blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

2015年5月19日の日記

2週間の滞在を終えて、今日またフランスに戻ります。今回は爽やかな5月に一時帰国できたことで暑いとも寒いとも言い訳せず元気に活動することが出来ました!お忙しい中お時間を割いてお会いしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

滞在では、パラ人やカタログ翻訳などを通じて期待していたPARASOPHIAをやっと終盤連日訪れることができ、良かったです。また、Pilvi Takalaの紹介で関わらせていただいた岡本光博さんのギャラリーでの『ディズニー美術』とても面白かったですし、関連して開催されたトークイベントも非常に充実していました。
神戸ファッション美術館の超絶刺繍展は本当におすすめです。

久しぶりの夜行でやや無理矢理訪れた東京では、光琳やオロスコ、小夜子展もよかったですが他人の時間展は私はもう一回見たいな〜と思うほどです。

地元札幌では祖母の一周忌に出席しました。葬儀からお世話になっている住持職の方の読経が私はとても好きで一緒に読んだり少しお話を聴いたりできたのも印象深かったです。一年前のことは鮮明に記憶したままです。一年前も私は恵庭と札幌に居ました。そのとき数珠を創りました。緑の石をたくさん入れた数珠です。

秋田県での記号学会「美少女の記号論」では、これまで取り組んできた多くのテーマが私にとっては断片的にも包括的にも抽出されたようなテーマであり、三年ぶりの国内大会の参加となりましたが、秋田でお世話になった阿部さん皆様はじめ、あの2日間に参加できましたことを感謝しています。

6月30日にはパリ第8大学に提出した博士論文の諮問が決まっています。2009年以降のフランス滞在の、一つの区切りとなるタイミングです。どこに滞在し、どこで活動するかということは、生まれた札幌以外、偶然や選択やチャンスや運命に拠るものと思ってきました。場所の持つ力や特徴、自分の性質との相性などは、あるにはあるかもしれませんが、基本的に、どこで、どなたと、どのように過ごしても、対話的に元気に活動していこうと思います。
みなさまこれからも楽しいプロジェクト、実現しましょう!

写真は実家を出発する前の日の朝食です。魚はとうの昔に仕事をやめている父がなけなしの趣味としてときどき岸壁で決行している釣りの成果、めんこいニシンです。秋田の米ももちろん美味しかったけど、北海道の米も美味しいです。アスパラは初物で祖父母の地元である帯広から出席した親戚の畑で採れたものです。

みなさまに愛を込めて
2015年5月19日
asagohan.jpg

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/1023-270d62f5
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。