blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

carnivore, insectivore plante

ちょっとだけ怪しい話をします。



    一般的に植物は、食物連鎖において生産者、
    つまり他の生物がつくったエネルギーを捕食によって獲得するのではなく、自ら光合成によって有機物を合成するものとして位置づけられています。
    しかしご存知のように、食虫植物という例外的な輩がちらほら存在します。
    葉や茎に捕虫器官を持ち、虫をおびき寄せて粘液でくっつけてしまったり、罠のような歯の中に閉じ込めてしまいます。
    食虫植物は消化酵素によって捉えた虫を消化•吸収することのできるミラクルな植物です。
    彼らは自分でも光合成によって栄養をつくっているために、環境によっては実は虫を食べる必要がないとか。。。
    一般に土壌から十分な栄養を吸収するための根の発達が不十分で、さらに窒素やリンが不足している場合にそれを補う手段として虫を食べているようでございます。


    carnivore1.jpg


    ホームセンター的なチェーン店、トリフォーにサボテンではなくて、ひまわりの種を探しにいったところ、素敵な食虫植物がわさわさ売られており、10分くらい立ち往生して悩んでしまいました。
    ウツボカズラとかハエトリソウってカッコいいよなあ。。。と。
    しかし、彼ら、栄養が貧しい土地で生きていることが多いとはいえ、サボテンとは正反対にお水はこまめにたくさん必要なのです。可哀想なことになってはいけないのでやめておきました。


    carnivore2.jpg


    さて、食虫植物は意外と育てやすいために数年前からちょこっとブームみたいですね。
    若い女性や中年男性に人気(?)というのもよくわからない情報だけれど
    (人気ということによってブーム化しているだけかも)
    とにかく、食虫植物が欲しくなる気持ちはややわかります。
    食虫植物はan insectivoreですが別名carnivore、普通に肉食植物、です。
    肉を喰らう生き物って見ていてちょっとわくわくする気がします。
    肉食獣のお食事はカッコいいし、
    以前飼っていた亀がなま肉を喰らっているのも見ていてうっとりしました。
    そういえば、焼き肉を食べている人とか、ユッケを食べている人を見るのも結構好きです。
    carnivoreな場面には、人をワクワクさせる何かが、あるにちがいありません。


    carnivore3.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/440-ea513aac
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。