blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

cheese kingdom/ チーズ王国

わたしはふとチーズ王国に辿り着いた。
チーズ王国はモンパルナスの7パルナシアンという映画館のすぐ近くであり
ドームとかクーポルといったいわゆる有名レストランのすぐ近くでもあった。
より正しく言うならば、チーズ王国はレストランドームが直経営している魚屋さんと映画館の裏口との間にある。

チーズ王国は入ってみると思ったほど臭くない。
人々がチーズにたいして抱くような強烈な乳臭い匂いはそこまでしない。
カマンベールの世界が滅びても生き残りそうな匂いやブルーチーズの鼻の曲がるような匂いはそこにはない。

誤解を避ける為に言及しておくが、わたしはいつとも思い出せない生来のチーズファンであって
具合が悪いときでもお茶漬けにチーズを入れて食べられるほどチーズが好きだ。
かといって、チーズ王国が臭わないのは、私の鼻がチーズ臭にたいして壊れてしまっているからではなく
それは客観的な環境として、あまり臭わない、と叙述しているのである。


    cheesekingdom1.jpg


    cheesekingdom2.jpg


    cheesekingdom3.jpg

    私はそこで非常に熟成が進み乾燥が程よく進んだ二つの種類のチーズを購入した。
    チーズ王国の店員はそれを丁寧に紙に包み、両はじをぎゅっとしぼったので
    それは昔のひとつひとつ包まれたまるいあめ玉のようにして手渡された。

    熟成が進んでいくと、当たり障りのないゆるやかな風味から
    どこからやってきたとも想像のつかない強い刺激を舌に残すぴりっとしたものを持つようになる。
    よく水分が抜け落ちたこのつぶれた円柱型のチーズはさらなる熟成へ向けて
    ぴりっとした味のその先端をさらに鋭くしながら
    王国を一足早く去ったことを半ば後悔し、半ば喜々として押し黙っていた。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/173-d630bf4e
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。