blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

SALON de MAI, 64ème et dernier SALON

運命みたいなものは、
運命として受け入れたほうが楽である。
運命なんていうからたいそうに聴こえるが、つまるところそれは、
「そうなるはずだったもの」。予定されていることのひとつに過ぎない。
予定されていたことがその通りになったのである。
予定とはそうなる確率が高いから、予定なのである。
つまり、運命とはじつは、ふつうのことである。
そこにロマンもドラマもじつはない。
そのことは、兼ねてからの予定だった。

5月6日、先日 Salon de mimiで展覧会を紹介させていただいた
井上佑吉さん Yukichi INOUE
: http://milleetunetetes.com/yukichi-inoue
: http://www.mrexhibition.net/wp_mimi/?p=2908(Salon de mimi)
: http://chez-nous.typepad.jp/tanukinohirune/2014/04/石に話すことを教える.html (石に話すこと、関連)
が参加されているSALON DE MAIのレセプションに行って来た。
送っていただいた招待状が5月5日に届いたからだ。

Salon de Maiは1945年に始まった歴史あるパリでのアートサロン。
今年は第64回目にして最終回となることが決まっているそうだ。
「最近の若いアーティストはサロンでなくてもHPなどがあるから」
そうは言っても直接作品と作家に出会うのとウェブで作品を見るのとは同じじゃない。
このことは、ウェブがあろうと映像作品であろうと、
今日もなお場所を使って人を呼んで展覧会をやり続けることと
根っこの部分では同じ問題を共有していて、
結局は、それでもやはり展覧会はなくならないのだ。
人は出会いたいから。人は物質だから。人は経験するから。


    bgdm_inoue salon de mai 64 3
    bgdm_inoue salon de mai 64 2
    bgdm_inoue salon de mai 64 1
    bgdm_inoue salon de mai 64 4

    井上さんの彫刻、今回は4つの顔が会場で紹介された。
    秋はまた違うタイプの空間での展覧会を控えているそうだ。


    絵画作品の多いサロンであるが、素敵なお尻の絵があった。
    ホラ。ほーら。

    bgdm_salon de mai 64 3
    bgdm_salon de mai 64 4

    2日半くらい住んでみたいなぞの基地風隠れ家。
    地下にはトロッコとかある。

    bgdm_salon de mai 64 1

    素敵な犬の絵。
    生き物の種類の境界線が溶け出しているような絵である。

    bgdm_salon de mai 64 2

    5月サロンは5月11日まで、
    Espace Commines
    17, Rue Commines 75003 Parisで開催中。
    レピュブリック広場の近くだよ!

    bgdm_republique 6mai14
    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : exposition
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://mimichaton.blog67.fc2.com/tb.php/866-33b4ef54
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。