blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

パラ人


    parazine1-2.jpg


    パラ人 PARAZINE  が 届いた!

    ありがとうございます!

    みなさん、もう読まれましたか???

    ぱらじん。 ぱ ら じ ん ! ですよ!

    Salon de mimi にはもちょっとだけ説明があります!
    こちらの記事: 
    ごらんください!!!

    parazine1-3.jpg


    パラ人は2003年に「高速スローネス」をテーマに開催された京都ビエンナーレのアーティスティック・ディレクターを務めた吉岡洋さんが編集長となって、PARASOPHIAを盛り上げるための刊行物を2015年の3月まで、ボランティアの学生たちといっしょに発行しつづけるというプロジェクトなのですね。

    そういうわけで、パラ人、は実はPARAZINEなのですよ。

    しかし、彼らは悩みに悩み、悩み過ぎて、PARAZINEの特集が PARA – WHAT ? ?  なる主題になってしまったのです。しかし、彼らの悩みは、それを読むだれかの悩み。彼らの議論は、それを受け取る誰かの解決を示す。彼らの対話は、それが届かないほど遠くにいる誰かの思考と繋がって、歩き始めたパラ人は、もっともっと、世界中に繁茂する植物のように、増えるのです。繋がって、大きくなる。

    (引用 salon de mimi パラ人 PARAZINE, 京都国際現代芸術祭 PARASOHIAを盛り上げるヨ)

    パラ人ファンのための情報リンクもこちらに貼っておきます。
    とりあえず、パラ人のことがもっともっとよくわかるインタビューをご紹介します。

    http://www.ameet.jp/feature/feature_20140401/

    それから、ニッシャ印刷文化振興財団さまから助成してもらえることが決まったころの記事!

    http://www.parasophia.jp/contents/news/2014/03/08/763/

    ぜひぜひ手に入れてくださいね!!!


    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    flute de Bruges ブリュージュの笛

    ベルギーの古い都市であるブリュージュは、
    ゲントが産業都市として台頭して行くのを横目に見ながら、
    伝統的な生活や文化を守りながら、
    静かに自らを囲む城壁の中に取り残されていった、
    現在ではコマーシャルな観光業界が目を光らせ、
    超ロマンチックで美しい街!と謳うところの
    超超観光都市なのである。

    北のヴェネチアと呼ばれるブリュージュは、
    たしかに水路だらけで車で街中をすいすい動くことは不可能。
    一度見つけた駐車スペースは人に絶対に譲りたくない、
    静かで緑と水が豊かなこの有名な街を
    私は数時間でつっぱしった。
    だから私はこの町がどんなロマンチックかどんなアムールの街か
    知らん。ビールがたくさんあることは分かった。


      carte bruges

      蚤の市のおばあちゃんとお喋りして、
      この道はあそこよ、とか、このカフェは街でいっちばん古いのよとか
      教えてくれた。カードを二枚買った。

      bgdm_DSC05164.jpg

      どこかに住んでいる神様に、
      大好きな人たちがいまこのときもどこかで嬉しく生きているように
      お祈り。

      とつぜんですがわたし、
      けっこうリコーダーが上手です。
      自分でいうとは生意気だけど、けっこうリコーダーとは相性がいいというか。
      この日蚤の市に、ひじょうに素敵なリコーダーが出ていたのです。
      リコーダーはつやっとした様子ですましており、
      吹いてもいいわよとおっしゃいました。

      bgdm_DSC05531.jpg

      音色ははっきりとやわらかく、
      木の厚みのなかを響いて音が鳴り、
      私は気に入りました。
      調子に乗って、観光船をプカプカする人々に笛吹き。

      bgdm_DSC05532.jpg

      ブリュージュ悔い無し!

      End

      Category : musique
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      photographies culinaires


        bgdm_atwp 7

        しばらくあんまりご飯だとかをブログに書くのが
        めんどうだったのですがせっかく知人のお嬢さんが
        綺麗な料理してくれたのでその写真も一挙に載せちゃいます。

        ま、でもホラ、
        喉が潤わないと写真なんて鑑賞できないので(写真は乾燥してるからね!)
        とにかくレフでもどうぞ。

        bgdm_ghent 13

        bgdm_IMG_2879.jpg

        bgdm_atwp 5

        このあいだ飲んだわりと美味しいレモナード。
        レモナードはわりと好きなのですよ。
        パナシェも好きですけどね、もちもちろん。
        炭酸細かいの好きな人も居るけれども。
        お天気がよいことのほうが重要よね。

        bgdm_ghent 4

        アイスを落としちゃった。
        ということではなくて、これはそれに私のアイスではなくって、
        作品でした。ハプニング的なペインティングでした。
        アイスが溶けていって、それはプロジェクションされていて美しいのだけど、
        溶けたアイスはでろでろベタベタに板をつたって甘い結晶になる。
        ことの詳細はまた今度そのデロデロな絵と共に!

        bgdm_IMG_3050.jpg

        ポワッソンのスープでござる。
        わりと美味しかったはず。
        あったまるのでよい。
        お魚あんまり食べないけれども、これはあったまれる。

        bgdm_ghent 12

        さてさて、じゃじゃん。
        知人のお嬢さん、マダムワゼル、お料理がすごい。
        この色のセンスからして結構すごいけどね。
        このパスタは昆布みたいに見えますけどほうれん草的なパスタ、
        すっごい濃厚な(見るからに)味。

        pates lea

        ミルフィーユ、マダムワゼルアレンジ。
        クリームはビオの無添加お砂糖をつかったカスタードで
        抹茶が散らされている。
        パイ生地はサクサクのちょうどよき味と加減。
        いつもはパパと一緒に作ってくれるのだが
        実はひとりでも余裕でぜんぶできることが判明。
        彼女はお洋服とかもひとりでつくっちゃう。

        mille feuilles lea

        それから、なにを隠そうフランスで日本料理屋さんに行きません。
        ラーメン?いきません。おべんとう?行かないってば!
        日本のビール?我慢します。梅酒?我慢できないので漬けています。
        そんなわたしがこんなことになるのは
        決まってフランス人に呼ばれたシチュエーションしかありません。
        日本語のクラスのお嬢さん方と夜ご飯。
        がんばってべんきょうしてるかなー。
        なつかしのご飯の夜。

        bgdm_sushi diner 1

        気がついたらへんな順番になってしもうて申し訳ない。
        すしにもどってまたデザートとは。。。
        ワッフル。ワッフルって何の関心もなかったし、
        いまもあるかと言われると、難しいのだけど。
        本場のワッフルはおいしいのかどうか。

        p : ワッフルを本場で食す
        q : ワッフルは美味しい
        p → q : true.

        bgdm_ghent 6

        あなたとわたし って言う名前のミカン、
        かわええよねえ。

        bgdm_IMG_1263.jpg

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        la vie humaine 思うこと

        今年の二学期は飛ぶように過ぎて行って、早いもので、パリ8での非常勤も二年が経ちました。
        授業をしてると毎年たくさんの人に出会う。
        ほんとはもっと色々出かけて先生方とも出会ったり他の教育機関にも行ったらいいのでしょうけど
        なにせひきこもりんなので、自分の授業にお出かけするのでわりあい精一杯なのですよ。
        だからわたしがたくさんの人に出会う、といったときにはそれは、
        自分の学生さんたちなのだけど、でも毎期毎期、ほんとに人が多いのね。
        部屋はほっかほか、最中は酸素不足で卒倒しそうなくらいなのね。

        彼らは私の授業の他にもたくさんの授業をとって、毎日いそがしく、
        それぞれの目的のために、出席して課題を提出して書類をつくって、
        それぞれの道に進んで行く。
        それでも時々は、とくに興味を持って、話しかけてきていろいろな話をしたり、
        一緒に展覧会に行ったり展覧会などを宣伝したり、おしえてあげられることがあったり、
        作品をつくるときのアイディアを話し合ったり、
        私の授業で彼らが行ったことが他の作品の着想となって、それがもっと遠くに飛んで行ったり、
        そういうことがあるのは、心より面白く、心より救いである。

        授業をするということは私にとっては、
        もちろんしばしばこちらから何かを提案することであるのですが、
        その伝達に失敗したその瞬間に作り出されたものとか、
        そのゲームのルールが壊されたときに彼らが持ってきたものとか、
        こちらの提案に異議を唱えるようなシチュエーションに出会うことが、
        心に残り続ける経験である。

        同時にそれは手に入らないけれど関心があるものを見る行為に似ていて、
        人生の多くの他者との出会いと似ているようで似ていない。

        とてもよいと思うものや見ていたいと思えるものが
        いまこの瞬間に遠くの遠くに行ってしまっても
        ああ、それでも、存在するということこそが本質的なことなので
        それでも大丈夫だなあと思えることこそが、
        出会ったことの意味である。

        様々な人生のある瞬間に出会うことは、やはり、
        面白いんだろう。

        sdm_autoportrait2014.jpg

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        champignons シャンピニオンたち

        キノコって、去年はじめてランブイエの森の中にキノコ狩りに行って思ったけど、最初に食べるぜって言った人すごいな。ランブイエにキノコ狩りに行ったときには、毎年行っててそのあたりのキノコならよく知っとるぜという友人とちっちゃいグループで行ったのだが、そうはいってもようわからんキノコ、いっぱいありますよ。赤やら青やら、水玉やら、紫やら、ほんまにもう、すごいですよ。

        ときどき歓声をあげて、わあ!これ、ナントカっちゅうキノコだ!これ、リゾットにしたらサイコーですよ!これ、パスタにいれるともうやばいですよ!と大騒ぎ。ほんまかいな!さっきこれは食えへんといったキノコとどこがどうちゃうねん、と心の中でツッコミ。

        さらには持って帰るとき、私は車で一人で行ったから、それでもわりとさくっと帰ったほうなのだけど、専用カゴなど持っていなかったから、まあ短時間ならだいじょうぶやろと袋に入れたのが、森で見るより家で見るほうがなんだか恐ろしい風貌とオーラを醸し出している気がして、さらに心が揺れる始末だよね。なつかしいのう。

        そんなことをふらふら考えながら、キノコがたくさん出ているマルシェを歩きました。


          bgdm_DSC05090.jpg
          bgdm_DSC05091.jpg
          bgdm_DSC05094.jpg
          bgdm_DSC05093.jpg
          bgdm_DSC05092.jpg

          そういえば子どものときから一貫して好きなくいものがあります。
          すいません、くいもの、とか言って。
          わたし、チーズが好きなんです。
          どれだけ食い意地張ってるのかわからないって気がするのですが
          ちっちゃいときお小遣いとかももらってないかもしれん頃
          小銭で自分でチーズを買って食った記憶があります!
          ドラえもんのどら焼きレベル。
          そして飽きずにいまでも好きです。
          もう二度とどちらかが味わえなくなっちゃうよ
          ビールとチーズどっち選びますかって言われたら
          チーズ選ぶと思います!(なんとー!)
          そんな状況ないですけどね。。。

          bgdm_DSC05099.jpg
          bgdm_DSC05100.jpg

          Category : mes plantes
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          animaux en ville

          街には、いろいろな動物がおりました。

          おうしさま。大好きです、おうしさま。


            bgdm_atwp 25

            シマウマさま。ぐうぜんにもおうしさまと同じ角度で。

            bgdm_DSC04934.jpg

            うさぎさま。パックでしたからね。
            そういえばどうしてパックでうさぎさまかってご存知ですか。

            bgdm_IMG_2863.jpg

            街中にウサギが!うさぎといえば。。。

            bgdm_DSC05414.jpg

            この件については後ほどまたくわしくお話しします!
            が、お部屋からうさぎちゃんが見えたのは多分初めてです。
            鳥と話し合ってました。イースターの準備か。

            bgdm_DSC04936.jpg

            ギラギラのうさぎさま。

            bgdm_DSC05406.jpg

            こっそりとゾウとクマ。洗練されたフォルムにて。

            bgdm_DSC05405.jpg

            おややぎさんとこやぎさん。ブティックの前で。
            この建物、歴史的建造物で、中の柱の様子なんか、
            とてもすてきでした。バーをこっそりのぞいたり。

            bgdm_DSC05388.jpg

            あ、ホンモノや。

            bgdm_DSC05460.jpg

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            signaux en ville

            行ったことないところにちょっと行ってました、しばらく前に。
            そしたら、シーっていうサインが目に付いたので写真に撮りました。
            静かに生きたいのに、観光客がたくさん来るところに住んでいる人たちの
            シーっていうお願い。生きる場所を人はえらぶとおもうけれど、
            場所がつよいとき、ときどきそれを選ぶことはできない。
            場所が人をきめる。そういうこともある。


              bgdm_bruge 10
              bgdm_bruge 12

              訪れたギャラリーの近くで見た車撤去しますよってサイン。
              撤去されなかったけれども。下の絵のほうが洗練されているように感じるけれど、
              二つあるのもまあまあいい。
              bgdm_atwp 10

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              道を造るという考え

              rails avril10

              鉄道の発想はすごい。
              通れる道を通るのではなくて
              通りたいように道を造るなんて
              キテレツである。
              でも世界にはそうやって
              戦いにも競争にも勝敗にも
              関心の高い個体とそうじゃない個体がいて
              そのように無理をする人たちもいて
              彼らが頑張ってかたちに働きかけるので
              世界の見た目が変わるのだろう。

              見た目の変わった世界はしかし
              その前の世界と本当は同じ世界で
              だから働きかけとはいつもある意味で
              常に相対的なものだと思っている。
              絶対的な働きかけを探して
              やっきになっても
              私たちの可能な範囲においては
              そのようなものは存在しない。
              そのことはそれでとてもよいことだと思う。

              Category : journal
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              あの日刊オトコのパリのピエール様が友情出演だYO !!!


                pierre sugi 1

                ピエール様ってご存知ですか。
                え、ピエール様ですよ。あの、可愛くて高貴なお方です。
                あ、だから、ほら、日刊オトコのパリの。
                日刊オトコのパリ?
                にっかんおとこのぱり
                (けっこう攻めてる/攻めてくみたいですよ。)
                ピエール様、こっち、向いて。

                pierre sugi 2

                ピ、ピエール様、お顔を!
                ど どどーーーん!

                pierre sugi 3

                白ワイン越しの幻想的なピエール様。
                お目見え。こんにちは。

                お若く見えるけど、実は結構お年なんですって。

                日刊オトコの、オトコの方よりも
                マルビン様よりもハリネズミ様よりも
                ヨーロッパの変貌をじーっくり見てこられた方なんですって。

                pierre sugi 4

                「え…、
                突然呼ばれて、友情出演だYO!! なんて言って
                年寄りあつかい、しないでよ…」

                ピエール様、blog de mimi によーこそでした。

                Category : friends
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                Musée de Sevres


                  musee sevres 2

                  Musée de Sévres
                  http://www.sevresciteceramique.fr
                  Exposition "Picasso céramiste et la Méditerranée"
                  Jusqu'au 19 mai 2014

                  musee sevres 4

                  近いけど行ったことない所というのはたくさんあって
                  セーブルはセラミックで歴史的に有名なのですが
                  重要な収蔵品の数々に、アトリエもあり、
                  Bleu de Sévresという青色をFour de bleuで360℃で焼き、
                  硬くて丈夫、深い青色のセーヴルの青色陶磁器を作っています。
                  セーヴルは歴史的に陶磁器生産の要地で、
                  1700年代前半より今までそのポジションを守っています。
                  歴史 : うぃきぺでぃあ

                  musee sevres 3

                  収蔵品は多岐にわたるので、
                  企画展ピカソをじっくり見た後走り足で見たのですが、
                  もっともっとじかんがひつよう。

                  musee sevres 7

                  アジアのもの、中国、日本の陶器収蔵品も多い。
                  そしてコンテンポラリーの陶器まで紹介しています。

                  musee sevres 1

                  この鳥様のテーブルとかもすごい発想やなと思うのですが、
                  美術館で拝見するためのものやね。これは。
                  さて最近お天気もよくなりました。
                  この美術館はお山や川の近くにあって晴れている日は
                  気持ちよい感じですよ。

                  musee sevres 8

                  Category : visite
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                  該当の記事は見つかりませんでした。
                  上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。