blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Promenade à Parc de Tsuruma, Nagoya


    blg_DSC04499.jpg

    Une petite promenade dans le parc de Tsuruma, Nagoya,
    après la conférence sur l'esthétique de la culture populaire.
    Il faisait fort beau.
    La brise du printemps était agréable.

    blg_DSC04500.jpg

    Les habitants ici passent leur temps tranquille sur le banc.
    Certains lisent, les autres contemplent.

    blg_DSC04501.jpg

    Après un grand sommeil d'un hiver sévère,
    la nature se réveille tout doucement.

    blg_DSC04502.jpg

    Alors, ce parc s'appelle Tsuruma,
    Tsuru désigne "la grue" en japonais,
    ma vient de mai désignant "la danse".

    blg_DSC04505.jpg

    Les cerisiers commencèrent à fleurir.
    Juste le moment qu'ils s'épanouissent,
    dans le langage japonais, nous l'exprimons "ichibu-zaki"
    désignant la floraison partielle.

    blg_DSC04506.jpg

    Voilà un petit chaton avec son beau collier bleu
    passe devant nous discrètement.
    Je me suis hâtée de le capter en photo
    mais ça n'a pas réussi. voici une image floue.

    blg_DSC04509.jpg

    Ce moment agréable nous apportait une chance
    pour respirer à pleins poumons une brise du printemps
    jusqu'à ce que nous nous perdissions
    dans une promenade rêveuse,
    éloignée d'une dimension habituelle.

    blg_DSC04512.jpg

    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Paysages multiples de Tokyo


      blg_DSC04570.jpg

      外苑前。
      外苑前墓地、青山梅窓院墓苑が見える。
      夜は暗いので見えない。
      江戸時代1643年からずっとお墓。

      blg_DSC04584.jpg

      六本木の森ビルに行ったら、紫色のタワーに
      黄色く膨らんだ月が重なっている。
      たくさんのひとが撮影していて
      もっとじょうずに撮った人もいる。

      blg_DSC04671.jpg

      原美術館にいくとき品川駅から歩く道は
      殺伐としている感じが嫌いではない。
      ラーメン屋がいっぱい入ってる小道があって
      一生縁がなさそうな場所に思えるし。

      blg_DSC04676.jpg

      東雲の駅を降りた所でかべに東雲とふりがながふってあり
      遠くから大きく押された風が吹いてきて
      電車もびゅんと行ってしまった。

      blg_DSC04611.jpg

      清澄白河の駅から東京都現代美術館までを歩くとき
      商店街を歩くのが好きで
      雨でも寒くてもこの道を通る。

      blg_IMG_1544.jpg

      それから、晴れている朝にはよく墓地が見える。

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      Rivière Kamo


        blg_DSC04737.jpg

        初めて京都に住んだ頃、修学院離宮の方に部屋を借りたので
        そしてそのころ毎日大学に行ったので
        台風が危ないことも知らなくて
        台風で外に出ては行けない日すら自転車に乗って
        鴨川沿いをずーっと出町柳までついーっと
        川沿いの細い道は歩いている人がいるのに危ないなと
        歩いている人もちょっと緊張しているのを見ながら
        ついーっと走っていた。

        blg_DSC04870.jpg

        大学にあまり行かなくなったときには
        大阪とか京都のもっと西や南の方に用事がたくさんあり
        四条くらいまで自転車でついーっと
        ここでは道はとても広いのに人もたくさん自転車もたくさん
        そして自転車を停めるのがとてもたいへんで
        にぎやかそうだが鴨は上流のほうがいるなとか
        石の粒はロボットのように揃っていて草も生えていない。

        blg_IMG_1825.jpg

        いつも自転車で南北に駆け抜けていたので
        あまりぼーっとしたこともないし
        鴨川河川均等間隔の法則に従って逢引したこともないのだが
        外で吹くの嫌いだといいながらここで楽器を吹いたことや
        どこにもいけなくて買ったパンをここで食べたことなどある。
        川は、できたときから枯れるまで流れているからいい。

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        un vélo perdu


          blg_IMG_1827.jpg

          流れるものと流れないものとがあり
          流れないものは流れられない。
          流れていないように見えるものは
          流れかたが同じではないので
          流れの中から排除されるかもしれない

          ある日一台の自転車が失われて

          それはある日橋の上から小石に向かって
          叩き付けられて動きにくい。

          それはある日水を漕ぐ人に連れられて
          真ん中で立ち止まる。

          それはある日もっとずっと遠くからやってきて
          盛り上がった小石に救われる。

          ある日一台の自転車が失われて

          流れ方が、変わる。

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          空が高く風が吹いて


            blg_IMG_1936.jpg

            空が高く風が吹いて
            空気の粒が少し目にしみる

            光は色づいて暖かさを増し
            歩こうとしなくてもいい

            世界が勝手に動き回り
            その中に呼吸するだけでいい

            大きかったり小さかったり
            気がついたり気がつかなかったりする
            世界は繰り返しでしかない

            空が高く風が吹いて
            そのことはそれでも美しい気がした。


            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            パノラマプロジェクトの尾行日記


              スクリーンショット 28113622

              http://panorama.kitanaka-school.net/panorama.html

              パノラマプロジェクト京都篇 2014年3月27日〜30日、
              始まりました!
              Facebookページ こちら Facebook パノラマプロジェクト
              にも情報が掲載されています、ご覧ください!

              さて、遠く離れた京都で、
              いま唐ゼミ☆による演劇が始まっていると思うと、
              お昼ご飯ものどを通りません!パンなんか、食ってる場合じゃありません。

              というわけで、今日は、私のパノラマプロジェクト尾行日記なるものを
              綴りたいと思います。

              pvpanorama.jpg

              チラシコレクション。
              私はモノを収集する習慣も性癖もないためこんなことになったは初めてです。
              東京篇のチラシと現在始まった京都篇のチラシ、
              そして、BEACONのメメントとin fluxのDM

              東京篇に参加された皆様にとっては、
              おなじみのやきとりのたけうちさま。

              blg_DSC03795.jpg

              この界隈、室井さん、唐ゼミの皆さん、BEACONチームのみなさんを
              尾行して、いや、みなさんのおかげで、一緒に見学させていただいて
              見たこともない、写真撮りたくて走り出してしまうような
              ものをたくさん見ました。
              お天気もよくて、ずっと忘れないと思う。

              blg_DSC03840.jpg

              このとき横浜都市文化ラボの「情報と生命再考」の講義に三日間だけ
              お邪魔させてもらっていて、
              「有毒女子通信」を読んでくれてる唐ゼミ☆女優しいのちゃんに会う。

              blg_DSC03763.jpg

              そして講義後は室井さんや演出の中野さんもみんな一緒にごはんとか。
              プロジェクトのこととか、練習していることとか、
              いろんなお話を聞けて嬉しかった。

              blg_DSC03770.jpg

              そして、そして、これはつい最近!
              3月16日に、名古屋のウインクあいちで
              「コスプレの美学」研究会に参加させていただきました、
              講演もしました。
              ここで皆と再会し、パノラマのビラもたくさんもらって
              京都で会う人人に宣伝しまくる。
              うらやまビームマックスで宣伝しまくる。

              blg_IMG_1437.jpg

              そして京都に滞在していた間、BEACON in fluxの録音が行われる。
              わたしはこの日の雨と雪で風邪をひきました。
              吉岡さんの書いたテクストを稲垣さんが録音し、
              BEACON in fluxの音響は京都元立誠小学校で
              27日〜30日、13時〜19時上演されています。
              東京篇のメメントの時は機会があってテクストを読ませてもらって
              こちら にも言及してもらってるのですが、
              in fuxは映像もテクストも音響も、まったく別の作品になってる。
              こちら に テクストがあります。

              blg_IMG_1701.jpg

              お願いだから、皆、30日までにどうか
              パノラマプロジェクト見に行って
              そして私にお話聞かせてください。

              参加されてる皆さん、応援してます、楽しんでねー!

              大久保美紀 
              パノラマプロジェクト尾行日記
              2014年3月28日12時(フランス時間)

              blg_photo.jpg


              Category : journal
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              人気ですよ。


                IMG_1319.jpg

                日本に行ってきました、たくさんの方にお会いできて良かった。
                梅や桜が咲き始める時期に日本にいたのは本当に久しぶりで、
                到着した頃は温かくて調子に乗って出かけまくっていたのですが
                一度京都でがっつり雨と雪で靴先までびしょぬれになり
                声枯れまくりで二つ目のプレゼン、大学授業、日本語授業をし、
                今日はやっと荷物と洗濯物を総整理、片付けできる日です。

                飛行機の中ではたいてい眠れるので、
                日本に着くときはその直前数時間を集中して寝ます、すると時差ぼけ無い。
                フランスに着くときは出発後すぐ寝て、あとはぜったい寝ない、到着後も深夜まで寝ない。
                だったのですが今回は行きの飛行機でにぎやか集団に始終プッシュされ
                飛行機酔いもマックス。相変わらずのシャルドネはまあまあ美味しくてこれを飲む。

                日本に行ってる間、お土産をお買いものしたりしました。
                京都で八つ橋を買おうとしたら、「どこからですかー」と聞かれて
                めんどくさいなと思いながら、「ちょっと外国に行ってて」とテキトウに答えると
                「どこですかー」と詰問するので、「ふらんすですー」という。
                「ああ!そうですよね、そんな雰囲気ですもんね!!!」とおばちゃん。
                どんなやねん。そんな雰囲気って、どんなやねん。
                「どなたさまようですかー」 (誰におくってもええやないの。)
                「北海道の、かぞくに…」
                「北海道の方は、こしあんを好まれますよ!こちらとか、こちらとか!!!」
                考えずに言われた通りこしあんを買えば、間違いない、ということらしい。
                こういう助言は、これによって助けられる人もいるから存在してるのだろう。

                助言なり、情報をあげるサービスなり、メディアなり、は、
                そもそも、「一般的に」ヒットするように予定されている。
                いや、ぴったりヒットしなくても良いので曖昧にそのへんに当たるのでいい。
                でもそれは、あまりに繰り返されると今度はコードとなって独り歩きしはじめる。
                馬鹿な話と思うかもしれないし馬鹿な話にちがいないけれど
                みんなが北海道のひとに、こしあんの八つ橋を買って行って
                「これ、北海道のひとに人気なんだって!」って笑顔で言ったら、
                多くの人が、美味しかったよと言ってくれそうだ。

                北海道のこしあんと八つ橋の関係はさておいても
                世界はこんな言いくるめに取り巻かれていて
                パリも京都も観光地だが、日本の観光ブックなどにはしばしば
                女の子に人気!とか男の子に人気!と書かれていて
                よくわからないけど、
                とにかくそれに従っていればだいたい大きな間違いはない
                と信じさせる磁力が働いている。
                女の子に人気のスイーツ、18世紀イタリアの豪邸サロンに男の子はお呼ばれしない?
                男の子に人気の自然史博物館の特別展示、女の子はお呼ばれしない?

                人気ですよ、っていうのはね、
                あえていうまでもないのだけど、
                結果ではなくて支配なんです。

                blg_IMG_1704.jpg

                Category : journal
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                CIEL


                  se_IMG_1208.jpg

                  Je restais longtemps immobile
                  jusqu'à ce que mon regard perde son but.

                  Category : photo
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  PARCOURS

                  se_IMG_1189.jpg

                  走ってます。走るのいいんですが、
                  一度走ると、やめられなくなって
                  次の日も走りたくなってしまう。
                  鉄棒もむかし回り始めるとやめられなくなり
                  毎日夜まで回っていたのでした。

                  se_IMG_1193.jpg

                  金網越しにのぞく線路とか。

                  se_IMG_1195.jpg

                  近くを通りたくないおおざっぱそうな工事とか。

                  se_IMG_1204.jpg

                  私のとても好きな木の皮の表面に生える地衣類とかいう生き物とか。

                  se_IMG_1206.jpg

                  最寄りの猫道とか。
                  マルビンは元気ですよ。
                  毎日ご飯食べにきます。
                  最近は、キッチンの窓から突入するワザも覚えました。

                    Category : photo
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    PLANTES

                    se_IMG_1219.jpg

                    晴れの日の植物。

                    se_IMG_1218.jpg

                    雨の日の植物。

                    se_IMG_0895.jpg

                    この数日本当に晴れている。

                    se_IMG_0896.jpg

                    Category : journal
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                    該当の記事は見つかりませんでした。
                    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。