blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

la composition de forêt

両足にくつをはいて、
襟のぴしっとしたシャツのボタンをしめ、
指の爪までまあるくすきまなく、

風の粒がさけて通っていくようなときは、
風の粒にさけられてしまうことを思う。

足がはだしで、
ボタンをたくさんしめないで、
指先のもっとも外がわと中がわがそれぞれ自由なら

今よりもきっと
ゆっくり息が吸えるのに。
遠くまで歩いていけるのに。



    blogmimi_DSC08553.jpg

    blogmimi_DSC08558.jpg

    blogmimi_DSC08554.jpg

    スポンサーサイト
    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    2014.11.17 Un après-midi pluvieux, Paris


      20141117_paris_1.jpg
      20141117_paris_2.jpg
      20141117_paris_3.jpg

      Category : photo
      Posted by Miki OKUBO on  | 1 comments  0 trackback

      progrès, croissance et stabilité

      Dans le monde,
      il y a des êtres qui avancent,

      20141112_13.jpg

      qui fleurissent,

      20141112_14.jpg

      et il y a aussi des êtres qui attendent
      le moment de flétrissement.

      20141112_1.jpg

        Category : photo
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        Boundaries


          20141112_10.jpg
          20141112_9.jpg

          境目とはなにか。
          境目とは、異なるものが差異を失う瞬間である。

          20141112_8.jpg

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          蛍光灯の部屋でつんと立っていたヒヤシンスが 陽に向かって斜めに花を咲かせるようなこと。

          20141112_5.jpg

          世界の出来事を知るためのてがかりは
          いくつもある。
          てがかりはかならずしも遠くなく
          しばしば最もまっすぐやってくる。

          20141112_4.jpg

          それは必ずしも豊かでなく
          潤沢でも多様でもない。

          20141112_3.jpg

          それはたとえば調理も加工もしない
          野菜が甘かったり苦かったりするのや
          蛍光灯の部屋でつんと立っていたヒヤシンスが
          陽に向かって斜めに花を咲かせるようなこと。

            Category : photo
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            リズムのある絵画


              20141104_1.jpg
              20141104_2.jpg
              20141104_3.jpg

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              できごとを反芻する思考 呼吸すると感ぜられるにおいと味


                20141107_ciel_1.jpg

                ふれえないとおもうもの
                ふれたいもの
                ふれたのかわからないもの
                ふれているもの

                風が吹いていることや
                葉が音を立てていること
                赤と緑が昨日よりも深く混ざり合うことや
                雲のまだら模様と月が滲むこと

                できごとを反芻する思考
                呼吸すると感ぜられるにおいと味。

                言語はとるに足らないものだけど
                世界の中にある。

                20141108_plante_1.jpg

                Category : photo
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                猫舌 langue de chat


                  2014_langue de chat
                  私は舌が好きである。
                  お菓子はあまり好きでない。
                  お菓子は作るのは楽しいがさほど好きでない。
                  しかしながらたえられない名前のお菓子が在り
                  ラングドシャである。カタカナで書くとドシャみたいだが
                  langue de chatである。猫舌である。

                  ラングドシャはよくできた響きである。
                  ラングドシャもlangue de chatも然りである。

                  ビスケットより猫舌そのものが結構好きなのだが
                  猫舌はなかなかよい。
                  マルビン様は私の手からときどきご飯を召し上がる。
                  猫舌はざらっとして抵抗がすごい。

                  20141106_neko_1.jpg
                  20141106_neko_2.jpg

                  Category : journal
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  マルビン様のすりぬける


                    20141107_chat_2.jpg
                    20141107_chat_1.jpg

                    Category : friends
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    窓と葉脈と

                    20141107_fenetre_1.jpg

                    窓を介してみる世界もまた一つの世界です。
                    だからこそ世界は毎日かわり
                    今日が来て明日が来るかもしれずいまここにいることが分かる。

                    20141107_fenetre_4.jpg

                    窓の外にある世界が本当で
                    内側から見る世界はとおくで見ている世界なんてことはなく。
                    どちらも在って、どちらもない。

                    20141107_fenetre_3.jpg

                    窓を見て、
                    葉脈の命が流れる様子を見て、
                    向こうから光のやって来る様子などを知り、
                    今日の夕方にまた寒くなることを思う幸せなど。

                    20141107_fenetre_2.jpg

                      Category : photo
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                      該当の記事は見つかりませんでした。
                      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。