blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

penseur


    museerodin3.jpg

    霧雨の中のpenseurはやはり考えが深い。
    いくらまわりで子どもや大の大人が彼のポーズを真似し
    しかし表情までは真似しきれずに記念撮影しようとも
    彼の考えの深さには似ても似つかない。

    デッサン展を見にロダン美術館に行ったら
    コレクションは一時的に閉館していて
    見られるのはエクスポジションと霧雨のお庭であった。


    先週からどうやら楽器を吹き過ぎである。
    演奏会ラッシュは突然やってきて
    去るときはバッサリと去っていく。
    ときに飢えるほどに何もなく
    ときに吐きそうなほど練習と本番が続く。


    以前はそんな過剰な両方の時期に対して
    苦痛以外の何も感じずに過ごしていた気がする。

    だが、ふとあるときから
    楽しみに思うことができるようになった。
    嫌なほどできることはそうたくさんないと
    今では知っているからであろう。


    penseurは想っている。
    彫刻にこのポーズはずるいと思う。
    想っているというジェスチャーを取り上げることによって
    否が応でもその彫刻は物質的な彫刻というものを
    超えざるを得ないからである。


    名前を与えるということは、力がある行為である。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : visite
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/385-b2fd7bec
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。