blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

exposition de soi, 8ème cours / 第8回授業 自己表象


一人の生徒が、
「そのネクタイはどこで買ったんですか?」
と聞くので、
「これはね、父が昔まだサラリーマンして働いてた時に使ってたのをもらったんだヨ」
と答えた。
何十年前のものか、わからないけど、緑の地に赤と黄色のラインが入っており、
アニマルが並んでいる。
なぜか、コアラだ。


    cravate1.jpg

    cravate2.jpg

    cravate3.jpg

    第8回目の授業が終わって、もうすぐ11月も終わりです。
    (いやじつは、まだ来週の金曜日も11月であるが。)
    だんだん準備するのも2時間半喋るのも慣れてきました。
    そして大変な思いをお互いにしているけれども、
    このためにつくったブログでのみんなの頑張りは結構エラくて
    しばしば感心していますし、私もぜんぶ見るのがときどき大変なのだが
    この方向でやってみてよかったなと今のところ思っています。

    何がいいのかというと、ただ授業をしてるよりも、
    ブログ上でみんなのはっぴょうがあり、
    授業で会ったときお互いにそれについても必ず話をするので
    参加している人たちがそれぞれ別の参加者にも興味を持つし
    私もひとりひとりの書いたものや話したことに興味を持つことができる。
    60人、70人もいると私は非常に名前を覚えるのが苦手なので
    これがないと確実にだれがだれだかわからないのだが
    各々に実践してもらってるexposition de soi (sur le blog!)のおかげで
    授業題目をそのまま実践するというか、結果としてそれが実現できてよかったです。

    ブログに書いてもらっている内容は、
    毎回授業後に決められたテーマについて各自で論述するごく短いテクストなのですが
    ただのレジュメとか伝言ゲームには興味がないので
    ちょこっと何か作ってもらったり、個人的なものを出してもらったりしています。
    こんなことを要求して文句を言われないのが、
    自己表象をあたまからうたった授業のいいところでしょう。

    理論の授業は前期しかとれなくて、後期は実技をしないとならないので
    初めてだったしやりたかったトピックが多過ぎてツメツメになったのですが
    せっかくですので、参加してる子たちがつくってくるものに対して、
    最後までできる限りキャッチして投げ返したいと思います。
    いずれにせよ、フランス語で2時間半持たせることついて、
    私の今の段階でこれをやるチャンスをもらえたのは、
    ほかのなにものにも代えがたい経験であることに違いありません。
    今でも言いたいことの60パーセントくらいが
    言えないままに頭の中で溶けていくのを見過ごしてる気がするのですが、
    ちょっとずつマシになってるに違いありません。感触として。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/554-ff5673dc
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。