blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Souvenir of Biwako lakeside


    biwalake.jpg

    昨年末に、比良のギャラリーサラさんで個展をされていた、
    写真家の松田有加里さんのFantasiaにお邪魔した際、
    湖西線に乗り、近江舞子で降りました。
    (松田さんの展覧会については、salon de mimiに掲載しました)
    この日目にした琵琶湖と空の様子です。とても綺麗でした。

    私は今は車を運転しますが京都ではしていませんでしたので、
    しばしば知人が琵琶湖を一周したら気持ちがいい話などを
    右から左に適当にしか聞いていなかったのですが、確かに良さそうです。

    琵琶湖というのは、私にとっては和邇と浜大津です。
    両方音楽関係で通った場所です。

    和邇は、まだ滋賀県と京都府と琵琶湖の位置関係もわからなった
    大学1年生の夏から大学4年生でオーケストラをやめるまで
    京都大学交響楽団の全体合宿が和邇の合宿場で行われていたので
    オーケストラ全体で年2回、その他も併せて年に何回か行きました。
    私には珍しく、幾つかある敷地内の建物マップまで覚えています。
    ちなみに、今はさも琵琶湖の地理が明瞭に分かっているかのように上述しましたが
    依然としてぜんぜん分かっていません、やはり一周するしかありません。

    浜大津は、大津ユースオーケストラというオーケストラに所属していた時
    練習が浜大津でしたので通いました。
    私はこれまでオーケストラのオーディションを受けたことが3回ほどあり
    あたりまえですがすべてアマチュアのオーケストラですが、
    ここのオーケストラを受けたのが初めてのオーディション経験でした。
    よく覚えているのですが、チャイコフスキーの交響曲第4番の
    一楽章冒頭を思いっきり吹くという、今思えば、そうですかっていう物なのですが、
    前日から当日直前までゲルギエフの当時流行っていたCDを充満させて
    なんだか吹いたのですね。それで運みたいな話ですが良い経験が出来ました。

    2度目はソルボンヌのオーケストラを受けたときですが、
    この時もフランスに来たばかりだったのですがオケで楽器が吹きたくて
    お友達もいなくて一人でオーディションに行きました。
    つまり、ピアノ弾いてくれる人がいなかったってことなんですが。

    そうそう、琵琶湖の話でした。

    だから、私にとって琵琶湖は
    和邇と浜大津とオーケストラと残暑と早春で
    構成されていたのです。
    そして、この間から
    比良山とギャラリーサラさんと松田さんの展覧会。
    それからこんな雲の様子などはこれまでとはちがって見えました。




    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/588-28add12d
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。