blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

日本記号学会 第32回大会

演奏旅行レポートのつづきだったのですが、、、
学会のご連絡をさせて頂きます!
今週末、神戸です★
salon de mimiに発表要旨も載せました。
ご都合が許される方はぜひおこしください ^^


    日本記号学会第32回大会 「着る、纏う、装う/脱ぐ」
    開催日:2012年5月12日(土)・13日(日)
    会場:神戸ファッション美術館 第一セミナー室/第二セミナー室/ギャラリー

    1日目:5月12日(土)
    13:00
    会場・受付開始(学会員のみ)
    13:30
    総会(学会員のみ)
    14:00ー16:45
    実行委員長挨拶・問題提起 小野原教子(兵庫県立大学・現代ファッション)
    セッション1「(人を)着る(という)こと」第一セミナー室
    鈴木創士(フランス文学者/作家/音楽家)/幣道紀(曹洞宗近畿管区教化センター総監/妙香寺住職)/塩見允枝子(音楽家)/木下誠(兵庫県立大学・フランス文学)
    17:00-17:45
    企画パフォーマンス 西沢みゆき(新聞女)

    2日目:5月13日(日)
    10:00-12:45
    研究発表(※詳細はサイトをご覧下さい)
    13:45-16:00
    セッション2「なぜ外国のファッションに憧れるのか」 第一セミナー室
    高馬京子(ヴィータウタス・マグナス大学アジア研究センター・言語文化学)/池田淑子(立命館大学・カルチュラル・スタディーズ)/大久保美紀(京都大学大学院/パリ第八大学・美学)/杉本ジェシカ(京都精華大学国際マンガ研究センター・マンガ研究)
    16:15-17:45
    セッション3 「〈脱ぐこと〉の哲学と美学」 第一セミナー室
    鷲田清一(大谷大学・哲学) VS 吉岡洋 (京都大学・美学)
    17:45
    閉会の辞 吉岡洋


    日本記号学会ホームページはこちら(プログラムもこちらをご参照ください)

    *上記研究発表内、第一セミナー室において
    「モビリティ概念と身体意識 ~現代の自己表象行為を特徴づけるもの~」
    および、2日目午後のセッション「なぜ外国のファッションに憧れるのか」において、
    「ファッションとキャラ的身体」というテーマで発表します。

    発表要旨は、
    salon de mimi
    をご覧下さい★★★
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : message
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/454-3bd45b29
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。