blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

セーヌ飲み 2014


    2014.6.27
    セーヌ飲み。
    セーヌ飲みっていうのは、紛れもなく鴨川飲みの真似事です。
    鴨川飲みに思いを馳せて、観光船の出航を見守りながら、
    蚊に刺されながらレフを飲むのです。

    鴨川飲みなつかし!

    とさんざん言い放ってみて思ったけど、
    付き合いの悪い私は、鴨川飲みをしたことがたぶんない。
    あったらすんません、でもたぶん、ない。

    20140627photo 1-127

    20140627photo 2-116

    空の色に紫とピンクが
    ちょっと溶けてちょっと分離しているような色がいい。

    seinenomi_2014_2.jpg

    たいそう暗くなって、それでもまだ蚊に刺されつつ居座る。
    と、橋のあたりの強そうな飾りの所で、
    ねむりこけるやからあり。

    seinenomi_2014_1.jpg

    多くの動物はかなり寝ている。
    一日に7時間とか8時間しか眠らないなんて過活動なのである。
    でも寝方も問題だと思う。
    人間の寝方は無防備すぎる。
    あんなにぐでっと寝るのだから、たしかに長時間休めないのも仕方ない。

    エッフェル塔様三連写。

    そういえばこの日、階段でころんだのだった。
    けっこう転んだうえに、数段ずるずるとすべったのだが、
    エッフェル塔の足下から川に降りる階段は
    本当に本当に使われ過ぎていて、
    たいそうつるっとしていて(それがまず転んだ原因かもしれぬ)
    転んですべっても、タイツすらやぶれない。
    石がつるっとすり減るほどの使用頻度すばらし。

    seinenomi_2014_3.jpg
    seinenomi_2014_4.jpg
    20140627photo 3-113

    スポンサーサイト
    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    une fleur 2014.6.24


      fleur_0624_2014.jpg

      週末結婚式に呼ばれてるのですが

      贈り物何が良かろ。

      と、一週間くらい真面目に考えています。

      このファミリーはカエルコレクターで、

      以前レゴカエルやカエル文具などをあげたことあるけれども

      今回はミヤゲでなくておくりもんなので、

      とうだうだ考えている。

      今日の夢に期待しよう。


      Category : mes plantes
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      のびっぱ。

      十数年ぶりに、髪が伸びまくってます。
      長い長い。
      いつもだいたい、切っちゃうんですよね。
      しかし最近シュシュなどたくさん頂いて、
      ボウズにしたらシュシュが使えないし、
      中途半端に短くしたら結べなくて邪魔だし、
      前髪だけでも切ろうかと思ったが、
      これもまたオールバックよりスッキリするものはないと思い直し、
      まだ今日も、私の髪はのびっぱです。


        miki_0626_2.jpg
        miki_0626_1.jpg

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        Photomaton 2014.6.28

        ヴィンテージもののフォトマトンを撮りまして、
        ナントよりいらっしゃった友と再会しまして、
        帰ったら大雨でびしょ濡れのマルビン様が待っておりまして、
        明日は日曜日であることが結構うれしい。


          20140628photo 1-128

          Category : 再会
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          Le dernier concert, Invalide 年度最後のコンサート


            bgdm_Concert_201406_01.jpg

            今年度最後のコンサートは、6月5日でした。
            アンヴァリッドでの演奏会。
            プログラムは、こちらでした。

            bgdm_10371636_10203702600911724_5910543335125033319_n.jpg


            京都にいた頃、楽器をたくさん練習したことなど懐かしく思います。
            シンフォニーなど色々な曲を吹いておいて良かったな。
            とはいえ、吹いたことのない曲ばかりだけど。
            歯が悪かったり不都合もすこしあるのですが、
            それでもまだホルンは良い曲をオーケストラで吹くことができたらと思います。
            コンサートでというよりはもう少しだけ日常的に吹けたらという願いかな。

            bgdm_Concert_201406_02.jpg

            音楽だけに限ったことではないけど、
            それでも確かに音楽はひとりではやらないものかもしれません。
            グレングールドみたいなひともいるけど。
            オーケストラホルンはひとりではやらないので。

            bgdm_Concert_201406_03.jpg

            フランスに来てめっきり楽器を吹かなくなったけど、
            どれほどこれまで手を引いてもらって続けていたということだろうか。
            環境の効果は環境が変わるときまで知るのが難しい。

            bgdm_Concert_201406_05.jpg

            この間実家でピアノを弾いて、ピアノは長生きやなと思ったりしました。
            私は3歳のときにピアノを習い始めて、
            ピアノが実家に設置されたのが正確に何年のことだったのか覚えていないのですが
            いずれにせよ、とにかく鍵盤を叩けば音が鳴るのです。
            当たり前のことなんだけど当たり前でないというか、
            たぶん20年後も、30年後も、音が鳴る。
            ホルンのロータリーは確実に動かなくなるだろうな。

            bgdm_Concert_201406_06.jpg

            ときどきブラームスとか吹きたいです。
            それから木管五重奏のピアニッシモでパラパラしたのとか吹きたい。
            細かいことどうでもええなあと思いながらそれでも合わせる努力とかするのもいい。

            bgdm_Concert_201406_08.jpg

            またいつかシンフォニーとか、
            まだ吹いたことのないシンフォニーやコンチェルトを
            吹きたいな。

            bgdm_Concert_201406_09.jpg

            Category : musique
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            tournesol 2014, ひまわり


              tournesol_2014_3.jpg

              さいたー。
              今年もさいちゃった。
              毎年向日葵が咲く度に、うおお、まだここにおるよって、悶絶。
              向日葵おっきい。

              tournesol_2014_1.jpg

              クローズアップ。

              tournesol_2014_2.jpg

              さらにクローズアップ。


              近すぎると逆説的にも如何に素晴らしいが見えにくい。
              と、思うので、引いてみる。
              ながーい一枚でどうぞ。

              tournesol_2014_4.jpg

              Category : mes plantes
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              voyeur 見られてますよ

              attention aux voyeurs.
              on ne peut jamais être assez prudent.
              regardez ces chats.
              ils étaient adorablement très prudents tous les deux.
              mais ils n'ont jamais détecté mon regard.
              portant, moi je les ai regardés. je les contemplais…


                nyanko_20june_1.jpg
                nyanko_20june_2.jpg
                nyanko_20june_3.jpg
                nyanko_20june_4.jpg
                nyanko_20june_5.jpg

                どれだけ注意深い人も、注意深くなりすぎることはない。
                彼らは十分に注意深く、しかしある視線に決して気づかない。
                どれだけしっかりと見つめていたとしても。
                いかに眺め続けていたとしても。

                Category : photo
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                FOULARD NOIR

                Ce foulard noir est un des objets laissés par ma grand-mère.


                  2014_june_london_2.jpg
                  2014_june_london_1.jpg

                  Category : 家族
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  ArcelorMittal

                  オリンピックパークにそびえるタワー。
                  アーニッシュ・カプール(Anish Kapoor)のデザインした塔ですね。
                  実はオリンピック直前、ちょこっとロンドンに滞在していたことがあり、その際建設途中の公園を遠目に見ました。
                  私は塔には徒歩登るほうが好きなのですが、というか、塔自体そんなに好きじゃないので、ただ山登りや階段を上るためというか、それやったら階段で登るほうがいいので、エレベータには乗りたくないだけなんですね。
                  人が来るたび再三登っているエッフェル塔はエレベータに乗ったことはありません。しかしこのArcelorMittal 、登りは全員エレベータじゃないとあかんのやって。なんかその、「さあ超早いハイテクエレベータに乗って、ドアが開くとそこは最上階、素敵ヴューが丸見えですよ!」的な無駄ロマンな演出がそもそも嫌いなんですよ、20年前の子ども科学館みたいなですね。そういうの。
                  しかしこのヴィジット、私の苦手なグループヴィジットで、文句を言うても仕方がないので、おとなしくエレベータに乗って、ぐるりと見て、帰りはぐるぐるまきの階段で、降りてきました。はい。

                  なぜあらゆる塔はフォトジェニックなのか?
                  人類は未だに高い所に憧れているのか?
                  巨大なものを恐れながらも我がものにしたい願望なのか?


                    2014_june_london_4.jpg
                    2014_june_london_5.jpg
                    2014_june_london_3.jpg

                    Category : photo
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    さいきん

                      2014_june_london_9.jpg

                      みなさん、おげんきですか。
                      こちらも昼間はだいぶんホカホカになってきました。
                      パリ第8大学での後期授業も補講を含めてほぼ終わり、
                      日本語を教えているほうのお仕事もあと二週間ほど、
                      季節というのは何も気にしなくとも時が経ったことに気づかされるので、
                      たしかに有難い変化であるように思います。

                      この夏が終わったらフランスでの生活がまる5年になります。
                      そろそろ引っ越したいです。

                      〈住めば都〉という言葉があります。
                      〈住めば都〉は〈住めばパラダイス〉とは意味が違います。
                      〈住めば都〉とは、どこでも長く住めば居心地がよくなってくると言う意味で、
                      居心地がいいというのは、外の世界との抵抗感とか、
                      自らを取り囲む環境への不便さとか、心の負担が少なくなってくるというくらいの意味で、
                      そこに、その土地を積極的に肯定するような意味はないのです。

                      人の記憶は出来事や人や場所といった要素のうち、
                      たった一つのみと独立して関係を結ぶことはあまりなく、
                      そういった意味で想い出はしばしば総合的に紡がれるので、
                      故郷は多くの人にとって生涯特別な土地であり、
                      長く住んだ土地や人生の重要な転機を経験した土地は、
                      ある人にとって死ぬまで特別な意味を持ったりします。

                      そんなふうにして、
                      移り変わる季節がしばしばそうするように、
                      生活する場所が変化することは有難いこともあって、
                      さいきんますますそんな想いが強い。

                      写真は、先日お友達になったJubilee Market (London)にストールを出してるハンコ屋さんのミニ。
                      結構ディテールがようできてる。亀を探したんだけど、いい亀を発掘する時間がなく。また今度。





                      Category : journal
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                      該当の記事は見つかりませんでした。
                      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。