blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

FOULARD NOIR

Ce foulard noir est un des objets laissés par ma grand-mère.


    2014_june_london_2.jpg
    2014_june_london_1.jpg

    スポンサーサイト
    Category : 家族
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    ArcelorMittal

    オリンピックパークにそびえるタワー。
    アーニッシュ・カプール(Anish Kapoor)のデザインした塔ですね。
    実はオリンピック直前、ちょこっとロンドンに滞在していたことがあり、その際建設途中の公園を遠目に見ました。
    私は塔には徒歩登るほうが好きなのですが、というか、塔自体そんなに好きじゃないので、ただ山登りや階段を上るためというか、それやったら階段で登るほうがいいので、エレベータには乗りたくないだけなんですね。
    人が来るたび再三登っているエッフェル塔はエレベータに乗ったことはありません。しかしこのArcelorMittal 、登りは全員エレベータじゃないとあかんのやって。なんかその、「さあ超早いハイテクエレベータに乗って、ドアが開くとそこは最上階、素敵ヴューが丸見えですよ!」的な無駄ロマンな演出がそもそも嫌いなんですよ、20年前の子ども科学館みたいなですね。そういうの。
    しかしこのヴィジット、私の苦手なグループヴィジットで、文句を言うても仕方がないので、おとなしくエレベータに乗って、ぐるりと見て、帰りはぐるぐるまきの階段で、降りてきました。はい。

    なぜあらゆる塔はフォトジェニックなのか?
    人類は未だに高い所に憧れているのか?
    巨大なものを恐れながらも我がものにしたい願望なのか?


      2014_june_london_4.jpg
      2014_june_london_5.jpg
      2014_june_london_3.jpg

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      さいきん

        2014_june_london_9.jpg

        みなさん、おげんきですか。
        こちらも昼間はだいぶんホカホカになってきました。
        パリ第8大学での後期授業も補講を含めてほぼ終わり、
        日本語を教えているほうのお仕事もあと二週間ほど、
        季節というのは何も気にしなくとも時が経ったことに気づかされるので、
        たしかに有難い変化であるように思います。

        この夏が終わったらフランスでの生活がまる5年になります。
        そろそろ引っ越したいです。

        〈住めば都〉という言葉があります。
        〈住めば都〉は〈住めばパラダイス〉とは意味が違います。
        〈住めば都〉とは、どこでも長く住めば居心地がよくなってくると言う意味で、
        居心地がいいというのは、外の世界との抵抗感とか、
        自らを取り囲む環境への不便さとか、心の負担が少なくなってくるというくらいの意味で、
        そこに、その土地を積極的に肯定するような意味はないのです。

        人の記憶は出来事や人や場所といった要素のうち、
        たった一つのみと独立して関係を結ぶことはあまりなく、
        そういった意味で想い出はしばしば総合的に紡がれるので、
        故郷は多くの人にとって生涯特別な土地であり、
        長く住んだ土地や人生の重要な転機を経験した土地は、
        ある人にとって死ぬまで特別な意味を持ったりします。

        そんなふうにして、
        移り変わる季節がしばしばそうするように、
        生活する場所が変化することは有難いこともあって、
        さいきんますますそんな想いが強い。

        写真は、先日お友達になったJubilee Market (London)にストールを出してるハンコ屋さんのミニ。
        結構ディテールがようできてる。亀を探したんだけど、いい亀を発掘する時間がなく。また今度。





        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
        該当の記事は見つかりませんでした。
        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。