blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

Picnic concert in Genainville

エキストラで演奏会に出ることになり
知ってるのはホルニストの二人だけ。
Levalloisというパリの西隣の街へ初めて赴く。
素晴らしいMairieの建物、町並みも神々しい。
ここに集合して、みんなでバスに乗ってカンパーニュへ向かう。


    genainville1.jpg

    パリを脱出するというだけで、ウキウキなんだよ。
    青空と若者もついてくるとはさらにワクワクなんだよ。

    genainville2.jpg

    この演奏会で今年度の音楽活動終了です。
    ちなみに大学の担当授業は5月終了、
    別の非常勤も先週終了、他にもいろいろありますが
    晴れてるだけで夏休み気分!

    genainville3.jpg

    高速道路ガッラガラで快速に走ること。近い。
    ヒールで来ちゃった空気読めない私は
    チェロさん達といっしょにワゴンで運ばれる。
    運動靴の人は草むらを延々と歩く。
    山道小道すれ違えるわけのないでこぼこ道!
    道の両サイドはもちろん小麦畑!

    genainville4.jpg

    アニマル!
    (羊をみて牛!と叫んだパリジェンヌにおじさんドン引き)
    というわけでめんこい羊のわらわらしとること。
    いったいどこやねん。どこのハイジの世界やねん。

    genainville0.jpg

    このへん。70キロくらいです、パリから。
    Genainvilleっていう可愛らしい街です。
    村の真ん中にある教会は13世紀のもの。
    それにローマ時代の遺跡が出てきちゃって大変。

    genainville6.jpg

    ついたついた。炎天下。
    コンセルヴァトワールの生徒さんたち、楽器の安否を気遣う。
    (炎天下に放置したら、割れますから。ホルンは気楽やなー。)

    genainville7.jpg

    野外ステージ。
    干し草の椅子。手作り感。究極のエコ。
    こんなワールドがあったなんて。生きててよかった。

    genainville5.jpg

    突然開会式。
    なんと村総出での1年半にわたる企画、
    半年のボランティアさんたちの熱心な仕事の
    総決算としての素晴らしい日!
    こんなに晴れてホントによかったね!

    genainville8.jpg

    開会式で振る舞われたサングリアが激ウマで
    そして村人が親切で楽しくて盛り上がり、
    つまりはサングリアでお腹いっぱいになる。
    とりあえず、羊。

    genainville9.jpg

    サングリアがすっかり醒めてもまだ昼ご飯にならない?
    というか気がついたら10時半に着いて14時。
    いったい本番は何時なんですか?とついに指揮者に質問。
    16時半くらいかな?
    まじすかー!!!

    genainville10.jpg

    噂によると、というかステージを見たところバレエのスペースがない。
    バレエじゃないのか?くるみ割りと白鳥湖は。
    チュチュじゃないのか?チュチュじゃ。
    大事件にとりあえず少女たちのコンテポラリーダンスを見学。

    genainville11.jpg

    踊っております。
    長い髪の美しい女の子のイメージ?
    とにかく、女の髪がモチーフになってるダンスです!

    genainville12.jpg

    みんな楽器を守るのに必死になるほどの炎天下。
    寒いと予想してきた私は上下スーツに黒のブラウス(長袖)。
    私は熱中症になるまであまり汗をかかない体質で
    日頃浴びない太陽を満喫しひたすらぼーっとしておるところ
    その暑苦しい格好で死にやしないかと音楽家に心配される。

    genainville13.jpg

    たしかに、ステージに上がると太陽直下で
    扱ったのでせっかく色々着てきたが脱いだ。
    外でチャイコフスキー吹くとか大変よ。
    私はセカンドに徹しましたが、ファーストブラボーだね。

    genainville14.jpg

    究極のエコ、干し草の椅子はやはり完全に手作りで、
    終わってお客さんもみんないなくなると、
    かなり歳のいい腕のおじさんと、ペーパーワークっぽい若者が来て
    おじさんが若者の3倍くらいの早さと効率で働きながら
    その椅子をひとつひとつ人力で運び、積み上げて
    会場を解体していた。
    感動した。

    その様子のこととか、その時見た空のことを
    この先もずっと覚えているのではないかと直観した。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : photo
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/705-dbf90684
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。