blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

ひなたぼっこ


    plante 2mars 14

    へいわなごご。
    しょくぶつのひなたぼっこ。
    まどのそとに鉢植えをならべて、
    おおきなかぜがとつぜんふいて
    それが突然おっこちたりしたら
    ちょっとおもしろいかなとか
    思うのも徒労であるほどによいおてんきの
    へいわなごご。

    palais de tokyo 2 mars 14

    髪の毛のはえたにんぎょうが
    あつまってたっている。
    なにをされるわけでもないので
    なにをするわけでもない。

    star 2 mars

    ひとびとはひとつのことに夢中のとき
    それをどのように見られているかをきにすることはできない。
    あるいは
    それをきにすることよりも夢中であるほうがよいことと思っている。
    そんなに夢中になるのに
    おなじことにたいしていつもおなじように夢中になれるわけでなく
    そういうとき、があるだけだ。
    かれらはこんなに夢中になっているというのに。
    これがすべて気まぐれですらあると知るときの
    目の前のものを理解したという認識が如何に勘違いであるかを
    つうかんするのはきもちがいい。


    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    なつかしさをもよおすことがら


      se_IMG_1049.jpg

      なつかしさをもよおすことがら
      une image nostalgique, ou bien, un événement nostalgique.

      わたしが働いてるパリ第8大学では
      わたしがそもそも外国人だし経験もあまりないし
      色々慣れてないこと目白押しなので
      過去驚くべきことなどが時々起こってきた。
      人間はなかなか寂しい生き物で
      一度ある出来事に驚いてしまうと二度目には驚けない。
      そういったわけで驚けば驚くほど
      驚きが少なくなり
      ビビればビビるほど
      ビビりにくくなってしまうという
      我々は外の世界に出る度に感動をひとつずつ失っているのだ。

      なーんて ホントに思ってるのでもないのですが

      つまり色々経験するとたしかに
      今まで起こってきた最悪の事態を覚悟して物事に望むため
      なんというべきか常に或る程度諦めた気分でいられる。

      私は今年度も朝一のコマを担当していて
      この日いつもに増して大学は暗かった!
      天気は非常に悪くて雨で寒くて曇りでなんだか
      そう、言って見れば、こんな日は布団のなかにいたい。
      という日だった。そんな日はこの日だけではないのだが。

      ともあれ、カギの管理人さんがカギを受け取りにきた私に

      今日は停電だから。

      とおっしゃった。
      見れば分かりますわ。と切り返した。そう、真っ暗だった。
      管理人さんは親切に、

      お部屋の中も、停電だから。

      とおっしゃった。
      考えれば分かりますわ。とお返事した。そう、お部屋も停電。
      今年も後期は実践の授業をしていて
      パソがつかないんじゃ、みんなでピクニックにいこうぜ、
      というほどお手上げなので、停電ならピクニックに行こうと思って、
      せっかくめくるめく雨天のピクニックのイメージが
      頭の中で膨らみかけたところだったのに

      9時(授業開始時)にはいちおー回復予定だけどね。

      とおっしゃられた。いちおー。よてい。
      これでうまくいったことはあまりないので、
      ひきつづきピクニックの妄想。

      お部屋ではバカンス中(いっぱんに)最悪のお天気
      にも関わらずはるばるやってきた学生とおしゃべり。


      けっかてきに、停電はやがて回復して
      私たちは予定したアクティビティをおこなう。
      停電は、回復しないかもと思っていたときがよく
      真っ暗な校舎の床の照り返す様子などがもっとも魅力的である。
      だいじょうぶ、驚いても驚いても、
      世界には予想できないことがころがってる。


      Category : journal
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      déjà le printemps! はるだじゃ


        se_IMG_1031.jpg

        les photos prises lors du jogging à meudon...
        à la fin du mois de février,
        on n'est pas encore au printemps quand même.
        il faisait for beau,
        les bourgeons poussent,
        les fleurs commencent à s'épanouir,
        les oiseaux sifflent joyeusement,
        le vent sent un agréable parfum...
        le jogging ? mais oui, je le fais, je peux le faire quand il fait beau !

        Meudonという町をジョグして、
        あまりに春なのでこまって写真を撮りました。
        今日じゃないです、二月の終わりです。
        しずかに膨らむ芽なら可愛いけれど、
        咲き誇るスイセンにクロッカス。
        私がジョグるほどの青い空。
        今年ほど寒い想いをしなかった冬というのも
        29年間で初めてだと思う。

        se_IMG_1033.jpg

        se_IMG_1042.jpg

        se_IMG_1045.jpg

        se_IMG_1043.jpg

        se_IMG_1038.jpg

        se_IMG_1035.jpg

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        ひな祭り fête des filles 2014

          hina 2014

          la fête des filles "hinamatsuri" (en japonais) le 3 mars 2014 !
          plein de bonheurs à mes chères filles !!! ( et mes chers garçons... et oui !)

          2014年3月3日おひなまつり、今年も愛する女の子たち皆さまがハッピーでありますように。 あ、愛する男の子たち皆々さまも… w

          実家のおひなさまはオルゴールがついていて、
          ぼんぼりに明かりをつけたりできて、
          一年にあんなにちょこっとしか飾らないのに、
          一年の350日くらいタンスの中にいるなんて、
          雛人形はけっこうすごい。
          組み立て模範写真付きで雛人形が届いたので、
          私が今の生活で最も長く座っていると思われる場所の
          すぐ近くの棚に飾ってみた。

          hina 2 2014

          ごらんのとおり、オブジェならびすぎ。
          ドラえもんが覗いてる。
          羊の絵手紙は気に入って額に入れている。
          おばあちゃんのくれたオルゴールは、
          フランスに来るとき壊さないように気を遣ったもの
          ナンバーワンであること間違いない。
          さびた古いマウスピースと亀の置物。
          フランスに来て以来あつまったフェーヴ。
          瓶のオープナーは私がビールが好きだからというのではなく
          (わざわざ断ることがすでに墓穴であるが)
          蚤の市で時々気に入ると手に入れてしまう。
          これは旅行先で手に入れたお魚のオープナー。

          こんなところですが、
          私は350日もタンスに閉まったりしないので、
          どうぞごゆっくりしてください。

          Category : journal
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
          該当の記事は見つかりませんでした。
          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。