットした
      フランス電気の会社の業務者という変わり種なので
      二席しか有りません。
      ホルンかひとっこ一人しか、乗れないのです。

      bg_photo 3

      二月の演奏会は仕事で出られないので、
      三月の演奏会に出るつもりです。
      三月は他の演奏会もあったのですが出張と重なったので
      月頭のロシアプログラムだけ出ます。

      bg_13114photo 2

      もう1月31日です。あしたから2月。
      明日は東のほうに在る図書館で、
      Jacque Rancièreの喋る講演会があるので
      楽しみです、予約とかできないのだが、入れますように。

      bg_31314.jpg


      Category : journal
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      Marine scenery

      Trocadéroのセーヌ側へすこし下がっていたところに、
      Aquarium de Trocadéroがあります。
      結構古い水族館なのですが、
      近年お魚をお引っ越ししたり内装を変えたりを終えました。
      水族館といえばイルカショーとか鮫とか
      水槽のトンネルとか隙間無く手入れされたガラスとか
      いろいろありますが私にとっては
      トドにバケツのお魚を放り投げるとトドが食らいつく
      という、おたる水族館での想い出が水族館です。
      水族館の、外の敷地は海と繋がっていて、
      海と繋がっているのに隔離されたアシカやイルカやトドたちが
      お魚を与えられて生きている。
      水族館は生臭くて海の音がして強い風が吹いている。

      パリの水族館に風はありません。
      そこは丘の中にあって、お魚は静かです。


        bg_DSC04303.jpg

        bg_DSC04305.jpg

        bg_DSC04309.jpg

        bg_DSC04314.jpg

        bg_DSC04311.jpg

        bg_DSC04325.jpg

        bg_DSC04320.jpg

        bg_DSC04327.jpg

        bg_DSC04330.jpg

        bg_DSC04333.jpg

        bg_DSC04335.jpg

        bg_DSC04342.jpg

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        janvier 2014


          res_photo 5

          もう1月27日になっている。
          お正月は北海道で過ごしましたが
          4日にこちらに戻ってから熱が出たり
          鏡餅を持って帰ったのにまだ開いてなかったり
          そうかもう27日なのか。

          res_photo 4

          マルビン様は元気です。
          マルビン様はご飯がグレードアップして
          肥えました。

          res_photo 3

          年末に楽器を綺麗にしてもらったのに
          毎週毎週一回も練習しないうちに
          次の練習の日になっていて
          1月27日も然りです。
          マルビン様と遊んだりもしたい。

          Category : journal
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          si un jour...

          12janvier2014.jpg


            si un jour je n'ai plus besoin de m'en aller,
            je resterai aussi longtemps que possible devant les champs
            dépassant largement une vision humaine.
            ces champs ne brillent ni paraissent gais,
            vaguement bleus et verts, figés dans le brouillard.
            je le trouve plutôt beau.
            je le trouve paisible.
            je ne souviens plus d'où j'y suis arrivée,
            je n'ai plus de voiture à prendre.

            いつか、ある日、私がもうどこにも行かなくていいとしたら、
            一面に広がる畑の前にできるだけ長く居続けるでしょう。
            その畑は人の視野に入りきらない広大な畑で、
            輝いてもいないし、生命が感じられるようでもない。
            曖昧に青っぽくて、緑っぽく、もやの中に凝固している。
            その様子は美しく、
            その様子は平和的でもある。
            私はどこからそこに辿り着いたのかをもう思い出せず、
            乗って帰らなければならない自動車もない。

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            L'arc en ciel par la fênetre


              photo.jpg

              après le retour du Japon,
              j'ai repris la vie quotidienne,
              en commençant mes jobs et la musique.
              en me réveillant ce matin,
              j'ai été frappée par la migraine terrible
              ensuite senti fortement froid.
              j'avais la fièvre montant progressivement.
              rester sur le lit, faire la lecture,
              je jette un coup d'oeil par la fenêtre.
              je découvre l'arc en ciel.

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              what I adore ( to have )

              ok, I present here some of what I adored in Hokkaido.

              A bowl of rice topped with salmon roe.
              Visually it pleased me,
              as it is something precious conceptually as it represents the life.


                res_DSC04193.jpg

                a big flatfish on the plat remind me of nostalgic images.
                when I was young I followed my father going fishing.
                Flatfishes and a kind of Atka mackerel called "Hokke" in Japanese
                were never difficult to fish.

                res_DSC03971.jpg

                Honestly saying, I'm not passionated for mochi, rice cake.
                I'm haunted by fear that I get it stuck in my throat when alone.
                There are many ways to die and i found it is one of the most difficult ways in the world.

                res_DSC04160.jpg

                I love something soft to eat.
                Tofu, Hanpen, and a kind of barbarian cream ( especially with fruit) ...
                of all, mother's cup-steamed egg ( like the picture)
                is what makes me return there at least once per year.
                As one of my aims for this year,
                I vow to buy an instrument allowing me to cook
                this kind of steamed cuisines...

                res_DSC04173.jpg

                ume brandy ( plum liqueur) is the best liqueur in the world.
                of course I could find it in Paris but not exactly what I want.
                since one year and a half, I fabricate it at home.
                without ume brandy, no tranquil life.

                res_DSC04183.jpg

                Category : manger
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                happy birthday for my lovely friend

                we celebrated the anniversary of our friend.
                he is lover of sweets.
                we took sweets plate with three candles.
                sang a song for him and he blew them up.

                I love them and love to share the moment with them.
                I know we can count up the number of our meeting chance
                for all our life long even if we are still young.
                each of us lives our life and sometimes we get together.

                we sometimes talk about what we do after retiring our job,
                it might sound absurd but we are serious.
                we know it important to make sure
                we are always capable to get together
                after a great voyage.
                whether it is imaginary and irrealism or not,
                it is no matter.


                  res_DSC04207.jpg

                  res_DSC04208.jpg

                  res_DSC04210.jpg

                  Category : friends
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  my mentor of the french horn

                  I met my mentor of French Horn.
                  I studied the music with him when I was highschool student.
                  I was willing to do the music as my profession, for my life.
                  I gave it up in a sense when I understood my artistic preference was unbalanced,
                  as well as my interests concerned more largely "art",
                  that is, not only practicing the instruments but also learning its theoretical basics.


                    res_DSC03979.jpg

                    I thank to him always all of the advices he gave me for my decisions.
                    we meet once per year to talk about how we are getting along.
                    each of our meeting may give me the reason to continue my music
                    wherever I'm working.

                    This return was, however, particularly happy for me and my mentor
                    because I had also the occasion to see again my old friend, musician,
                    living in Chicago, working as a teacher of music.

                    res_DSC03980.jpg

                    The natal city is always peaceful and mild to our mind.
                    it is gentile, easy and understanding.
                    however, we know also why we never return here to settle down again.
                    The white breath when it is very cold reminds me of the beautiful scenery in the snow,
                    where I felt any fear for the world thanks to its brightness
                    because the light was strongly reflected from the ground covered with snow.

                    res_DSC03985.jpg

                    Category : 再会
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    シュシュ

                    母の創作。
                    髪が伸びて、伸びて伸びて、
                    シュシュを作っていただく予定でした。
                    お手玉がたくさん。


                      res_DSC03893.jpg

                      シュシュ。ええ色です。

                      res_DSC03907.jpg

                      おしゃれティッシュケース。
                      フランスのティッシュは形がぜんぜんちやうので、
                      日本のポケットティッシュを買い込んでまで使いたい。

                      res_DSC03916.jpg

                      各種。レトロ柄が好ましい。
                      あまりに素敵なので贈りたくなって、贈る。

                      res_DSC03938.jpg

                      My mother is specialist of patchwork.
                      Not only patchwork, she is also very good at sowing in general.
                      She made me ornaments for the hair with lovely cloths.
                      The picture was taken when we enjoyed our lunch in a cafe near Sapporo station.
                      I took it secretly because my mother doesn't be photographed.


                      res_DSC03954.jpg

                      Category : photo
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                      該当の記事は見つかりませんでした。
                      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。