blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

la serrure d'amour

Les Serrures d'amour du Pont Neuf

夕方ポンヌフを歩くと足の踏み場もないほどの人で
友達や恋人とピクニックをしていて
ビールを飲んだりサンドイッチやおやつを食べながら
沈んで行く太陽をながめてぼんやりしている。
音楽をしている人や飲んだくれてる人やしっとりしている人が居る。

pont neuf1

ポンヌフにつけられたたくさんの錠は
京都の地主神社みたいなものらしく
恋人達ががちゃりとかけていったもの。
絵馬とかおみくじだったらなんとなく整理されたり紙が破れたりして
そのうちなくなるんだろうなっていうことがイメージできるけど
錠って、鍵をかけるという絶対的で支配的な意味があるうえ奴らはメタルでできていて
たしかにそうかんたんにとれそうになく、
しかも特定の鍵でしか開かないという点で、非常に詩的な感じはします。

pont neuf3

名前なんか刻んで、旅の想い出チックです。
別れたらはずしにくるんだろうか、と馬鹿なことをつぶやいたら、
住んでたらともかくわざわざパリまで外す為には来ないんじゃないと適切な返答をよこす。
錠なんかで人の関係は左右されるはずもないのに、
モノをシンボルにして願をかけたり約束を誓ったりする私たちはか弱く可愛らしい存在だと思ったりする。
たしかに恋人からもらった指輪は失わない方がよく、かといって最初からないよりはある方がよいからだ。

pont neuf2

関連記事
スポンサーサイト

Category : journal
Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/132-d9393ef9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。