blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

おねこさま


    re_DSC03031.jpg

    おねこさまが轢かれて死んでいた。
    いつも通る帰り道で、ぴゅーっと坂を上って、
    でもじつはいつも、注意しながらそこを通っている。
    なぜならそこには猫道があり、以前自転車に乗っていたときなどは
    よく猫の家族が子どもを連れているのを目にした。

    車に乗るようになっても、
    そこには急に道を渡る猫の家族がいるんじゃないかと思って、
    夜も昼も、自然によく見る癖がついている。

    実は以前、自転車に乗っているときに、
    こちらでは自転車は車道を車と一緒に駆け抜けるので、
    プラプラすると引っ掛けられそうになって危ないのだが、
    私の後ろを走行する車に怒鳴りつけられたことがある。
    何度も見た黒猫の子どもが道ばたに転がっていたからだ。
    この道を走る車は、時速50キロくらいで突っ走る。
    たぶんこの町有数の猫道が車道をつっきることを知らない。

    今日猫がいる予感がして、やっぱり道に落ちていた。
    大きな灰色の猫で、車の下から飛び出したところを、
    ひっかけられたのだ。だって車は時速50キロなんだから。

    フランスでベレー帽をかぶるのなんて、
    モンマルトルの観光客くらいやろうと思って、
    ディズニーランドでミッキーの耳をつけたり、
    ロンドンでI love LondonTシャツを着て歩いたり、
    そんなんとてもできないので、
    ベレー帽をかぶったことなんてあったっけ?
    しかしかぶってるのは私なのだから、
    この帽子は一体どこに行ったのだろう。
    ときどき、覚えていないことがある。
    でも、焦ることはない、覚えていないこともあるのだ。

    おねこさまのことも、いつのひか、
    はっきり覚えているかもしれないし、
    ベレー帽のことも、思い出すかもしれない。
    あるいは、おねこさまは道をかえるかもしれない。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/804-659b1ba2
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。