blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

人と猫も 亀と人も


    marvine20141011_1.jpg

    人と人も
    人も猫も
    亀も人も
    小鳥もハリネズミも
    関係し合って生きていると思う。

    スポンサーサイト
    Category : friends
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    マルビン様を釣る

      marvine20141012_2.jpg

      マルビン様の
      目線を頂くのが本当に難しい。
      というかマルビン様って
      絶えず動いてるということが
      他の猫と比べるとよく分かりました。

      お昼寝してて超寝ぼけているのに
      そーっと撮ったろとすると
      ヨロヨロしながら起きてきて動き回るし
      美味しいご飯で釣ろうとしても
      美味しいご飯に一直線すぎて釣れないし

      釣れないかと言えばそうでもなくて
      やたらとゴロゴロべたべたしてくるし。
      なんやねん。

      marvine20141012_1.jpg
      marvine20141012_3.jpg
      marvine20141012_4.jpg

      こんなうるりとした顔とか。

      marvine20141012_7.jpg

      Category : friends
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      ヴィエリチカ岩塩坑からやってきた 岩塩ちょっと溶けちゃった。


        sel2014.jpg

        ポーランドの塩。
        岩塩が溶けちゃって、
        結晶ができてました。

        育てているCrassula Ovataの鉢植えと
        サボテンの赤ちゃんをちょっと避難してた受け皿
        お水をあげたときに岩塩にもかかったようで

        ヴィエリチカ岩塩坑からやってきた
        岩塩ちょっと溶けちゃった。
        結晶があまりに綺麗で
        うっとりしました。

        sel2014_2.jpg

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        ドゥドゥース

        20141012_dejeuner_1.jpg

        20141012_dejeuner_3.jpg

        20141012_dejeuner_2.jpg

        おばあちゃん猫のドゥドゥース、18歳半だそう。
        人間にしたら90歳以上だそうですよ。
        ドゥドゥースは抱き上げられたりわしゃわしゃされるのが嫌い。
        白身のお魚が好き、喋るのは結構好き、独りになるのは嫌い。

        マラケシュのエピスのソース、トマトとパプリカのソース
        を付けたお魚。

        カラメルのメランゲと
        アイスは抹茶とコーヒーの二種。

        シェフはいつもドゥドゥースよりちょっと若い娘とその父。

        いつも気にかけてくれてどうもありがとう。

        Category : friends
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        埃っぽいようなしかし粒が光を反射するような


          paris20141011.jpg

          かつては当たり前であったようなことが
          ぽっかり失われてしまったとしても
          そこにはぽっかりとした間が存在するのではなく
          間は存在しないかのように
          間には光を反射する粒がそこには何もないということを
          埃っぽいような空気の粒が陽の光を照り返すことによって
          腕を上げたり靴先を少し動かしたりすることが
          まばたきをしたりつばを飲んだり
          もう一度瞬きをしてもやはりそこに似た景色があり続けることなど
          そう信じられることは埃っぽく満ちた粒のおかげである。

          Category : journal
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
          該当の記事は見つかりませんでした。
          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。