blog de mimi | Photos. articles about exhibitions, artists and events. Essays. Announces.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Miki OKUBO on  | 

食べること


    repas decembre 2015

    食べ物は大切である。

    何を食べるか、何を食べないかは、どれだけいそがしい生活においても、たえずクリティカルな問題で、かつて私はドラえもんの生まれた22世紀の未来の人々がボタン一つで栄養価を完璧に計算された食事を手に入れるような、つまりは食について「頭を抱える」ことのない生活を、なんと便利なことだろうと眺めていたものだが、ついさきほども、厚生省が低所得者ほど食事バランスが悪いとの当たり前の指摘をしたことが現代版「バゲットがないならブリオッシュを食えば」だとクリティックされていたが、現代において、産地から直接やって来るような特別な食べ物は、高級である。一方、大量生産された甘すぎてしょっぱすぎて味の濃いつやつやとした食べ物は購入されることを目指して値が張らない。

    食べることは大切である。

    Category : journal
    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

    spectacle


      blog_mimi__DSC02969.jpg

      大切なことがたくさんあり、
      信じられないほどに毎日外に出かけて、
      ついものを書く習慣を失いそうになるほどに、
      いっしょうけんめい外出して人に会って活動しないと、
      じっとしてはよくない予感がしていたので、
      この一ヶ月間、そんなふうに走り回っていた。

      この一ヶ月間が特別だったというのはフィジカルな負担くらいであり、
      本質的には、矛盾したことを言うのかもしれないが、
      どこにいても、今も以前も、世界は変わっていないと思うし、
      実際に変わっては居ない。
      小学生の時、近所で嫌なことがあって感じた恐怖とか違和感とか、
      「他者」や「外の世界」との関係と
      現在のそれらは、私にとっては同じものだ。

      つい具体的なことが遠く思われることはあるけれども
      現実にコミットすることつまりは生きるということそのものが
      流れる時間や拡がる空間の使い方なのだと思う。

      FullSizeRender-765 jlb conference

      Category : journal
      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

      souvenir de la lumière

      Les vues sur les champs des Elysées


        blog_mimi__DSC03212.jpg

        blog_mimi__DSC03209.jpg

        Les événements de la saison font penser chaque fois et chaque année un monde parallèle dans lequel soit je suis toujours là, soit je ne suis plus là.
        En contemplant l'illumination luxe des boulevards parisiens, souvent en conduisant mais parfois depuis le métro, je me demande si je me souviendrai un jour cette lumière. Sinon je serai toujours spectatrice de ce concert "fantastique", je penserai plutôt aux 108 cloches de "joya" que j'ai toujours écouté la Réveillant, celles du temple shintoïsme tout près de chez moi à Hokkaido ? Tout blanc, enneigé, froid, pure, bois, famille, boots, lumière, arbres et souffle.

        Category : journal
        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

        musique pour la première fois et la dernière fois

        12316251_10207789546882819_5511274464849257286_n.jpg


          Soyez opérationnel !
          Je suis très reconnaissante de toutes les activités musicales pendant ces trois mois.
          C'est, j'en suis très sûre, la première fois que j'arrivais à travailler vraiment régulièrement le cor après 2009.
          Si l'on fait quelque chose, on ne fait pas quelque chose que l'on faisait avant, donc c'est logique que ces 6 ans mon but prioritaire était le mémoire et la thèse, pour la suite également ce sera pareil. En tout cas, ou, c'est pourquoi je suis actuellement très reconnaissante de ma vie, de mon temps et de toute condition environnementale qui me permettent de consacrer mon esprit à la musique…

          Category : musique
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          Moments de Jean-Louis Boissier

          MOMENTS de JEAN-LOUIS BOISSIER

          @Centre Pompidou, Cinéma 2
          Lundi 16 Novembre, 19h
          https://www.centrepompidou.fr/cpv/resource/cyXpbr7/rMbpa9x
          メディアアーティスト、ジャン=ルイ・ボワシエのポンピドーセンターでの講演会、MOMENTS de JEAN-LOUIS BOISSIERが明日に迫っています。明日、ポンピドーセンターは開館しています。カンファレンスは19時から入場無料です、ぜひお越し下さい。ボワシエは、写真、映画、ヴィデオ、コンピュータ、CD-ROM、iPhone/iPad… 多岐にわたるメディアを通じて、インタラクティヴィティと遊戯性に関する作品創作を続けてきました。現在彼が名誉教授であるパリ第8大学は、現在のサン・ドニに移る以前、多様な実験的な芸術表現の追求の最先端の場所であったヴァンセンヌにありました。彼が多くのドキュメンタリーやシネマの実験を行なったのも、ヴァンセンヌでした。
          明日のカンファレンスでは、彼の歩んできた半世紀近い"Itinéraire"を追体験するまたとない機会であり、歴史的重要な資料である彼の写真や未公開の映像作品なども初めて公開されます。
          私自身、映画の中に少し出演させてもらっています。どうぞお越し下さい。
          La conférence de Jean-Louis Boissier où nous découvrirons son parcours de (presque) une demie siècle, son expérimentation photographique, cinématographique et documentaire que nous verrons pour la première fois… Le Centre Pompidou sera ouvert au public demain. Venez nombreux pour cette conférence inédite !
          16 nov JLB-1

          Category : conference
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          水のある風景

          水のある風景

          sns_DSC02418.jpg
          sns_DSC02421.jpg
          sns_DSC02426.jpg

          Category : photo
          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

          Alsace for the first time !

          I could finally get a chance to visit Alsace.
          Just for one night one day.
          I continued to walk and walk…
          discovering the beautiful paysage, particular culture,
          delicious wine and local cuisine, traditional costume, artisanal souvenirs.
          Walking along the water, it was really easy to follow the way.
          I hope to return there for a longer stay.
          Please enjoy pictures of a nice sculpture !


            sns_DSC02363.jpg

            sns_DSC02365.jpg

            sns_DSC02374.jpg

            sns_DSC02373.jpg

            sns_DSC02377.jpg

            Category : journal
            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

            猫と南瓜と私

            みなさんお久しぶりです!
            私は元気です。
            最近子どもの頃果物狩りをしたのが懐かしくなり
            そもそも畑や牧場が好きすぎて
            畑に野菜を買いにいくのが何よりの贅沢です。

            sns_DSC02170.jpg
            sns_DSC02171.jpg
            sns_DSC02178.jpg
            sns_DSC02179.jpg

            sns_DSC02176.jpg
            sns_DSC02182.jpg
            sns_DSC02191.jpg
            sns_DSC02192.jpg
            sns_DSC02190.jpg

              Category : photo
              Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

              四年目のセオリーの授業は

              四年目のセオリーの授業は、毎年気持ちが新たになる。
              学生が違うし、教える自分も違うし、世の中も毎年違うし、だから内容が必然的に違う。
              二時間半の授業を準備するのは、最初
              「二時間半も喋れるのか?」
              「わたしそんなにおしゃべりだっけ?」
              と思っていたけれども、
              ひとたび喋り始めたら一時間半くらい喋っていて、教室が暑すぎて危機を感じた学生に、休憩とってと止められる…。
              いつものことです。
              今年初めていつも教室のお隣のデカい教室を使っていてそれでも溢れるので地べたに座ってがんばって聞いている子どもたちが居て、しかし勉強してるのは実は自分だとつくづく思う。
              一つ明らかに感じるのは、ことば感がやはりたいせつだということと、
              授業とは何かを教えたり伝えたりするものに留まらずに、それがたとえ1対80とか90だったとしても、やっぱり「おしゃべり」がとても楽しいのだということ、
              外国人の一生懸命伝えるメディア論や自己表象論をおもしろがって聴きにくる若い人の関心に感心する時間であったりする。
              miki 20151001

                Category : journal
                Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                Un verre pour fêter


                  anniv mizuho

                  la pensée de l'être humain est importante
                  penser à quelqu'un, penser à quelque chose,
                  même si ça ne semble pas efficace,
                  ça ne semble pas pratique ni utile,

                  c'est important
                  même si ce sera métaphorique ou virtuel,
                  je fête l'anniversaire d'une amie à distance.

                  joyeux anniversaire.


                  Category : journal
                  Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                  Voyage d'une plante


                    12143292_10207412647860579_2082717804950309979_n.jpg
                    12088363_10207412661780927_6811812962920100043_n.jpg
                    12049405_10207412661940931_4750245669930641415_n.jpg

                    鉢植えを抱えて早歩きする夕暮れ。
                    メトロに乗るのが少し楽しい。
                    自転車は早くペダルをこがない。
                    窓側に明日陽が出るのを待つ。

                    coriandre_12112214_10207404618019838_8626035576048194759_n.jpg

                    Category : photo
                    Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                    Nuit Blanche 2015, Photos


                      nuit blanche 2015 18
                      Nuit Blanche 2015は、舟に乗って普段は行かない北のほうへ。
                      nuitblanche_2015_DSC01793.jpg
                      Aubervilliersの大型商業施設の近くで行なわれるインスタレーションを見に。
                      nuit blanche 2015 16
                      nuit blanche 2015 31
                      nuit blanche 2015 30
                      nuitblanche_2015_DSC01814.jpg
                      テイクアウトのごはん。
                      ピリっとして豆がうまいベジタリアン。
                      nuitblanche_2015_DSC01825.jpg
                      Extinctionの点滅する光を見る子どもたち。
                      nuitblanche_2015_DSC01822.jpg
                      普段来ない場所だけに、歩けど歩けど見たことのないところ。
                      nuitblanche_2015_DSC01827.jpg
                      Nuit Blancheらしい光のインスタレーション。トンネル内。
                      nuitblanche_2015_DSC01829.jpg
                      nuitblanche_2015_DSC01835.jpg
                      nuit blanche 2015 13
                      やっとのことでガイドブックを手にする。
                      nuitblanche_2015_DSC01838.jpg
                      Keita Moriのデッサン、Bug Reportを見に。
                      nuitblanche_2015_DSC01846.jpg
                      nuit blanche 2015 4
                      nuit blanche 2015 8
                      nuit blanche 2015 2
                      nuitblanche_2015_DSC01860.jpg
                      Centquatre(104)は人だらけ。Anish Kapoorの作品が見たかったけど、展覧会の中が会場になっている模様で、たいへんなことに。
                      nuitblanche_2015_DSC01863.jpg
                      nuitblanche_2015_DSC01869.jpg
                      久しぶりに訪れた地区だったので、懐かしい気持ちになる夜更け。

                      Category : photo
                      Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                      Doubles arcs en ciel にじゅうのにじ

                      にじゅうのにじがありました。
                      預かってもらっていた植物の鉢植えを引き取って、
                      今日はたっぷりの水をあげて、
                      太陽を浴びてもらっている。
                      また元気になるように。


                        doubles arcs 20150922

                        Category : photo
                        Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                        Kagoshima voyage 2015

                        9月初旬に大好きな鹿児島を訪れました。
                        鹿児島大学でのワークショップは9月2日に開催していただき、
                        翌日は鹿児島を「ええぇ?」とツッコミ頂くルートで縦断。いや横断?
                        レンタカーショップで、桜島行けますかと聞くと、
                        ああー、すぐですよ とお答えになるので
                        いやいやぐるりと垂水のほうから行きたいんですけど入れますかと聞くと
                        いま警戒下がってるみたいですよと教えていただく。


                          kagoshima_voyage_2015_DSC01069.jpg
                          鹿児島大学の正門にいらっしゃった「さっつん」。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01071.jpg
                          鹿児島大学にはトロピカルな庭(森)がありました。
                          数日前に直撃した台風の影響で、荒れ果てた森になっていたようです。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01074.jpg
                          街路樹はヤシの木という衝撃。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01147.jpg
                          「さるっど!」ってなに?って言ってるそばから調べちゃった。
                          鹿児島弁で「さるく!」=歩く事。
                          「歩く、散歩する、うろうろする」ほほう。
                          チャリ押して歩こうぜと言う意味やね。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01168.jpg
                          というわけで、急ですが出発しました。
                          垂水までワープです。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01167.jpg
                          垂水の道の駅はやや大きくて、足湯などあり。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01205.jpg
                          ネッピーがいる海の近くでネッピー温泉とネッピー館があり
                          ここで昼食を頂く。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01208.jpg
                          ネッピーの界隈はカンパチ漁が有名。
                          カンパチ定食。
                          ちなみに、ネッピーの妹分はユッピー。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01181.jpg
                          鹿屋市の自衛隊航空基地は航空機の展示と建物内が資料館となっている。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01192.jpg
                          資料館内では、知覧の航空基地資料館とならんで、
                          特攻隊員を終戦間際まで送り込んだ出撃基地として、
                          特攻隊に関する重要な資料が保存されている。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01211.jpg
                          かずやゴー。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01212.jpg
                          おそらくかずやゴーに乗ることのできるハッピーなこどもたち。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01222.jpg
                          地の果てにワープ中。
                          佐多岬という鹿児島県最南端の岬の展望台に続くトンネル。
                          トンネルを抜けるとなるほど、森。

                          kagoshima_voyage_2015_DSC01226.jpg
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01229.jpg
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01234.jpg
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01244.jpg
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01235.jpg
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01247.jpg
                          岬から人里へ向かう。
                          山道は緑がもくもくしていて、
                          やっぱり植物のようすが全然違う。
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01253.jpg

                          9月3日は警戒度が上がらない程度に桜島がうっすら噴火。
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01264.jpg

                          霧島温泉郷に辿り着く。街中に温泉がもくもく。
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01269.jpg

                          閑散期にいくもんですね、貸し切り外風呂ゲット。
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01274.jpg

                          貸し切りにも程がある外風呂の素晴らしさ。
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01276.jpg

                          鹿児島いい所ですね。まだまだ知らない所だらけですが。
                          kagoshima_voyage_2015_DSC01289.jpg

                          Category : journal
                          Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback

                          青森の思い出 2015 september


                            Aomori 201509 21
                            青森に行く。青森県は、とても近いようにいつも感じるのだが、
                            実際には車だと大分時間がかかるし、なかなか赴けなかった。
                            Aomori 201509 19
                            行きは飛行機で、帰りは急行はまなすで。
                            青森県立美術館へ行くのが最大の目的!
                            expo_2015_DSC01552.jpg
                            あおもり駅に到着し、近所を歩く。
                            実は大仏を見に行こうとかなんやら思っていたのだが
                            今度来るときはレンタカー借りよう。
                            駅周辺を歩くのと、美術館に行くことに集中する。
                            expo_2015_DSC01556.jpg
                            八甲田丸。
                            expo_2015_DSC01559.jpg
                            expo_2015_DSC01561.jpg

                            そして、リアル彫刻。
                            expo_2015_DSC01570.jpg
                            素敵な神社、善知鳥神社。実はこの神社、青森が昔善知鳥村と言われていた頃に夷人を征してこの地を平定したというお話に関係があり、また再建は807年の坂上田村麻呂東北遠征のときだとかで、たいへんたいへん古い神社です。
                            expo_2015_DSC01575.jpg
                            仰ぎ見る大きな木。
                            expo_2015_DSC01578.jpg
                            シャッターを押さずに居られなかったのは、看板の文字の失われ方があまりに絶妙だからであります。
                            Aomori 201509 16
                            帰りは急行はまなすです。
                            え、青森県立美術館のおはなしは別記します。
                            だって書ききれないもの。
                            え、急行はまなすへの愛についても別記します。
                            だって、目尻が熱くなってしまうもの。
                            Aomori 201509 11
                            空いててなかなか眠れたのですよ。
                            まあわたくしどこでもよく眠るんですけどね。
                            Aomori 201509 12
                            というわけで続。
                            Aomori 201509 9

                            Category : journal
                            Posted by Miki OKUBO on  | 0 comments  0 trackback
                            上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。