blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

肌/ peau

木の肌にも皺が寄ったり、断片がポロポロ剥がれたりする。
ポロポロ剥がれてもう剥がれるためのカケラがなくなってしまい
つるっとしている部分もあるし
上にある肌と下にある組織との動きのねじれのために
表面に皺が現れているような盛り上がった部分がある。


    peau0.jpg

    傷が治らずに化膿してしまったりして
    かさぶたは表面ではなくてもっともっと深いところにまで食い込んでいて
    それを治ったかと思ってぱかっと蓋を開けたときに
    思っても見ないような奥行きと空っぽの部分が身体の中にあるのに気がつくように
    木の肌もそのポロポロを全て剥がしていったら現れるつるつるの表面の奥には
    なにか充溢したもので満たされているのではなくてむしろ
    とても密度の小さいパーティクルがまばらにせいぜいあるか
    あるいは、そこにはなにもないのかもしれず
    それはそれでとても当たり前のことでもある。

    peau1.jpg

    人間の身体にも木々の肌の表面に見える
    表面に浮かんでいるけれどもそれがずっと深いところまで関係しているような
    盛り上がっている部分に相当する箇所があり
    そこは表面にあるけれどその中側にも深くそして外側にも開いていて
    世界はそこから得られそこからしか得られない。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/617-9a438052
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。