blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Musée de Sevres


    musee sevres 2

    Musée de Sévres
    http://www.sevresciteceramique.fr
    Exposition "Picasso céramiste et la Méditerranée"
    Jusqu'au 19 mai 2014

    musee sevres 4

    近いけど行ったことない所というのはたくさんあって
    セーブルはセラミックで歴史的に有名なのですが
    重要な収蔵品の数々に、アトリエもあり、
    Bleu de Sévresという青色をFour de bleuで360℃で焼き、
    硬くて丈夫、深い青色のセーヴルの青色陶磁器を作っています。
    セーヴルは歴史的に陶磁器生産の要地で、
    1700年代前半より今までそのポジションを守っています。
    歴史 : うぃきぺでぃあ

    musee sevres 3

    収蔵品は多岐にわたるので、
    企画展ピカソをじっくり見た後走り足で見たのですが、
    もっともっとじかんがひつよう。

    musee sevres 7

    アジアのもの、中国、日本の陶器収蔵品も多い。
    そしてコンテンポラリーの陶器まで紹介しています。

    musee sevres 1

    この鳥様のテーブルとかもすごい発想やなと思うのですが、
    美術館で拝見するためのものやね。これは。
    さて最近お天気もよくなりました。
    この美術館はお山や川の近くにあって晴れている日は
    気持ちよい感じですよ。

    musee sevres 8

    スポンサーサイト
    Category : visite
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    un hérisson est là...


      hérisson carre

      ハリネズミあらわる。

      家に帰ったら、玄関に向かって歩いたら、
      猛ダッシュで追いかけて来るやつ。
      私の前に来てピタリと足を止める。
      話しかけるとハリネズミであると言う。

      おっきいので撮影させてくれと頼むと、
      すんなりさせてくれた。

      猫に気をつけるように言付けると、
      反対側の扉をすり抜けて、
      長く続く砂利道をぺたぺたと歩いて行った。

      Category : friends
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      "sensei"


        miki dessin carre

        生徒がデッサンをプレゼントしてくれた。
        うれしかった。

        classe 1 jan-mars14

        多種多様なものをふくめて、
        だれかに"sensei"と呼ばれる仕事をするようになって、
        12年くらい経つ。もちろん色んなことがある。
        私は意外と人に教えるとき人に怒ったりしない。
        よく怒ってると思われてるがだいたいは自分にプリプリしているだけで
        誰かに怒ってることや生徒に怒ってることはあまりない。
        生徒について何に怒るのかもよくわからない。
        どこまででも助けるし何でもするけど
        けっきょくそれはその人自身のもんだいだと、思っている。
        そんな私はぜんぜんネッケツな"sensei"ではない。

        ただいつも思っているのは
        それぞれが、一人一人のドライブを持っている子どもや若い人
        モチベーションのある大人や達成したいことのある人が
        私が持ってる、私があげられる、私が変えてあげられる
        そんなものをむさぼって、使って、通り抜けて、追い越して
        掴みたかったものを掴んでくれたらええなと
        思っているだけである。

        そのことは一貫して変わらず、これからも変わらない。

        だから私にとってたいせつなのは、
        学んでいる人が幸せなことでそれ以外にない。
        そのためには何でもするがその外側にあるもののために
        戦わないし、従わない、おかしな力もかさない。

        "sensei"っていうのはそうやって生き続けられる。

        sushi diner 3

        sushi diner 4

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
        該当の記事は見つかりませんでした。
        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。